建築家との家作りはひとまず終了。このプロセスで思うことやら、住んでからの感想とか、まったく関係ないことまで、色々と連ねてみようかと。過去記事へのコメント/TB、お待ちしてます!
by finzi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
<   2005年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ひやひやMINI
先日、MINIに乗って新横浜にいったのですが、自走式の駐車場の4階にとめて用を済ませ、戻ってきてエンジンをかけようとすると、かからない!!セルはまわるのですが、そこから先に進まなくなってしまったのです。
実はしばらく前にも同様なことがあって、その際はなぜかタンクからエンジンへガソリンを送る途中にあるリミッターが働いていて、ガソリン供給がカットされていたのでした。これは衝突などの大きな衝撃があった際に働くものなのだそうです。それで、この時はそのボタンを押すことで復旧して、エンジンもかかったのです。
なので、きっと同じだろうと思いそこをいじってみてもまったくかわらず・・・。

そこで、いきつけの都筑にあるショップに連絡して状況を説明して、考えられることをいろいとアドバイスを受けつつ、試行錯誤してみました。一番可能性が高いものとして、ヒューズ切れということがあるそうで、いろいろケーブルを引っ張りだして確かめたのですが、切れてはなさそう。ショップのメカニックのかたもその他いろいろと考えてくれたのですが、八方ふさがりとなり、電話で解決は不可能のという結果に。なので、なんとか持ち込まなければ、ということになったわけです。

とりあえずJAFにレスキュー要請。ここは駐車場ビルの4階。天井も低いしひっきりなしに車の出入りもあり、迷惑になること必至、ということで、ブルーになっていたのですが、予定よりも20分ほど早く到着したロードサービスの隊員の方はとても親身になってくれたのが救いでした。
とにかく車を駐車場からださないことには話が始まらないため、駐車場の係員にもお手伝いいただき、ギアをニュートラルにして、押してだすことに。幸いにも1階までずっとゆるやかなスロープ状の駐車場だったため、案外スムーズに出て行くことができたのが不幸中の幸いでした。音もなくするすると動く様子は、はたからみるとさぞ不思議な光景だったことしょう。ハンドルを握っていても、妙に面白かったというのが率直な感想でした。

その後、JAFのレッカーにつながれたのですが、前輪だけのっかって斜めの状態のまま、われわれ夫婦はMINIの運転席と助手席に。う〜ん、これはさすがにさらしものって感じで恥ずかしかったですね〜。

そうこうして行きつけのショップまで運んでもらい、すぐに見てもらったところ、どうやらFUELポンプが破損していて、タンクからガソリンを送り出せない状況だったとのこと。そうそう壊れるものではないそうですが、運が悪かったということですね。

なんやかやと大騒ぎで午後の予定がすべて狂ってしまったのですが、ミニのショップの方々、JAFのロードサービス、そして駐車場の係の皆様のあたたかいご支援のもと、無事になおって家に帰還できました。なにはともあれ、ほっとしました。

この場をかりて、関係の皆様には厚く御礼申し上げる次第です。
[PR]
by finzi | 2005-06-21 21:19 | MINI
Savignacポスター額装
b0007893_032011.jpg玄関です。

もともとここには絵を飾ることを考えていたので、はじめからピクチャーレールをつけておいてくれたのでした。
いままでずっとそのままだったのですが、ようやく飾るにふさわしい自分たちの気に入ったものが手に入りました。

それがレイモン・サヴィニャックのポスターです。日本でも人気のこのフランスのポスター描きは、非常にたくさんの作品を残しています。今回のものは、その中でも比較的新しい(つまり晩年に近い)1995年の作品で、ノルマンディー地方にできた新しい橋の開通式のポスターだそうです。ギャラリーにはたくさんのポスターがあったのですが、その中でも特に色が鮮やかできれいなこの作品を選びました。このポスターの向かい側に親世帯玄関との仕切り扉があるのですが、ここに使っている水色が虹(橋)に使われている水色とほとんど同じ感じで、とてもぴったりでした。

その昔、彼の描いた作品が、駅や工事中のビルの覆いや、その他いたるところに張り出されていたわけですよね。その当時の様子をこの目で見たかったです。うらやましい限り・・・。

サヴィニャックについては、大阪のサントリーミュージアムで現在展覧会が開かれていますね。また、今月号の芸術新潮でも特集されています。

全然関係ありませんが、このポスターを購入したとき、ほぼ同じタイミングで友人夫婦がまったく同じものを購入していたそうです。その友人夫婦が、わがやの新築祝いにサヴィニャックのポスターはいかがでしょう、なんて打診をしてきたので、実はちょうど買ったばかりなんだ、ということでこのポスターの話をしたら、向こうも同じもの買ったなんて話になって・・・ほんとにびっくりでした。ついでに、買ったところが彼らは代官山の木屋ギャラリーで、われわれはその恵比寿三越のショップだったという。。何から何まで偶然づくしで、ほんとこんなことがあるんですね。

残念ながら、木屋ギャラリーの恵比寿三越店は8月閉店してしまいました。のぞきやすかったので良かったんですけどね。

[PR]
by finzi | 2005-06-15 00:29 | アート
たたみるーむ
b0007893_22101074.jpgリビングダイニングキッチンに隣接して、たたみ部屋があります。
子世帯では、もともと家のどこかに畳を使った部屋が欲しかったこともあり、一番始めの要望事項の整理メモにも記して、建築家に渡していました。そして、ファーストプランの時点から確保してもらったのが、このたたみ部屋でした。
3畳+床の間で、それ以外に収納などはありません。障子を開けるとそこは洗濯干場になっています。とてもこぢんまりとした空間です。
バリアフリーを意識した家作りが基本のため、家の中にほとんど段差はありませんが、たたみ部屋だけはあえて高さを設けています。

b0007893_229353.jpg狭い分、扉を閉めると本当に別世界になります。まあ、いまのところそのようにしてこもることはしていないのですが。
未だにベッドを買っていないので、1階にある寝室と称する部屋は納戸のようになっていて、たたみ部屋に布団を敷いて寝ています。何しろ狭いので、普通に横に2枚敷き布団が敷けません。片方の布団はもう片方に乗っかった状態です。。でも、起きれば横はダイニング・キッチンだし、結構便利なんですよね(苦笑)
後は、休みの日の昼間に大の字になって昼寝をしています。風も抜けて、気持ちいいです。


もともとお願いした建築家自身も、小さくても他と雰囲気が変わる部屋があるのが良い、という考えを持っていたので、ちょうど良かったかもしれません。

とにかく畳のかおりが、いいですね。
[PR]
by finzi | 2005-06-07 22:32 | インテリア
スカウター : 家作りその他つれづれなく
ASPアクセス解析