建築家との家作りはひとまず終了。このプロセスで思うことやら、住んでからの感想とか、まったく関係ないことまで、色々と連ねてみようかと。過去記事へのコメント/TB、お待ちしてます!
by finzi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<   2005年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧
フィンランドカフェいきました
今年で4回目を迎えた、フィンランドカフェ。
昨年はランチに行こうとしたところ、既に完売。なので、今年は少し早めに行こうということで、土曜日怪しい天気の中行ってみました。
が〜ん。甘かったです。11時30分開店より多少前に到着した時には既に長蛇の列。可能性があるのかないのか、確かめもしなかったのでよくわかりませんでしたがあっさり撤退。その後は日本橋や六本木に行ったのでした。

ということで、本日日曜日、昨日の轍は踏むまいと早々に掃除などやることやって家を出ました。何しろ朝から良い天気だし、ランチ最終日だし、ある意味悪条件満載のために、早めにでてバスに飛び乗り中目黒に向かったのでした。
目黒川ぞいを歩いてついにこの角をまがるとカフェの入り口が見えるというところで、ドキドキ。。

その時の時刻は午前10時45分。

う〜ん、やっぱり予想通り既に大勢の方々が列をなしていました。一瞬ひるみましたが、きっとまだ大丈夫なはず、だめならだめで代官山に行こうと決めて並びました。
(店員の人に聞いたら、早い人は朝ご飯の時間から並んでいたとか。気合いが足りませんでしたね。)

でも、結局のところありつけました(ホッ)

メニューの詳細はこちらを見ていただくとして、正直な感想。。
期間限定イベントのさらに期間限定モノだから、話のタネとしていいかな〜という感じでした。これが常に構えているお店だとすれば、2時間待ってまで食べようということはないかな。すみません、正直な個人的な感想なのでお気を悪くなさらず。決してマズイわけではないし、普段食べることのない、でもフィンランドでは日常食であるというザリガニのスープは結構いけました。
とにかく特別イベントということで、行けて食べられたことでは十分満足でした。

==
去年・今年と中目黒のSPACE FORCEというところでしたが、一昨年の代官山FramesCafeと色々なお店が参加していたような街全体のイベントとしてやるような感じだともっといいのですが、それはそれで大変なんでしょうね。

でも、このような取り組みを継続的に行うフィンランド政府観光局は、すごいと思います。こうやって少しでも国を知ってもらう機会を増やして、ひいては実際にその国を訪問してもらおうということですよね。

日本でもここ最近はVisit Japan(? でしたっけ)のような、観光客を送り出すだけではなく、日本に来てもらおうという取り組みに力を入れだしたようですね。フィンランドカフェのような地道な活動も含めて、肌身に感じてもらうことで日本という国を理解してもらうというような取り組みは、日本のプレゼンスを高めるという意味でも今後非常に重要になってくるのではないでしょうか。それは政府・行政レベルだけの話でもちろんないと思いますが。

b0007893_0324434.jpg
フィンランドカフェで買ったaarikka・・・ただし、中央の家は違います。これは高見沢美穂さんという小箱作家作の陶器の小箱です。家のわりと近くにあるバーデンバーデンという若手クリエーターのプロデュース活動をしているところで買ったものです。

[PR]
by finzi | 2005-10-23 23:13 | つれづれなく
ついに優勝
千葉ロッテついに、ですね。
今日も本当に息が詰まる試合でした。
帰宅して着替え終わり、テレビに目を向けたときが、ちょうど8回表。ノーアウト1・2塁という状況でした。なので、逆転打を目の当たりにすることができ、本当にラッキーでした。
その裏も、最終回も、1球ごとにため息をつくような感じでしたね。でも、こんな試合を見ることができて、幸せだなと、つくづく思います。
ホークスも本当にすごいチームですね。やっぱりコンセプトがはっきりして、ぶれがないというのは、野球チームに限らず、どんな場面でも強いんだと思います。2年連続で苦杯をなめる結果となったのは本当に残念なことだと思いますが、誇りに思っていいのじゃないでしょうか。

初芝選手の姿を見て、泣けてきました。最後の年に本当によかったですよね。
とにかく、千葉ロッテの皆さん、そしてファンのみなさんおめでとうございます。
日本シリーズ、このプレーオフ以上に見応えのある試合を期待しています。
[PR]
by finzi | 2005-10-17 23:43 | つれづれなく
わがやの金木犀
garaikaさんがご自宅の金木犀を紹介されています。なかなか立派なもののようですが、わがやにも一応金木犀があります。といっても、地植えではなくちんまりとしてますが。

b0007893_11462148.jpg植裁をどうする、ということで植木屋さんと話をしていく中で、もともと建て直す以前にもあり、やはり香りがとても良く気に入っているということから、特に父親から「金木犀が欲しい」というリクエストがあり、加わったものです。

b0007893_11563785.jpggaraikaさんのところでは、blogに紹介された時点で花がなくなってしまっていたそうですが、わがやはまだ元気なようです。
残念ながら今日も雨で香りを存分に楽しむというわけにはいきませんが、普段なら道を歩いていてもよくかおってきます。

季節の風情を楽しむ、というのは四季のある日本ならではの「贅沢」でしょうか。
今まで「旬」が何か、ということにとてもうとかったのですが、それってもったいないですよね。鰹だって、初鰹があって戻り鰹があって、なんて意識したことありませんでした。
でも、例えば食べ物にしても、今や一年中食べられるようなものであっても、本来の時期に食べるのがやっぱり一番美味しいような気がします。

家作りを通して、いろいろなことを学び知る機会というがありましたが、こういうことに思いを至らせるようになったのも、実はその一つなのかなと思ったりします。
[PR]
by finzi | 2005-10-16 12:07 | 植栽など
ロッテ先勝!
やりました。勝ちました!
この調子で久々の優勝までがんばって!
[PR]
by finzi | 2005-10-12 21:58 | つれづれなく
200本安打!!
ヤクルト青木選手ついに200本安打ですね!!
おめでとうございます。
それ以上に言葉はありません。。

あとはチームが有終の美を飾ってくれるといいんですが。

今日からプレーオフ第2ステージ。がんばれロッテ!
[PR]
by finzi | 2005-10-12 08:00 | つれづれなく
大きな金木犀がありました
ビュフェ美術館は駿河平自然公園に面しています。目の前はその名の通りの自然が広がっています。美術館の駐車場の目の前には、大きな金木犀が1本そびえていました。
b0007893_1045979.jpg
オレンジの花とともにまさにこんもりとした姿は、とても美しかったです。
画像があまりよくないですが、なんとなく感じはわかるでしょうか。実際はもっとオレンジが際立っていました。

これほど大きいのはあまり見たことがなかったので、これはこれで感動でした。

[PR]
by finzi | 2005-10-10 10:49 | 植栽など
サヴィニャック展行ってきました
芸術の秋、あなたは何を楽しむ?

静岡県長泉町にあるビュフェ美術館で、今日から(2005年10月8日)「レイモン・サヴィニャック展」が始まりました。初日マニアということではありませんが、縁があり来年3月28日まである会期の初日に行ってきました。

ビュフェ美術館は、クレマチスの丘という場所にあります。ここは「花・アート・食」をテーマとして、ビュフェ美術館をはじめとた美術館や、広尾の「アクアパッツァ」で知られる日高良実シェフのイタリアン「マンジャペッシェ」などのレストランが富士山麓の自然の中に点在するという、ゆったりとした場所です。
緑が豊かな場所なので、時間があればのんびり散歩するだけでも、とても気持ちが良さそうなところでした。
今日はあまり時間もなくあいにくの天候だったため、ゆっくりと見て回ることができず残念でしたが、滞在中は時折晴れ間もみえたりするぐらいだったのが不幸中の幸いでした。
b0007893_055488.jpg
ビュフェ美術館は1973年にオープンしたそうですが、建築家の菊竹清訓氏の設計によるものだそうです。細かいところで多少の古さは感じるとも「自然と共存する美術館」というコンセプトは色あせず十分に堪能することができます。建物内部の構造も変化に富んで建築素人にも十分楽しめました。この建物だけでもまた一見の価値があるように思います。

b0007893_073760.jpg

b0007893_075222.jpg企画展示室は大きな吹き抜け空間にありました。そのゆったりとした空間の中に約80点の作品が並んでいます。どれも本当に愛すべき作品だと思います。細かい内容は是非現地でご覧いただくとして、ポスターの原画がいくつか展示されていたのには素直に感動してしまいました。

b0007893_0174481.jpg今回の企画展のチラシにも使われているルノーR4のポスターが原画とともに展示されており、それらを見比べることができました。その原画は年季が入って染みや欠けがありましたが、それ故に味がありました。また、今回の企画展に協力している木屋ギャラリーのロゴもサヴィニャックの手によるものですが、彼が亡くなる直前の2002年8月(亡くなったのは10月)に書かれたという原画もありました。

その死の直後にフランス広告業界が彼に敬意を表し、パリ市内や地方、高速道路の脇の看板など多くの場所に掲出したのが、下のポスターだそうです。そこには、「さようなら ありがとう サヴィニャック」と書かれています。その存在の大きさ、そしてどれほどまでに愛されていたかということが、偲ばれるものでした。
b0007893_0222477.jpg
何はともあれ、百聞は一見に如かずということで、是非足をお運び下さい。自分の住む東京からは決して近い距離とは言えませんが、サビニャックが好きな方なら行く価値はあるのかなと思います。


※展示室の写真は関係者含めて結構写している人がいて、不可とも表示がなかったので撮っています。。
[PR]
by finzi | 2005-10-09 00:55 | アート
mistがはじまりましたね
今年で7回目の「目黒インテリア通り祭り(mist)」が今日から16日までの期間ではじまりましたね。
いつもウロウロとしているところですけど、こういうのがあるとより賑わいが増してよいですね。

今日新聞の折り込み広告が入っていました。4日から目黒区美術館で始まった「チャールズ&レイ・イームズ展」にこのチラシを持参すると、ワンコイン(500円)で2名まで入館できるそうです。これはいい!行こうと思っていたので、ラッキー。

この週末は、三島のビュフェ美術館に「サヴィニャック展」見に行ってきます。
でも天気がなあ〜
[PR]
by finzi | 2005-10-07 22:41 | インテリア
ヤクルト青木新記録!!
安打数のセ・リーグ新記録樹立、おめでとうございます!
昨年イースタンで首位打者をとって期待はしていましたけど、まさかここまでやってくれるとは思いませんでした。昨日(というか一昨日ですね)は古田さんが1,000打点達成。その前には2,000本安打なんかも達成して節目がたくさんある年ですね。
でも、チーム全体としては、なんちゃってAクラス状態(苦笑)。お願いですから頑張ってください。若松監督有終の美をぜひ!

ついでに、というレベルではないですが、メジャーで井口もやりましたね。みんな頑張って欲しいです。
[PR]
by finzi | 2005-10-07 00:41 | つれづれなく
ベッドきました
ソファーに引き続き、9月下旬にベッドがきました。

当初からベッドの生活が前提ではあったのですが、もともと横浜で住んでいたときには和室に布団だったのでベッドがありませんでした。ソファーのときと同様に、布団で3畳たたみるーむで間に合ってしまっていたので、じっくり探そうということで腰据えて歩き回っていました。
で、ソファー同様に目黒通りのショップで決めました。
このたびはgreen gablesです。

このお店は家から歩いていけるような場所ということもあり、何度か顔はだしていてテイストは気に入っていたのですが、とにかく色々みようということですぐに決めませんでした。
結局のところ、パターンオーダーということである程度サイズなど細部の自由が利くというところ(ホテルのように高めにしたかったetc)や、無垢のパイン材という好み(特に妻)の素材であるということ、マットレスの質感などといったことから、ここが一番いいという結論に達したのでした。

ちなみに、上記の通り材は無垢のパインなのですが、ここのこだわりとしては節のないものを選りすぐるということがあります。
お店にも入り口はいるとすぐに大きなテーブルがあったのですが、材をきくまではパインとは気づきませんでした。パイン材というとなんとなくカントリーな雰囲気になるかな、という感じがあるのですが、節がまったくないので印象が全然違います。
ベッドも同様に節のない無垢のパインなので、すっきりとした印象です。(画像ではわかりにくですが)

※関係ないですが、ベッドは広島で作ってもらっているそうです。で、実は広島はベッド作りでは全国でも名だたる産地で、相当なシェアを占めているんだそうですね。全然知りませんでした。

b0007893_20544487.jpgベッドがくる前の部屋。

b0007893_20561613.jpgがらんとしているようですが、直前までただの納戸状態で段ボールが山積み(引っ越して半年たっているのに!!)で、ここまでにするのに泣きながら片付けしました(苦笑)

b0007893_20551568.jpg当初は9月上旬という話だったのですが、今回用に用意したパイン材の状態がよくなくお店としてのこだわりがとても反映できる状態ではないので、納期を遅らせて欲しいという話があり、延期して下旬になりました。

こちらとしても、長く使うものだから良いものが欲しいし、なによりお店のこだわりが反映されないものでは意味がないので、気にせずお願いします、と返事をしていました。

ということで、だいぶ遅くなったのですが、待ったかいはあったのかな、と思っています。

と、いいつつ実はベッド用のシーツやらなにやら何も用意していなかったので、いまだにたたみるーむ生活が続いてます。。。
[PR]
by finzi | 2005-10-04 21:33 | インテリア
スカウター : 家作りその他つれづれなく
ASPアクセス解析