建築家との家作りはひとまず終了。このプロセスで思うことやら、住んでからの感想とか、まったく関係ないことまで、色々と連ねてみようかと。過去記事へのコメント/TB、お待ちしてます!
by finzi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
基本設計
 ファーストプランの提示の後、昨年(2003年)10月半ばに正式に設計・監理契約を結びました。

 ここから正式に基本設計が開始となったわけです。当初は年内中にはなんとか、ということで頑張ってもらいましたが、やはりそれは難しく年を越すことになりました。
 実はこの間、ミーティングなどは一切持っていません。手持ちの家具やオーディオ類等の各種持ち物のうち、新居に持っていく予定のあるものをリストアップして紙にまとめたのと、それを分かりやすくするためにデジカメで撮影した画像を送ったりということでのアクションはありましたが、ほぼ完璧にお任せしていたからです。

 このあたりは建て主や建築家によっていろいろなアプローチがあって、がんがん打ち合わせをこなして詰めていく、という形もあるでしょうし、我々のようなケースもあるでしょう。テレビなどで見ると死ぬほど打ち合わせしている話がでてくるのを考えると、わがやは非常にあっさりしているのかな、とも思いました。もちろん、これもどちらが良い悪いということではないと思っています。

 今回このようにしたのは、まず第一に建築家とそのスタッフに絶対の信頼を持っていたため、とにかくお任せしよう、と考えたからです。もちろんその前段には以前にも触れた、要望事項をじっくり考えてまとめたペーパーを出していて、それに基づいたファーストプランというものがしっかり出来上がっていた、ということが大きかったです。
 当然その後になって気になることや再度考えてこうしたい、ということがあれば随時メールを送ったりすることはありましたが、基本的には待ちに徹したのでした。

 基本設計は家の骨格を決める、非常に重要なプロセスだと思います。だからこそわがやは建築家にすべてを任せたのでした。そんなこんなで、今年2月頭にようやく基本設計ができあがりました。およそ3ヶ月半。図面としては「平面図」「立面図」「断面図」「外部・内部仕上表」の合計18枚の図表と、外観模型ができあがりました。

 模型があると非常にイメージがわかりますね。建築家の中でも色々な人がいて、基本的に模型は作りません、という方もいました。その方にはその方なりの作らない意味や思いのようなものがあるようでした。ただ、模型には設計する側にとっての意味合いだけではなく、建て主側にとっても大いに意味のあるものだと思います。やはり素人には平面的な図面から立体を想像するのは難しいですから。そういうことだけではなくても、建築設計と模型とは切っても切れない物だと思っていたので、その時は少々驚きました。もちろん、こちらが勝手に思いこんでいただけとはいえ、模型がないというのはやっぱり素人には難しいなあと思うと同時に、寂しいなあとも思ったものでした。

 久しぶりのミーティングの場では、終始和やかに一つ一つの図面と模型について詳しく説明を受けました。とてもワクワクしながら話を聞いたのを良く覚えています。これで基本的にOKとなり、実施設計のプロセスに移りました。次のミーティングのタイミングは展開図面が作成できたら、ということになったのでした。

b0007893_23505261.jpg


 実家に戻り、図面と模型を交互に、あるいは見比べながらずっと眺め続けていたのですが、まったく飽きることはなかったですね。自分たちの住まいは狭いしさすがに模型を持っていっても置き場がないので実家に置いてきたのですが、実家に顔を出すたび模型を見ては眺め続けるのでした。
[PR]
by finzi | 2004-08-30 23:58 | 家作り
<< MINI 久しぶりに現場、そして棟梁とお話 >>
スカウター : 家作りその他つれづれなく
ASPアクセス解析