建築家との家作りはひとまず終了。このプロセスで思うことやら、住んでからの感想とか、まったく関係ないことまで、色々と連ねてみようかと。過去記事へのコメント/TB、お待ちしてます!
by finzi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
皇居東御苑から丸の内へ
土曜日、近代美術館を後にして向かったのは皇居東御苑。

ここは、かつての江戸城本丸や二の丸を中心とした非常にゆったりとした場所です。
忠臣蔵話のきっかけである刃傷事件の舞台となった松の廊下跡や、江戸城の天守閣跡などが存在する場所でもあります。

抜けるような空が広がる反面、片側には大手町から丸の内にかけてのビジネス街にそびえ立つビル群が目に入ってきます。しかし、これらが意外に風景として気にならないんですよね。
むしろ、それらの存在があるが故に、東御苑の空間が引き立っているのかもしれません。

b0007893_0572314.jpgここに天守閣がそびえていたという天守台上からの眺めです。丸の内のビル群がよく見えます。


色々な草木に恵まれ、広大な芝生も広がり、本当に気持ちのいい場所です。そめいよしのなどの桜は既に散り終わっていますが、八重桜がとても綺麗な花を咲かせていました。
b0007893_155751.jpg特徴的なのは、そのボリューム感。遠くから見ても、なんて大きくて存在感があるんだろうと思いました。すごく重そうで。。

b0007893_161523.jpg下の方に地面の上に落ちているように見える桜の花は、木から離れて落ちているのではなく、地面にくっついてしまっているんですね。

とにかく、のんびりとできる場所です。もう少し暖かければ、芝生の上でゴロゴロするのも気持ち良さそうです。もっともゴロゴロしている人はたくさんいましたけどね(笑)



大手門から東御苑をでると、正面は永代通り。門をくぐるところから真っ正面に見えるのがコレド日本橋。なんか不思議な感じでしたが、位置関係としてはそうなるわけですね。

それからお堀端を歩きつつ丸の内方面へ。前川建築の代表作の一つ、東京海上ビルを横目に丸ビルへ。そう、東御苑から見える東京海上ビルは、もはや新しい高層ビルに埋もれてしまう勢い。これが当時その高さ故に景観論争を巻き起こした建築かと思うと、時代の流れを感じないわけにはいきませんね。

丸ビルではちょっと遅いお昼を食べて、丸の内仲通り界隈をぶらぶら。
イルムスへ行って色々とみていると、映画「かもめ食堂」の予告編が流れている。見に行こうと思ってそのままだったことを思い出し、明日にでもと思っていたところ、「イルムスで全国共通特別鑑賞券発売中」とのお知らせを発見。
当日買えば1,800円が1,500円になっているではないですか。で、聞いてみたところあるということで、これは買わない手はないということで、購入しました。
イルムスのスタッフの方も絶賛してましたけど、「真面目に生きることが大切だっていうのを感じさせる映画ですよ」というお話をうかがって、さらに楽しみになりましたね。

イルムスを出たあとは東京駅に戻り、またバスでトコトコのんびり帰ってきました。
いやあ、歩きましたね。でも寒かった。。
明日はさらに寒く天気も悪いようですが、きっと映画日和ですね。
[PR]
by finzi | 2006-04-16 01:27 | つれづれなく
<< 破れ傘とやまぼうしと柚子と 藤田嗣治展/東京国立近代美術館にて >>
スカウター : 家作りその他つれづれなく
ASPアクセス解析