建築家との家作りはひとまず終了。このプロセスで思うことやら、住んでからの感想とか、まったく関係ないことまで、色々と連ねてみようかと。過去記事へのコメント/TB、お待ちしてます!
by finzi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ:植栽など( 57 )
やまぼうしのつぼみ
やまぼうし連合会長のgaraika邸ではやまぼうしに花が咲いたそうです。やまぼうし連合、もう一人のノアノアさんのところはまだのようです。

そのエントリーを見て、わがやはどうなんだろうとのぞいてみたところ、
b0007893_22474875.jpg

見事にたくさん手裏剣がなってました(笑)

なんとなく白く見えるものがそうなんですが、ちょっとわかりずらいと思いますので、拡大してみました。(デジタル5倍ズームなのであらあらですが)
b0007893_22485222.jpg


今年も量で勝負なんでしょうか。それにしても元気です。高さは昨年を上回りそうな勢いです。
[PR]
by finzi | 2006-04-30 23:03 | 植栽など
破れ傘とやまぼうしと柚子と
4月2日のエントリーで、わがやの庭の「破れ傘」や「やまぼうし」の様子について記しました。それから約3週間経過しましたが、それぞれグイグイと成長してくれています。

まず、破れ傘。

過日のエントリー時の画像では、隣に立っている「はにわさん」より多少高いくらいの背丈で、まだ傘もしっかりと開いていたわけではありませんでした。
b0007893_22575714.jpgしかし、最近では縦にも横にも広がってきたようで、今や「はにわさん」のためのパラソル状態です。
さすがに破れ傘っていうくらいなので、最近の極端な大雨にその役割を果たせたかは疑問ですが(笑)
とにかく、もはや比較するのばかばかしいくらいに大きくなりました。


次にやまぼうし

4月2日の時点ではほとんと素っ裸で、やまぼうし連合の「ノアノアさん」や「garaikaさん」のところでは、その時点で緑がどんどん出てきているという状態に比べて、寂しい限りでした。

b0007893_235516.jpgしかし、今日見てみたところ結構いい感じで頑張っているみたいです。床の部分が全く見えなくなってしまいました。

なにはともあれ、元気にそだってくれそうです。

もうひとつおまけは「柚子」

b0007893_2382427.jpg木の幹からぐんぐんと新しい枝がでています。基幹部分が灰色っぽい色だとすると、そこから直接伸びている新枝は緑深い色がでていますね。
とにかく刺さると痛いですよ!!

[PR]
by finzi | 2006-04-22 23:15 | 植栽など
破れ傘その他/春です
東京は桜が満開。

目黒川ぞいなどもいろんな意味ですごいことになっています。まあ花より団子、むしろお酒という方々も多いでしょうけど、ほどほどに。。。
とはいえ、今日は午後からは雨・風に加えて雷までなるあいにくの天気となってしまい、お花見には最悪の条件でしたね。

わがやの庭には、建て替え前八重桜がありました。やえなので、周囲の桜がひとしきり落ち着いた後に咲いていました。そのタイミングのずれが好きでした。
しかし、台風などの影響でかなりダメージを受けたこともあり、残念ながら残すことはできませんでした。
柿の木と柚子を残して、新しく入れ替わったわがやの庭ですが、季節の移り変わりはいろいろなところで感じることができます。

ということで、満開の桜の様子を伝えるのは別の方にお任せするとして、わがやの庭から春を少し。

早速ですが、これはなにかご存じですか?
b0007893_20524673.jpg
はにわさんのことではないですよ。
これは破れ傘といいます。その名の通り、その葉が破れた傘のように見えることからついたそうです。結構珍しいものだと思います。
今は亡き祖母はお茶の先生をしていたのですが、そのためいわゆる茶花が結構あります。茶花というのは、お茶室の床の間に生けられた花のことをいうのですが、その花によって四季の移り変わりを表現しているのだそうです。
破れ傘も茶花のひとつで、夏になると花を咲かせるそうです。ですので、茶花として飾るのはその頃になるわけですが、今からその名にふさわしい姿形を楽しむことができます。


春を感じるその他...
[PR]
by finzi | 2006-04-02 21:41 | 植栽など
梅の花が咲いています
わがやの庭に植えてある梅に花が咲きました。

b0007893_1235293.jpg昔の庭にも梅はあったのですが、建て直しの際に新しくしたものです。庭師の方の話では、もともと盆栽として育てられていたものだそう。確かに大きさは盆栽っぽいですね。

b0007893_1233581.jpg顔を近づけてみると、梅の花のいい香りがします。今日は昨日までと違って肌寒いですが、冷たい朝の空気を打ち消すように、気持ちをさわやかにしてくれます。


おまけの守り神様
[PR]
by finzi | 2006-02-12 12:13 | 植栽など
やまぼうし/紅葉
やまぼうし連合の皆様またまたこんにちは。
世の中(特に極めて身近な世間)急速に動いておりますが、紅葉はいつものように普通に我が家にも訪れております。

さて、わがやのやまぼうしなんですが、ご多分に漏れず紅葉の恩恵に預かっております。
ただ、やはり下から見上げるのと、上から見下ろすのとでは雰囲気がかなり異なっています。
b0007893_22531959.jpg下から見上げると、黄色いところも見えますが、そんなに紅葉を実感できる雰囲気ではありません。

b0007893_22542898.jpg一方、上から見ると、赤色がとても深く輝いていました。画像で見るとちょっと薄く見える?感じですが、実際はもう少し濃い色でした。

「やまぼうしは上からみるもの」といった人がいるという話は、以前の記事でも記しました。今回この言葉を再度ここでも実感しました。もちろん、下から見上げるのが綺麗でないわけではありませんが、この色の違いを見ると、その言葉の納得性も高くなります。

ところで、今年5月に結成!されたやまぼうし連合ですが、早いものでもう半年経ちました。
やまぼうし連合に関する記事の履歴・・・・
9/11:やまぼうし その後のその後
7/7:やまぼうし その後
5/21:続・やまぼうし連合
5/17:やまぼうし連合
ちょっと見返すだけでも、なんとなく季節の移り変わりはわかりますね。次は葉っぱも全部おちた、裸の姿のご報告でしょうか。
[PR]
by finzi | 2005-11-26 23:05 | 植栽など
柿もぎしました
昨年に引き続き、わがやの柿の木になった柿をとりました。
この柿の木は父親がその昔接ぎ木をしたりして育てたもので、それ故に建て直しの際にも、この木と姪っ子が生まれたときに記念で植えた柚子の木だけは残してもらったのでした。
この柿は、何にも手をかけていない分自然そのままです。そのため、人によっては買うよりも甘くて美味しい、といって毎年楽しみにしてくれている人もいます。
実際、収穫した分をすぐさま母親がご近所にお届けにいった時に「ガサガサやってたから、きっとうちに来てくれると思ってました」なんておっしゃる方もいたとか(笑)
実のところ自分は柿がそんなに好きな方ではないので、取るだけで満足なんですけどね(苦笑)

b0007893_18152795.jpg今年は、昨年の大豊作に比べると量は少なめでした。もともと実のなる木は一年おきということなので、こんなものかな、とは思いましたが、そのかわり数が少ない分栄養が行き届いているのか、ひとつひとつが去年に比べると大きいように感じました。

b0007893_18174756.jpg木の上の方は、ちょうど玄関のひさしにあたる部分にのぼると、ちょうど目の前に柿の木がきます。なので、そこから高枝はさみを伸ばして枝を切っていきました。

b0007893_18495786.jpg先週ちょこっと取った分も含めて、今年の成果は約60個でした。
最後に3個ほど残して、終了。それらは「木守り」として来年の豊作を願って残します。

b0007893_1818126.jpgおまけ。
これは台湾ツバキの花です。
今こちらも花盛りです。

[PR]
by finzi | 2005-11-05 21:47 | 植栽など
わがやの金木犀
garaikaさんがご自宅の金木犀を紹介されています。なかなか立派なもののようですが、わがやにも一応金木犀があります。といっても、地植えではなくちんまりとしてますが。

b0007893_11462148.jpg植裁をどうする、ということで植木屋さんと話をしていく中で、もともと建て直す以前にもあり、やはり香りがとても良く気に入っているということから、特に父親から「金木犀が欲しい」というリクエストがあり、加わったものです。

b0007893_11563785.jpggaraikaさんのところでは、blogに紹介された時点で花がなくなってしまっていたそうですが、わがやはまだ元気なようです。
残念ながら今日も雨で香りを存分に楽しむというわけにはいきませんが、普段なら道を歩いていてもよくかおってきます。

季節の風情を楽しむ、というのは四季のある日本ならではの「贅沢」でしょうか。
今まで「旬」が何か、ということにとてもうとかったのですが、それってもったいないですよね。鰹だって、初鰹があって戻り鰹があって、なんて意識したことありませんでした。
でも、例えば食べ物にしても、今や一年中食べられるようなものであっても、本来の時期に食べるのがやっぱり一番美味しいような気がします。

家作りを通して、いろいろなことを学び知る機会というがありましたが、こういうことに思いを至らせるようになったのも、実はその一つなのかなと思ったりします。
[PR]
by finzi | 2005-10-16 12:07 | 植栽など
大きな金木犀がありました
ビュフェ美術館は駿河平自然公園に面しています。目の前はその名の通りの自然が広がっています。美術館の駐車場の目の前には、大きな金木犀が1本そびえていました。
b0007893_1045979.jpg
オレンジの花とともにまさにこんもりとした姿は、とても美しかったです。
画像があまりよくないですが、なんとなく感じはわかるでしょうか。実際はもっとオレンジが際立っていました。

これほど大きいのはあまり見たことがなかったので、これはこれで感動でした。

[PR]
by finzi | 2005-10-10 10:49 | 植栽など
やまぼうし その後のその後
東京のわがやの地域は今ひどい大雨にさらされています。。選挙は行かれましたか?自分は選挙行きたいんですが、この状態ではとてもとても。まあ終わる時間までにはやんでくれるでしょうけど。

という前置きは良いとして、やまぼうし連合の皆さんこんにちは。
久しぶりのレポートです。たいした内容ではありませんけど・・

わがやのやまぼうしはおかげさまで無事すくすくと成長を続けており、そのうち天まで届くのではないかと思うくらいに伸びております。
で、実がついているのは以前にもご報告しておりますが、今はそれがオレンジ色になってます。garaikaさんのところでは赤い実になっていたようですが、色々種類があるんでしょうか。それとも段階的に色がかわるとか。。そういえばノアノアさんちで”は黒い実”がなっているというお話でしたが、その後いかがでしょう?

食べたら甘いという話も聞きますがいかがなんでしょう。

b0007893_15525366.jpgあいかわらずモリモリしてますが、その中に点々とオレンジ色が見えます。


b0007893_15533028.jpg別の角度から。。背が伸びてます。


b0007893_15544870.jpg下に落ちていた実を拾ってきました。あいかわらずぱっと見コワイです。


[PR]
by finzi | 2005-09-11 16:04 | 植栽など
めだか2
以前記事にしためだかもまた数が増えたみたいです。

b0007893_0333095.jpg花も咲いています。


b0007893_033507.jpg大雨の翌日だったため水がとても澄んでおり、めだかの姿が良く見えました。
ちなみに、この他にも別のポリバケツに入れた水の中にもめだかが一杯います。果たして何匹いることやら。
[PR]
by finzi | 2005-07-11 00:38 | 植栽など
スカウター : 家作りその他つれづれなく
ASPアクセス解析