建築家との家作りはひとまず終了。このプロセスで思うことやら、住んでからの感想とか、まったく関係ないことまで、色々と連ねてみようかと。過去記事へのコメント/TB、お待ちしてます!
by finzi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<   2006年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
若冲と江戸絵画展/東京国立博物館・平成館にて
美術展のチケットは、主に新聞屋さんからもらっています。図々しくもいつも集金時に「何かありますか?」と聞いては色々と頂戴しているわけですが、今回の「若冲と江戸絵画展」もそんな中の一つでした。

8月の終わり頃まで会期があるからと少しのんびりしていたところ、チケットは期限が切られていて8月4日まで。それに気づいてあわてて本日上野まで行ってきました。
b0007893_22441310.jpg

今回は、江戸時代絵画の蒐集で評価の高いというアメリカ・プライスコレクションの所有する作品が展示されていたわけですが、これほど素晴らしい作品がしかも多数日本ではなくアメリカのカリフォルニアに存在する、ということがある意味ではショックでした。と、同時にプライス氏の「お目の高さ」には感服する以外にはありません。

プライス氏については、彼の生い立ちからフランク・ロイド・ライトとの関わりによる影響、日本、そして江戸絵画との出会いからコレクションの誕生とそれへの思いなどが、カタログの序文として記されています。それを読むだけでもカタログを購入した甲斐があったような気がしています。とりわけ「名より実」という話(作者の名前ではなく作品そのものの質が重要だということ)や、単に多くの掛軸や屏風がならんでいるコレクションとして見るのではなく、体験して欲しいという考えについては、非常に共感するところです。
その意を汲んでということだと思いますが、照明の工夫で光の効果を体験できるようにしたという展示など、今回の展覧会はよく工夫されたものになっていたと思います。

そもそも伊藤若冲という画家自体、自分はよく知りませんでしたが、今回じっくりと触れる機会(といっても非常に多くの人がいて、ゆっくり眺めるという訳にはいきませんでしたが)をはじめて持つことができて、とても良かったと思います。
専門的な評価などといったものはできませんが、素人目にもこれほどの表現力の幅を持った人はそういないのでは、と感じ入りました。作品によっては、現代に書かれたもの、といっても良いくらいです。

力強い「鶏」、生き生きとした「鶴」、かわいい「伏見人形」などなど、一目で若冲ファンになってしまいました。。

本当に「豊か」なことってこういうことなのかなと、若冲とその同時代の画家の多くの作品のコレクションを見て感じるとともに、この展覧会のチケットを、危うく無駄にしそうになっていたことが、本当に申し訳なく思いました。結果的にはギリギリセーフで見ることができたので良かったのですが。。
b0007893_2244162.jpg

[PR]
by finzi | 2006-07-30 23:52 | アート
梅酒とか
今日は怒濤(苦笑)の2発目。

お酒はあまり、というかほとんど飲めません。
でも、嫌いではないので、飲めないという割には家にもお酒はあったりします。

一応冷蔵庫の中には常に赤白のワインは入っているし(といっても1本500円くらいのですけど)、ビールも入ってます(これまた135ml缶・・・試飲会か?・・・これでも十分すぎるくらい満足ですけど、何か)。なにより、梅酒は昔から好きだったので必ずあります。

実は、結婚したときから、お酒は飲めないけど梅酒が好きということを向こうのお義母さんもご存じで、毎年自家製梅酒を漬けてくださるのです。
で、今年もまた頂戴してしまいました。とにかく美味しい。

夏は氷たっぷりにして水割り、冬は温かいお湯でお湯割り。
幸せな気分になります。
そう、今年の夏はやっぱりこれですね。

b0007893_230855.jpg

真ん中のアラブの王様っぽい(?)のが梅酒。飲めないと言いつつ、カシスなんかもあったり。。右のヴァランタインは梅酒を入れてます。

最近は少し強くなった?
[PR]
by finzi | 2006-07-16 23:14 | つれづれなく
模様がえ/ソファーカバー
ソファーのカバーを替えてみました。

昨年購入したソファーは、その時セールをしていたものでした。このソファーは、カバーの掛け替えが可能で色々な種類のカバーが用意されていたのですが、セールの対象としては茶系のカバーがかかってものとして売り出されていたました。セール特典として、ソファーカバーがもう一セット好きな色でつけてもらえる、ということがあり、薄いベージュ系のものを選びました。

去年ソファーが届いたのが9月だったこともあり、冬に向けて濃い色で良かったのですが、春から夏と明るい季節になっていくにつれ、どこかで替えたいと思いながら、なかなか余裕がなくて先延ばしにしていました。で、今日ようやく替えたというわけです。

カバーはすべてマジックテープで貼り付けるようになっているので、とるのは簡単です。
とりあえず裸に。
b0007893_22303288.jpg

とるのはいいんですが、やっぱりかぶせるのは一苦労です。落ち着いてやればいいんですが、暑いし、汗だくになってしまいました。
b0007893_2231567.jpg

なんとか新しいカバーを掛けました。
色が大きく変わったので、ちょっと慣れません。
あと、外したカバーはクリーニングに出すのですが、これは結構お金かかりそうです。

ま、とりあえず雰囲気が変わったということで。
[PR]
by finzi | 2006-07-16 22:41 | インテリア
江戸硝子/TIME & STYLE HOME
久々の更新です。

7月になりました。デンマークへの旅からもはや2ヶ月。
だいぶ落ち着きを取り戻しつつある毎日ですが、それに決して比例しない梅雨空は、季節とはいえ恨めしい気も少し。この時期のご多分に漏れず、今日は風も強くときおり打ちつけるような雨にうんざりしながらも、明るい空に期待をすれば、夕方前にはすっかり雨もあがりほっと一息。

ということで、久しぶりに八雲にあるTIME & STYLE HOMEへ。
ここはとても広い空間の中に商品がディスプレイされています。一角にあるカフェもとても落ち着いているため、ゆったりとした時間を過ごせるので好きな場所です。

カフェはソファーやテーブル、椅子など好きなところに座ってお茶を飲むことができます。それらは皆売り物にもなるもので、値札もついていたりします。とても落ち着いた雰囲気なので、ついつい長居をしてしまうのですが、今日もゆっくりさせてもらいました。

そこで出された水の入ったグラスは、とても薄くて軽く口当たりが良かったのですが、それが江戸硝子のグラスでした。ここのオリジナル定番商品だそうですが、カフェを出た後、陳列されていたそのグラスを見せてもらい、その薄さ軽さにあらためて驚きを感じました。
これはもともと「電球の球を製作していた技術を受け継いで生み出されたもの」、だそうです。
職人さんの手によるこのグラスは、手作りの質感がとても良く伝わってきます。

いくつか種類がありましたが、これからの季節にふさわしい清涼感のあるものを選んでみました。それがこれ。
b0007893_21525963.jpg

普段からそんなにお酒を飲むわけではありませんが、氷をたっぷり入れた梅酒の水割りとか良さそうです。
見た目や味はもちろん、氷がグラスに触れる音もよさげです。
[PR]
by finzi | 2006-07-02 23:36 | 小物
スカウター : 家作りその他つれづれなく
ASPアクセス解析