建築家との家作りはひとまず終了。このプロセスで思うことやら、住んでからの感想とか、まったく関係ないことまで、色々と連ねてみようかと。過去記事へのコメント/TB、お待ちしてます!
by finzi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
上棟式 その後
 上棟式を終えてから早い物でまもなく2週間経ちます。その間お盆休みもはさんでいるので、作業自体はそう進んでいる雰囲気ではありませんが、これから本格的になることでしょう。
 毎日、通勤電車から少しだけ2階屋根付近を見ることができます。遠くに一瞬ですが。それでも変化はわかると思うので、現場に足を運ぶ機会が少ない分、楽しみにしています。
 
 さて、上棟後の設計監理料請求書が届きました。それ自体はどうということではないのですが、そこに建築家の手紙が同封されていました。先日の上棟式についてのものでした。
 温かな上棟式をありがとうございます、と始まる内容で、建て主と職人さんとが組み上がった骨組みの下で喜びを共有するのは、家作りの有意義なひとコマであり、その意味で本当に良かった、という趣旨でした。
 礼儀としてのお礼の手紙といってしまえばそうかもしれませんが、このようなものをいただくとは思っても見なかったので、正直嬉しかったですね。本当にやってよかったなと、多少なり手間をかけた甲斐がありました。
 
 ますます現場に顔をだしたくなりました。
[PR]
by finzi | 2004-08-22 01:09 | 家作り
<< 久しぶりに現場、そして棟梁とお話 オリンピック柔道2 >>
スカウター : 家作りその他つれづれなく
ASPアクセス解析