建築家との家作りはひとまず終了。このプロセスで思うことやら、住んでからの感想とか、まったく関係ないことまで、色々と連ねてみようかと。過去記事へのコメント/TB、お待ちしてます!
by finzi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<   2006年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
モルバン/奇跡の出会い
HERVE MORVAN(モルバン)は、サヴィニャックと同時代にポスター画家として活躍した人です。彼の描く絵は、サヴィニャックと相通ずるものがありつつも、独自の世界の中にあります。サヴィニャックよりもさらに柔らかい感じ、でしょうか。彼の描く子どもの表情は本当にかわいいです。

サヴィニャックが描くポスターが駅に張り出されているとき、モルバンの描くポスターが街を行くバスの車体にある。そんな風景を、一度でいいから生でみたいと思うのでは、僕らだけではないはず。。。

さて、そのモルバンの作品の中に、たばこのGITANESの広告があります。これは1961年にマルティーニ賞という広告業界の賞を受賞したものだそうです。
実のところ、われわれ夫婦はたばこが大嫌いなのですが、今や歴史の一部となったポスター広告は別。このモルバンのGITANESは、多分フラメンコのダンサーだと思うのですが、その服がたばこでできているのです。とにかくそのアイディアの秀逸さに惹かれてしまいました。
それがこれ。
b0007893_23575874.jpgちょっと前から気にはなっていたのですが、代官山の木屋ギャラリーを訪れたその日は31日までのセール初日(実は大雪の日)でした。そして、このGITANESもセール対象となっていたこともあり、ついに購入してしまいました。

モルバンはサヴィニャックよりも10年後の1917年に生まれました。しかし、亡くなるのは圧倒的に早く、1980年に63歳という年齢でこの世を去ってしまいます。
サヴィニャックおじさんほどまでとはいわなくても、もう少し長生きして現役でいてくれたら、さらにいろいろな作品を目にすることができたかもしれないと思うと、ちょっと残念です。

さて、表題にもある奇跡の話にそろそろ。。

サヴィニャックにはパリのフォルネイ図書館が発刊する作品集があり、これはサヴィニャック好きならお持ち、あるいは少なくとも一度は目を通したことがあるでしょう。以前のエントリーでも触れていますが、まさにバイブルです。
そして、モルバンにも同様の作品集が存在します。
それが「HERVE MORVAN AFFICHISTE」です。
1997年にフォルネイ図書館で開かれたモルバン展の際に制作されたものだそうで、その表紙を飾っているのが、先のGITANESの広告作品なのです。
とにかく、モルバン好きにはサヴィニャックのそれ同様バイブルと呼べるものなのですが、実はこれ、既に絶版となってしまっているのです。木屋ギャラリーに行くたびに見せてもらっていたのですが、とにかく手に入れることが非常に難しい代物だったのです。

木屋ギャラリーのスタッフの方にうかがっても、良くお客さんから問い合わせを受けることはあるけれど、どこにも在庫もないし、あてもなくて。。という話。
なので、出版元にファンレターのような手紙を送ってみましょうかなどと、冗談半分で話をしていたくらいでした。もちろん、インターネットのサイトで検索をかけたりしていましたが、国内外問わず紹介のページはでてきても「sold out」とか「Sorry...we did not find this book for sale at any of our member stores.」といったように寂しい結果ばかりがでてくるという状況だったのでした。

こうなったら、古書店とかも含めて地道に探してまわるしかないかな、と半ばあきらめていました。

そのような日々の中、二子玉川の玉川高島屋ショッピングセンターに行きました。色々な雑貨屋さんやインテリアショップなどを見てまわって、そろそろお腹も空いたし閉店の9時にも近づいているのでご飯食べに出ようかなどと話をしていた時、ある雑貨やステーショナリーを扱うショップが目に入りました。それがetranger di costarica(エトランジェ・ディ・コスタリカ)でした。b0007893_23591654.gif
ここのオリジナルのノートなどはいつも愛用していますし、恵比寿三越のお店などは良く行っていたのですが、二子玉川は初めてでした。
ここには、前述のモルバンのGITANESやサヴィニャックのオリジナルポスターなどがあり、また出会えるとは奇遇だな、なんて言っていたのですが、そんな出会いなど比ではない巡り合わせがここにありました。

そう、「HERVE MORVAN AFFICHISTE」の新品が1冊、サヴィニャックのそれと並んでディスプレイされているではありませんか!!!!

正直、目を疑いました。サヴィニャックのは自由に見られるようになっていましたが、モルバンのはカバーがかけられていたこともあり、もしや非売品なのではと思いすかさず手にとり確かめると、しっかりと値段が書かれている!

っていうことは買えるのかこれは。。買っていいのか?手にはいっちゃうのですか。。いいの?本当にいいの?夢じゃないよね。。

とにかくありえない出会いだなどとちょっと興奮していると店員さんが寄ってきました。他にお客さんがいなかったので良かったですが、端から見たらちょっと恥ずかしい二人組だったかもしれません。
話を聞くと、実は数年前に入ってきていたそうですが、ずっとしまわれたままで、最近になってスペースが空いたのでサヴィニャックと並べてディスプレイするようになったとのことでした。
やはり、サヴィニャックの本は結構出るらしいですが、こちらはそのまま。しかし、そのお陰でわれわれは出会うことができたわけで、これを奇跡と言わずして何と言うという感じでした。

b0007893_001311.jpg

なんだか長々とだらだらと書き込んでしまいましたが、少なくとも自分たちにとってはまさに運命的な出会いで、今でも興奮気味なのです。いい年してという感じですが(苦笑)
でも、これは絶対家宝にしますよ。
[PR]
by finzi | 2006-01-31 00:35 | アート
カレー南蛮/いしおか
ご近所ブロガーで、蕎麦を中心としたグルメ探訪を繰り広げるfuanitaさんが目黒御三家としていちおしの「いしおか」に久しぶりに行きました。

妻は天ぷらそば、自分はカレー南蛮を食べたのですが、あいかわらずコシがあって食感のよい蕎麦と、おいしい汁を堪能できました。普通、自分はカレー南蛮の汁を全部飲み切ることはできないのですが、ここのは別。すーっと入って行くんです。それに残すのが本当にもったいないと思わせる味なのです。鶏もまたやわらかく上品。fuanitaさんが、絶賛されるのも納得の一品です。

ところで、鴨南蛮、カレー南蛮という「南蛮」ってどういう意味かご存じでしたか?
恥ずかしながら、自分はよくわかっていませんでした。妻と話をしていて、そういえば「南蛮」ってなんだという話になって、しかしいわれてみるとよく分かっていない。カレー南蛮を注文するとでてくるものは分かっているんですが。いや、多分常識レベルの話なんだと思いますが(苦笑)

で、お会計の時に、ご主人に聞いてみました。すると、「諸説はありますが、昔ネギのことを南蛮といったことからきています」と丁寧なお答え。なるほどー、そういえば長ネギがいっぱい入ってますよね、そういうことだったのかあ、と納得。勉強になりました。


とにかく今年は知りたいと思うことをつきつめる年にして行きたいと宣言したばかり。その第一歩としてはレベルが低いと言われればグウの音もでませんが、分かっているようで分かっていない身近なことって結構あると思うので、恥を忍びつつ学んで行きたいと思います。
[PR]
by finzi | 2006-01-22 22:56 | つれづれなく
東京/雪化粧
東京の今日は朝から雪。

確かに昨日の予報で日が変わる頃から雪が降り出します、とはいってましたが、これほど積もるとは想定の範囲外(もはや・・・)。朝も早くから雪かきをして、ささやかな抵抗をしてみるも、すぐにうっすらと白く白く。

向かいの家の小さい子どもたちは、その家の屋上でワイワイと雪遊び。子どもはさすがだな〜と思いつつ、本当は一緒に混じりたいとも思う三十路は、ソファーでうだうだとしているのがもしや丸見えと思いつつも、やっぱりぬくぬくから抜け出せずだらだら。

近所の新築マンションは先週から引っ越しが始まったようで、今日は土日で集中するだろうに、この雪ではもはや御愁傷様としかいえず。みんな大変そう。でも、きっと十年二十年とたったとき、ここに引っ越してきた日は大雪だったんだよね〜と、きっと笑って思い出にできることでしょう。

b0007893_1684771.jpg
わがやのシンボルツリーのひとつ、メラリウカも雪の重みでしなだれています。幹を揺らして雪を落とすも、しばらくするとまただらんとなって、きりがないからあきらめています。

b0007893_1683240.jpg
柿の木も雪におおわれています。

b0007893_1685680.jpg
そして、わがやのミニも埋っています。

さて、また雪かきやりますか!!
[PR]
by finzi | 2006-01-21 16:12 | つれづれなく
デンマークのおみやげ/ロウソク立て
昨年の話ですが、いつも良く行くインテリアショップで仲良くなったスタッフの方が、デンマークに買い付けの出張に行ったそうです。その際、われわれのためにということで、おみやげを買ってきてくれました。

それが、このロウソク立てです。
b0007893_15194133.jpg

そういえば北欧の匠に行った(正確にはお店の前、ですが)とき、外からのぞき込んだら同じような形のものがディスプレイされていました。木製のそれは味わい深い形と質感で、北欧らしさを象徴するような存在です。

デンマークにいくという話はそれ以前に聞いてはいましたが、わざわざおみやげを買ってきてくれるとは思ってもいませんでしたので、まさにサプライズ!!でした。

彼は非常に人当たりがよい(人懐っこい)タイプなのですが、決して押しつけたりするような感じがなく、お客として接するにもとても気持ちの良い応対をしてくれます。行くと、必ず関係ない話とかで盛り上がってしまったりもするので、じゃましているようで悪い気がしていたのですが、彼の顔を見たさに足を運ぶ、という面もなきしにもあらずなのです。そういえば、何号か前の北欧スタイルにもショップの紹介記事ででてましたね。

もともとお店の感じも商品もとても好きなのですが、何にも増してその彼の存在は大きく、彼から買おうという気になります。休みも少なくて、時間も長く仕事としてはとても大変そうですが、彼には頑張って欲しいです。
[PR]
by finzi | 2006-01-14 15:38 | インテリア
銀座裏通り/渋いお店
銀座の、昭和通りに近い筋を一丁目から八丁目まで歩きました。
興味をそそられるいろんなお店が点在していますね。とてもわくわくしました。

もともとは、銀座一丁目にある「北欧の匠」という北欧の工芸品などを扱うお店に行ってみたくて、裏通りに行ったのでした。妻が切り抜いてもっていた新聞の記事には「月曜定休」と書いてあり、実際に行ったのも連休最終日である月曜日。当然のごとくお休みでした。

まあ、しょうがないか。

北欧のモノで何が浮かびますか?という質問をすれば、おそらく間違いなくベスト10の中に入るであろうモノ。それはレゴブロック。
このレゴを日本に紹介したレゴジャパンの創業者メンバーのひとりであったという方のお店だそうです。次回は、ちゃんと曜日を確かめてから行きましょう(苦笑)

この他にも、ベルギービールのお店である「FAVORI」や、銀座六丁目に昨年開店したカレーのお店である「ラ・ソース 古賀」とかとか。

いやなぜか「FRANCK MULLER」の直営店舗とか、新聞に赤鉛筆?を抱えたオジサマがたの聖地があったりとかするわけですが、今回色々ある中でも一番惹かれたのが、銀座一丁目(北欧の匠のほぼはす向かい)にある皮革製品を中心として、衣料品から革小物まで扱っている「nobunoza」というお店でした。
間口一軒、奥行きもそんなにないそれはそれは小さなお店でした。

先日IDカード入れを購入した「BROOKLYN」もそうですが、お店の良い意味でのこだわりが強く感じられるところです。ある意味でベクトルは同じ方を向いていると思いますが「BROOKLYN」よりもさらに大人のお店、という感じでしょうか。
旧知のイタリアのメーカーと一緒に考え作り出すモノは、ここでしか手にすることのできない「良い物」なんだそうです。その言葉が商売的なキャッチコピーではないのだろうということは、店主のかたのダンディで優しい笑顔と、そこに並ぶ鞄や財布や傘といったモノから感じることができました。個人的には革巻きのメジャーが欲しかったです(笑)

それ相応の値段がしたりもするので(モノによってはリーズナブルなものもあります)、今回は結局のところ何も買ったりしていないのですが、いつかはここで何かを、っていう気持ちにさせてくれたお店でした。

もともと、表通りだけでなく裏の小道などを歩き回ったりするのは好きなのですが、意外に銀座界隈って盲点でした。こんな感じでいろんなところを歩き回ってみると、銀座に限らずですがいろんな発見があるんでしょうね。楽しみです。
[PR]
by finzi | 2006-01-10 21:39 | つれづれなく
掛軸/たたみるーむ
以前、わがやのたたみるーむを紹介しました。

お正月からは、ここに掛軸を飾るようにしてみました。
いままでちょこちょこと紹介してきたわがやのアートものは、サビニャックを中心としたいわゆる「洋もの」でしたが、一転して「和」です。
b0007893_21432857.jpg
この掛軸は今は亡き祖母のものです。祖母は、裏千家のお茶の先生をしていました。そしてそのお師匠であった京都の先生にお願いして書いていただいたというのが、「松」の書。これを母親が近所の表具屋さんにお願いして掛軸にしてもらったのがこれです。
b0007893_21425190.jpg
相変わらず画像では分かりにくいのですが、これがなかなか色合いなども含めてこの場所にあっていました。ここはその名の通りたたみ部屋ですが、家全体の雰囲気とも違和感なく収まっているように思います。サヴィニャックやブルーナのすぐそばに掛軸。悪くないですね。もっと早く飾っておけば良かったです。

しかし、この掛軸も奥が深いですね。掛軸として飾る絵や書そのものはもちろんですが、この掛軸を構成する種々のパーツにはすべて名称がついていて、それらを覚えるだけでも一苦労です。
例えば、分かりにくいですが上の方から二つ飛び出ている帯のようなもの、これは「風帯(ふうたい)」というそうです。そしてその風帯のさきにフサフサしたものがついているのですが、これは「露花(つゆ)」というそうです。こんな具合で名前がついているのですが、これらの所以なども調べると面白いかもしれないです。

とにかく世の中知らないことばかりです。言葉を換えれば知りたいことばかり、とも言えます。今年はとにかく知りたいと思うことをつきつめていく、そんな年にして行きたいと思います。時間がいくらあっても足りなそうですけどね。
[PR]
by finzi | 2006-01-03 22:29 | インテリア
明けましておめでとうございます
新年、明けましておめでとうございます。

新居で迎える2回目のお正月です。
昨年はまだ住み始めて半年も経っていなかったこともあり、なんだかあわただしく過ぎていってしまいました。では今年はというと、年末ぎりぎりまで仕事だったこともあり、落ち着いた感じはありません。ゆっくり一年を振り返る、あるいはこれからの一年に思いを馳せる、といった時間がとれないままに日にちだけが過ぎていくという感じです。ただ、大晦日のジルベスターコンサートをテレビで見ていて、第9でのカウントダウンがぴったり決まったのを目にした瞬間は、思わず感動してしまいました。とはいえ、今や2006年といわれても今ひとつ実感はありませんが。

このブログも足掛け3年ということになります。正直信じられません。始めた時には家作りの過程のメモ代わりという程度だったのですが、ここまで来てしまいました。
結果的にここまで続けることができたのは、こんな内容かつ更新頻度であるにも関わらず気にかけてくださる皆様のお陰です。タイトルである「家作りその他つれづれなく」のうち「家作り」という部分よりも「その他つれづれなく」のほうに明らかにウエイトが移っていますが、このあたりはまさしくつれづれなく行きたいと思います。

また、昨年はブラウザーを通した新しい出会いというものが格段に広がった年でした。今年はぜひとも、さらにその輪を広く深くしていきたいと思います。大げさかもしれませんが、人生を有意義なもの、彩りあるものにしていくためには、人との関わり合いが非常に重要であるという思いに気がつきました。何をいまさら、といわれればその通りかもしれませんが。。。

なにはともあれ、今年もまたよろしくお願いいたします。

===
お正月のわがや。
b0007893_22343447.jpg
玄関のお正月飾りです。妻がセレクトしてきました。立体感があって、なかなかのお気に入りです。

[PR]
by finzi | 2006-01-01 22:59 | つれづれなく
スカウター : 家作りその他つれづれなく
ASPアクセス解析