建築家との家作りはひとまず終了。このプロセスで思うことやら、住んでからの感想とか、まったく関係ないことまで、色々と連ねてみようかと。過去記事へのコメント/TB、お待ちしてます!
by finzi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
益子陶器市へ行きました
例年5月と11月に開催される栃木県益子町の陶器市。今年の5月に引き続き行ってきました。
益子の陶器市は、いうまでもなく益子焼の一大イベントですね。メインストリートを中心にたくさんのお店・テント村のようなものがでて、大勢の人で賑わいます。一歩路地を入ったところにもお店はでていて、それらをすべてくまなく回るというのは、事実上不可能に近いですね。もっとも、東京を朝出て夜には戻ってくるスケジュールの中では、当然といえば当然で、かなり絞り込んでいく必要があります。

今回は過去2回続けて行っていることから、どこにどんな性格のものがでているのか、というのは把握していたので、あらかじめポイントを決めて行ったのでした。
自分たちの目当てとしては、伝統的なものというよりは、若手の作家の作品が中心です。
自由な発想で洋食器に近いような雰囲気を持つものから、伝統的な色合いを持ちつつもやはり若さを感じさせるものまで幅広いバリエーションがあり、見ているだけで楽しくなりました。

ただ、今回は前回よりも時間が短かったこともあって、残念ながら購入に至るものはありませんでした。もう少し色々と見て回っていれば、ビビっとくるものもあったかもしれませんが。

陶器市の楽しみは、とにもかくにも作家の顔が見える、文字通り目の前にその人がいて、その人と直接話をして買うことができる、ということにあると思います。

===
そんな中、今回陶器市に行ったら、必ず行ってみたいと思っていた場所がありました。
それが、「益子参考館」です。ここは、陶器市だから、ということでなくともいつでも構わないといえば構わないのですが、そうそう足を運ぶこともできないため、ちょうどよい機会ということで訪れることにしたのでした。

それについては、また次に。

b0007893_2393863.jpg

b0007893_2183938.jpg

[PR]
by finzi | 2005-11-03 23:21 | アート
<< 柿もぎしました フィンランドカフェいきました >>
スカウター : 家作りその他つれづれなく
ASPアクセス解析