建築家との家作りはひとまず終了。このプロセスで思うことやら、住んでからの感想とか、まったく関係ないことまで、色々と連ねてみようかと。過去記事へのコメント/TB、お待ちしてます!
by finzi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
友達が遊びにきてくれました
土曜日、わたしたち夫婦の数少ない(苦笑)友人夫婦が遊びにきてくれました。

彼らとは、いろんなところで趣味趣向に相通じるところが非常にあり、とても話をするのが楽しいのです。サヴィニャックやモルバン、北欧やドイツなどヨーロッパ系を中心とした雑貨やインテリア、旅行の話などなど、話題は尽きません。
むしろ、彼らの造詣の深さ、博識ぶりにはいつも勉強させてもらうことが多いです。

年齢で言えば我々夫婦と比べて10年前後(彼らが下)という単位で異なりますが、そういう差を全く感じさせないのはひとえに人柄なんでしょうね。こういうつながりは本当に大切にしていきたいと思います。




さて、彼らは現在賃貸マンション住まいなのですが、家探しをしているとのこと。
予算の関係もあるので、狭小地を手に入れて家を建てるか中古を買ってリフォームするかという方向で考えているそう。
もうすでに、ことあるごとに家作りに対する思いをノートにつづっているそう。少しばかり見せてもらったのですが、置きたい家具の話や間取りのこと、自分でデザインスケッチした家具のことなど盛りだくさんな話題が書き連ねられていて、感心してしまいました。

彼らは以前にもわがやに遊びにきてくれたことがあるのですが、そこですごく気に入ってくれたようで、その面からも建築家との家作りを意識している様子。
わがやの家作りの経験や、その結果生まれてきた「この家」が建築家との家作りを指向しようという気持ちを生じさせるひとつのきっかけになったとすれば、嬉しくもあり、なんだか責任も感じてしまいますね(ってそんなに重く考えてませんけど)。

前述のように、彼らは家探しの途上ということなのですが、もちろん土地探しから始める家作りということもあり、まずはそちらでいい出会いがあるかどうか、ということがありますし、当然ながら先立つものとの相談の中で、ということですから決して平坦な道のりではないかもしれません。
でも、彼らほどのこだわりをもった人たちには、ぜひとも建築家との家作りを実現させて欲しいところです。彼らの家に対する思い入れと、建築家の思いや家作りのプロとしての経験がぶつかりあっていつしかそれらが昇華されたとき、きっと最高の家作りができるでしょう。それを実現させるひとつの要素として、彼らの人柄の良さというのは大きなポイントだと思っています。

実現するためにお手伝いできることがあれば、なんなりと。応援しています!!

とりあえず、また近所のイタリアン行きましょう(笑)
[PR]
by finzi | 2006-02-19 23:33 | 家作り
<< MINI/療養中〜入院まで 梅の花が咲いています >>
スカウター : 家作りその他つれづれなく
ASPアクセス解析