建築家との家作りはひとまず終了。このプロセスで思うことやら、住んでからの感想とか、まったく関係ないことまで、色々と連ねてみようかと。過去記事へのコメント/TB、お待ちしてます!
by finzi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
建築家との出会い
 設計をお願いする建築家とは、昨年、建築家と建て主とをマッチングする専門の会社で出会いました。

 建築家といっても、どこで探せばいいのかということから始めなくてはなりません。例えばホームページを立ち上げている建築家も多いですし、検索すればかなりヒットします。また、「新しい住まいの設計」や「ニューハウス」といった雑誌などに掲載されている作品で、気に入った人に連絡をとってみる、といった方法などあると思います。
 しかし、事務所にいきなり電話して、何をどう話をしたらいいのか、敷居は高くないか、とか色々考えてしまって先に進めません。積極的な性格ではない自分にとって、一歩踏み出すのがなかなかできませんでした。
 そういった中で、建築家との家作りをサポートする専門会社も多くでてきました。
 そのサービスの形式として主なものには

  1. 建築家とのマッチングのみをてがける

  2. コンペにより建築家選びをする。

  3. 1.または2.に加えて設計・施工にいたるまでプロデュースする


 といったものがあるでしょうか。

 わがやは前述のように1.の形の会社で建築家選びを行いました。ここはホームページを見ていても非常にしっかり作っていて、いろいろな情報が手に入り(勉強できる)、掲示板への書き込み(家作りに関する質問)に対しての答え方もとても真面目だなという印象がありました。もちろん場所が近かったということも大きかったですが。
 実際足を運んでみて、本当に真摯に対応しているなということが実感できました。
 強いて悪い点を言えば、オフィスがたばこ臭くて、それが嫌いな自分にとってはちょっと辛かったことでしょうか(苦笑)しかし本質的な話ではなかったですね。
 
 そこでは、まずこちら側の条件(土地の有無・家に対する希望・予算)をざっと書き込むシートを渡され、その内容でそもそも計画に無理が無いかなどを判断した上で、建築家紹介のプロセスに入りました。ホームページ上で条件を入力して抽出される建築家の名前に加えて、マッチングコーディネータという肩書きの担当者の経験と感覚からさらに名前がだされ、建築家一人ひとりのファイルを渡され、中をじっくりみてよさそうな人を選ぶ、という作業を行いました。
 本当に大量にファイルがでてきたので、目を通すだけでも一苦労でしたが、ファイルに掲載されている作品集を見て、まずは感覚的に自分たちの好みあいそうかどうかで絞りこんでいきました。
 そこで抽出した建築家を見ると、やはりなんとなく好きな作風というのが分かるので面白いですね。(わがやの場合は両世帯4名の感覚にそう大きなずれはない、ということもわかりそれはそれで安心したのでした。。。)
 そして、コーディネータの人により、それぞれの建築家の作風や人となり(どんな性格かまで)について説明をじっくり受けた上で最終的に面談を行う人を絞り込み、結局3名の方にお会いすることにしました。
 と、ここまでで約4時間以上かかりました。さすがに疲れましたが結構面白くもあり、苦痛ではなかったですね。
 そして、後日建築家との面談を行い、最終的に判断をした、というのが大きな流れですね。

 建築家を選ぶ際のポイントとしては、やはりプランがどうかということは気になりますが、なんといってもその人となりと自分たちとの相性があいそうかどうか、というのは大事な点だと思います。いくら良い作品を生み出す人でも、やはり人間ですから合う合わないというのはあります。自分たちにとって一番良い家(家が先ではなくて家族や暮らしが先)を一緒に作っていけそうだと思えなければ、つらいものになってしまうでしょう。その点、ここまでわがやは本当に満足しています。
[PR]
by finzi | 2004-08-11 14:25 | 家作り
<< 要望メモ 完全分離型二世帯住宅 >>
スカウター : 家作りその他つれづれなく
ASPアクセス解析