建築家との家作りはひとまず終了。このプロセスで思うことやら、住んでからの感想とか、まったく関係ないことまで、色々と連ねてみようかと。過去記事へのコメント/TB、お待ちしてます!
by finzi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
柿もぎ2010
またしても2カ月以上間が空いてしまいましたが、まあ、いつものことということで。

この前は異常に暑い夏のさなかでしたが、今回は秋の恒例行事、柿もぎです。

家の建築中から始めた記録も今年で6回目。本当は昨年もありますが、隔年の法則で量が少ない年で、植木屋さんに全部やってもらってしまったこともあり、記録に残していませんでした。
今考えれば、それはそれでちゃんと残しておけば良かったのですが、まあいまさらですね。
これは過去のイベントの履歴です。
2004年11月8日
2005年11月5日
2006年11月3日
2007年11月3日
2008年11月1日
さて、今年は上述のように隔年の法則により、豊作の年となるわけですが、果たして期待通り、たくさんの実がなりました。
今年は特に夏の異常な猛暑もあったりで、全国的にも柿の出荷量が減っていたりすることもあるようで、(柿に限った話ではなく全般に、ですが)生業としている農家の方には大変な年となってしまいました。
b0007893_18292945.jpg
しかしながら、わがやは当然飯の種ではありませんし、そもそももともとなーんのケアもしてないというものなので、だめならだめでしょうがない、と思ってはいました。でも、結果的にはそんな心配は杞憂に終わり、非常にたくさんの実をつけてくれて、本当に嬉しい限りでした。

そうはいってもいざ収穫作業をしようとすると結構大変で、首は痛くなるし、長い枝キリばさみは重いし、汗だくになってしまいました。
でも、それだけの苦労をする甲斐は、この結果を見れば十分にあるというもので、満足感たっぷりです。
b0007893_18294746.jpg
わが家の柿は、完全オーガニック(笑)そして、甘さにはご近所さんの折り紙付き。実際、甘かった!まあ、種が結構あるのはご愛嬌ということで、これからしばらくたっぷり楽しめそうです!



さらに今年は、柿の隣に植えている柚子も豊作でした。
この柚子は、以前記したような気もしますが、姪っ子生まれたときに、名前にちなんで植えたもの。
はやいもので姪っ子は高校生になっていますが、実は今までほとんど実がならなかったんですよね。

ところが、今年は緑の大きな実がしかも10近くついているなーと思っていて、もしかしたら初めて収穫できるかな?と期待していました。そうしたところ、ここしばらくで急に黄色に色が変わってきて、よい香りを放つようになってきたこともあり、ぼちぼちとってみようということで、今日あわせて収穫してみたのです。

しっかし、柚子には激しく大きなとげがあるので、まあ刺さること刺さること。「ちく」っていうよりは「ぐさ」ですね(苦笑)
b0007893_183039.jpg
でも、結局11個とれました。手にはしばらく柚子の香りが残っていたし、家の廊下に今はおいてありますが、そこでもいい香りを放っています。

桃栗3年柿8年柚子の大馬鹿18年とはよくいったものです。本当にそれに近い年数が必要なわけですね。ちなみに柿は多分60年以上です。

最後に、やまぼうし。
紅葉してきました。
b0007893_18302232.jpg


[PR]
by finzi | 2010-11-14 19:01 | 植栽など
<< 明けましておめでとうございます... トウネズミのお手入れ vol.2 >>
スカウター : 家作りその他つれづれなく
ASPアクセス解析