建築家との家作りはひとまず終了。このプロセスで思うことやら、住んでからの感想とか、まったく関係ないことまで、色々と連ねてみようかと。過去記事へのコメント/TB、お待ちしてます!
by finzi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Savignacポスター額装
b0007893_032011.jpg玄関です。

もともとここには絵を飾ることを考えていたので、はじめからピクチャーレールをつけておいてくれたのでした。
いままでずっとそのままだったのですが、ようやく飾るにふさわしい自分たちの気に入ったものが手に入りました。

それがレイモン・サヴィニャックのポスターです。日本でも人気のこのフランスのポスター描きは、非常にたくさんの作品を残しています。今回のものは、その中でも比較的新しい(つまり晩年に近い)1995年の作品で、ノルマンディー地方にできた新しい橋の開通式のポスターだそうです。ギャラリーにはたくさんのポスターがあったのですが、その中でも特に色が鮮やかできれいなこの作品を選びました。このポスターの向かい側に親世帯玄関との仕切り扉があるのですが、ここに使っている水色が虹(橋)に使われている水色とほとんど同じ感じで、とてもぴったりでした。

その昔、彼の描いた作品が、駅や工事中のビルの覆いや、その他いたるところに張り出されていたわけですよね。その当時の様子をこの目で見たかったです。うらやましい限り・・・。

サヴィニャックについては、大阪のサントリーミュージアムで現在展覧会が開かれていますね。また、今月号の芸術新潮でも特集されています。

全然関係ありませんが、このポスターを購入したとき、ほぼ同じタイミングで友人夫婦がまったく同じものを購入していたそうです。その友人夫婦が、わがやの新築祝いにサヴィニャックのポスターはいかがでしょう、なんて打診をしてきたので、実はちょうど買ったばかりなんだ、ということでこのポスターの話をしたら、向こうも同じもの買ったなんて話になって・・・ほんとにびっくりでした。ついでに、買ったところが彼らは代官山の木屋ギャラリーで、われわれはその恵比寿三越のショップだったという。。何から何まで偶然づくしで、ほんとこんなことがあるんですね。

残念ながら、木屋ギャラリーの恵比寿三越店は8月閉店してしまいました。のぞきやすかったので良かったんですけどね。

[PR]
by finzi | 2005-06-15 00:29 | アート
<< ひやひやMINI たたみるーむ >>
スカウター : 家作りその他つれづれなく
ASPアクセス解析