建築家との家作りはひとまず終了。このプロセスで思うことやら、住んでからの感想とか、まったく関係ないことまで、色々と連ねてみようかと。過去記事へのコメント/TB、お待ちしてます!
by finzi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
サクラサク'08
今年も桜の季節となりました。

昨年も近所をウロウロとしていましたが、近くのお寺さんが予想以上にすばらしかったので、今年も足を運んでみました。→去年の様子
b0007893_22564656.jpg
近所のお寺さんとは祐天寺のことです。今年も期待を裏切らず素晴らしい。とにかくこの場所が良いのは、お寺の境内だからということだと思いますが、静かで落ち着いているということ。桜が素晴らしければ素晴らしい分、人の数も比例して多く賑やかになると思いますが、ここはまったく逆です。賑やかなのももちろん楽しいのですが、花そのものを愛でるにはこの場所は最高です。歴史あるお寺の雰囲気が自然とそうさせているのだと思います。
b0007893_2245760.jpg
上の画像(分かりにくいですが)で左の奥に見える建物は、18世紀半ば江戸幕府5代将軍綱吉の養女竹姫が寄進したという由緒ある門です。

去年は、このあと中目黒の目黒川に下っていったのですが、桜の素晴らしさよりも人の多さに疲れてしまったので、今年は電車から眺めるだけにして、ちょっとだけ足を伸ばして新宿の戸山公園、いわゆる箱根山に行ってみました。
新宿の箱根は昔から知ってはいましたが、実際に行ったことはありませんでした。少し前に新聞の折り込みの中に桜の季節の箱根山を紹介している記事があり、行ってみることにしました。
b0007893_22452088.jpg
江戸時代に尾張藩の下屋敷として庭園が整備され、その際に作られた築山が箱根山なのだそうです。
祐天寺の桜は、割と頭上すぐという感じで桜の花が覆っているのですが、箱根山のふもとでは、桜の花がものすごく上の方に感じられます。ですので、下から見上げる分にはなんかとても遠い存在のようでした。

ところで、頂上へ行くのには3方から登り口がありますが、結構急です。それにもかかわらず、杖をついたお年寄りも登っていらっしゃっていました。しかし、そこまでする魅力がここにはありました。
b0007893_22453118.jpg
下界(?)では頭上遥か彼方のような桜が、頂上ではちょうど同じ高さに広がるのです。これは素晴らしかったですね。

それにしても、この時期は本当に良いですね。桜の花は雰囲気を華やかにしてくれます。歩いているとき、あいは電車やバスの車窓から、桜が見えるとパッと明るい感じにしてくれます。実は街のいたるところに桜が植えてあるのがわかります。
花が散るのも早いですが、その後も緑が美しい季節が続くので、ずっと楽しみが続くのが好きです。

まあ、なんといっても今年は桜が最盛期を迎えた土曜日が、自分の誕生日と重なったというのが最高でした。いろいろなところでお祝いをいただいたよう気分です。

春らんまん!キレイな桜を撮ってみた!
[PR]
by finzi | 2008-03-29 17:27 | つれづれなく
<< 障子の張替え '08 東京雪化粧20080203 >>
スカウター : 家作りその他つれづれなく
ASPアクセス解析