建築家との家作りはひとまず終了。このプロセスで思うことやら、住んでからの感想とか、まったく関係ないことまで、色々と連ねてみようかと。過去記事へのコメント/TB、お待ちしてます!
by finzi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
紅葉/東京国立博物館など
ここのところの週末は、比較的落ち着いた感じで、日中は意外に暖かい感じです。
東京都内も、いろいろなところで紅葉が最後の見頃を迎えているようです。

先週末ですが、上野の東京国立博物館に行きました。主たる目的は、日曜日に最終日を迎えた「大徳川展」へ行くことでした。話に聞く通り、非常な混雑ぶりで、開館早々に到着したのですが、既に40分待ちとなり、入ってからの館内もラッシュアワーの電車のようで、さすがに落ち着いて見ることはできませんでした。
ただ、非常に多くの貴重な武具や茶器、工芸品などが集まった展示は、見応えのあるものでした。

しかし、今回の一番の収穫(?)は、本館の裏にある庭園を知ったことでした。
皆さんご存じなのかもしれませんが、これまで何度も足を運んでいたにもかかわらず、僕は知りませんでした。
この庭園は、通常は非公開で、春と秋のみ期間限定で公開されるそうです。その秋の公開の最終日が、ちょうど訪れた12月2日(日)だったのです。

b0007893_23324954.jpgこの庭園は本館と平成館のちょうど裏手に位置しますが、かなりの広さがあります。池を中心に5棟の茶室がありますが、これらはそれぞれに由緒ある建物で、京都や奈良などにもともとあった建物を移築してきたものだそうです。
b0007893_23374994.jpgちなみに、これらの茶室は、庭園が非公開の時期でもお茶会などに実際に利用できるそうです。
写真の建物は「九条館」といい、もともと東京赤坂にあったものだそうです。このファサードの美しさに、しばし足が止まってしまいました。
b0007893_23362636.jpg博物館はもともと上野寛永寺の境内だったそうですが、この庭も寛永寺のお庭だったということでしょうか。『庭園散策マップ』によると、当時の面影を残しているのはごく一部しかないということですが。。
b0007893_23372134.jpg色とりどりの紅葉に包まれたこの庭は、ここが都内であることをしばし忘れさせてくれます。たまたまとはいえ、庭をのんびりと散歩することができたのは本当にラッキーでした。
b0007893_23381086.jpg最後は、恥ずかしながらのわがやの紅葉の一部です。これも結構彩りもあって、母親曰く「ご近所ではここの紅葉が一番綺麗ということになってる」だそうです。
どんな自信だか(苦笑)。
まあ、確かに周囲は比較的常緑樹が多いようですし、道を行く人が足を止めて見ていることもあるようなので、悪くはないですね。
今週にはようやく植木屋さんも入り、一年の終わり、冬に向けての準備も進みます。


にほんブログ村 住まいブログへ
[PR]
by finzi | 2007-12-09 23:55 | 植栽など
<< Swedish Christm... 柿もぎ2007 >>
スカウター : 家作りその他つれづれなく
ASPアクセス解析