建築家との家作りはひとまず終了。このプロセスで思うことやら、住んでからの感想とか、まったく関係ないことまで、色々と連ねてみようかと。過去記事へのコメント/TB、お待ちしてます!
by finzi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<   2006年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ル ヴァン美術館/長野美術館ツアー 2/2
小海町高原美術館に続き、もうひとつの訪問先、ル ヴァン美術館です。
b0007893_22394086.jpg

ここは、東京・神田駿河台にある文化学院の創始者である西村伊作氏が自ら設計した校舎を復元したもの。
実際には関東大震災の際に焼失してしまったそうですが、もともとこの場所(軽井沢)に建てるために設計されたもの、といわれても違和感がありません。軽井沢の、さらにその中でも喧騒から離れた場所に位置するこの美術館は、きれいに刈られた芝の庭とともに、周囲と雰囲気がとても良くあっています。

都心に実際に建っていた当時はどんな感じだったのでしょう。存在感のある建物であったことは間違いないでしょうね。
b0007893_223969.jpg
ちなみに、アーチ型のこれも趣のある現在の校舎は、老朽化のために先ごろ取り壊されてしまったそうです。
ドラマの撮影などでもよく登場していたあの建物もまたよい雰囲気だったのですが、残念ですね。


さて、ル ヴァン美術館の企画展ですが、
テーマは
「コルビュジエと建築家坂倉準三の友情〜ル・コルビュジエから準三・日本へのおくりもの〜」
という非常に興味深いものでした。

コルビュジエと坂倉準三との厚い友情・信頼関係を示す数々の展示がされていたのですが、とりわけ感動したことがありました。

その展示とは。。。
[PR]
by finzi | 2006-08-23 22:46 | アート
小海町高原美術館/長野美術館ツアー 1/2
週末、長野県内にある二つの美術館を訪ねる旅にでました。

ひとつは、小海町にある「小海町高原美術館
もうひとつは、軽井沢にある「ル ヴァン美術館

前者は、安藤忠雄氏が設計したことで知られる、その名のとおり高原の中の美術館。
後者は、西村伊作氏が創設した文化学院の、それも自ら設計したという初期の校舎をほぼ再現してできた美術館。

安藤氏らしいコンクリート打ちっ放しの建てものに対して、英国のコテージ風の建てものというまったく趣の異なる両者は、しかしそれぞれに特徴ある雰囲気をかもし出していて、見ているだけでもとても楽しいものでした。


今回の旅のそもそもは、軽井沢駅前にあるアウトレットに行こうということから始まりました。
それで、久しぶりに行く軽井沢のことをいろいろと調べているうちにル ヴァン美術館のことを知り、催されている展覧会の内容も非常に興味深いものであったことから、これはぜひ、と具体的な行程を考えていました。
さらに、以前ネットのコミュニティーで話をきいていた小海町高原美術館のことも思い出してあわせて行ってしまおうと考えたのでした。

まずは小海町高原美術館
[PR]
by finzi | 2006-08-22 00:46 | アート
開館70周年記念特別展「民藝運動の巨匠」/日本民藝館
日曜日の今日、目黒区駒場の日本民藝館に行きました。
朝の新聞に折り込みで入っていたタウン誌に、日本民藝館が開館70周年で、記念特別展をやっているという記事があり、思い立って行ってみたというわけです。

もともと、日本民藝館は通っていた高校のそばということもあり、昔からなじみのある場所ではあったのですが、ここのところはずっとご無沙汰していました。
ただ、昨秋栃木県益子の益子参考館に行って、民藝運動の中心的役割を担った一人である濱田庄司に触れて以来、ずっとまた行きたいなと思っていました。

ということで、近いのに遠かったこの場所に再び訪れました。

b0007893_22493434.jpg
民衆の日常生活のための工芸品である「民藝」。まさに用の美とは言い得て妙です。
濱田庄司や河井寛次郎、バーナード・リーチといった人たちに共通するある種の力強さや、柳宗悦あっての棟方志功という一つの構図が日本民藝館という場の上に成り立っているという姿を強く感じました。

そういえば、昨年の秋から、民藝館本館の向かいにあった柳宗悦の旧宅を修復するプロジェクトが行われていたそうですね。

9月20日までの毎週水曜日、修復なった旧柳宗悦邸が一般公開されています。
これは、一度足を運ぶ価値がありますね。

実は、まったく意識していなかったのですが、NHK教育テレビの「新日曜美術館」で、今年の5月に柳宗悦と家の修復作業のことが取り上げられていたということなのですが、偶然にもそれの再放送が今日だったようです。
朝の放送時間帯にはまったく気がついていませんでしたが、民藝館の中に張り紙があり、これは絶対見逃しては行けないと思い、夜の再放送を見ました。

参考まで。。。
[PR]
by finzi | 2006-08-13 23:41 | アート
バーベキュー/中庭にて
土曜日、家族でバーベキューをしました。

以前から年に1回、姉夫婦一家ともどもバーベキューをするのが恒例行事になっているのですが、今年はこの土曜日ということで予定をしていました。

しかし、ご承知のように東京では強烈な雨と風と雷とで大荒れになり、山手線なども3時間ぐらい停電で運行中止になっていたという、そんな中であり、本当にやるのか?というところではあったのですが、黙々と準備に勤しんでおりました。

親世帯・子世帯そして姉夫婦世帯と3家族全部のスケジュールをあわせるというのも、なかなか大変なこともあり、また、そうはいっても夜までずっとこの状態が続くことも考えられなかったので、まあとりあえず予定通り、っていうことになったわけです。

で、実際夕方5時すぎには雨もほとんど小やみになり、これなら大丈夫だということで開始しました。

場所としては、(ご存じの方なら)普通なら親世帯のリビングに続く(縁側という名の)ウッドデッキでやることを想像されると思いますが、植栽がかなり生い茂るようになったとはいえ、まだちょっと外から目立ってしまいそうです。で、控えめなわが一家としては、中庭でやることにしたのでした。

b0007893_1931133.jpgいきなり古い写真(引き渡し直前)をだしてしまいますが、左側の奥が親世帯の玄関で、手前の中庭との間はガラス張りになっています。玄関側からいえば、入るとすぐ中庭が視界に飛び込んできて、そのまま進むとドアなっていて中庭にでられるようになっています。

七輪に炭でジキンギスカン鍋を使って焼きます。炭は、その昔今は亡き祖母がお茶の先生をしていたときの名残で、山ほど炭があるので不自由しません。

b0007893_18381566.jpgわがやのバーベキューのお肉は、ずっと昔からマトンです。臭いも含めてくせがあるので、苦手な人は苦手だと思いますが、昨今はずいぶんともてはやされてもいるようですね。もっとも、わがや秘伝のタレ(レシピは秘密!)で臭いを抑えているっていうところもあります。
最近は、骨付きが特に美味しいということで、普通のもも肉などよりこちらのボリュームを増やしています。

b0007893_18382974.jpgいきなり締めですが、やっぱり焼きトウモロコシですね。炭で焼いているときのパチパチという音と香りがたまりません!

b0007893_18384143.jpg激しい雨のおかげで、さっぱりと涼しくなったため、鍋に向かっていてもあまり熱くありませんでした。最後には綺麗な夕陽も望めて、気分よく終わりましたとさ。


にほんブログ村 住まいブログへ
[PR]
by finzi | 2006-08-12 22:19 | つれづれなく
日よけ/またこの時期です
暑いですね〜♪

血迷って♪マークまでつけて楽しげな感じですが、こうも暑いと正常な思考回路が働かなくなりますね。もっとも、常温でどうなんだといわれると、口をつむってしまうわけですが。。。なんてことはどうでも良くて、とにかく暑い!

ということで、少しでも体感温度を下げる努力をし続ける毎日な訳ですが、みなさんはどんな工夫をされていますか?
基本線としては家のカーテンなりブラインドなりはキッチリしめて直射日光が入らないようにする、とか、打ち水をしてみるとか、シャワーをまめに浴びてみるとか、色々あると思います。
アイディアがあったらぜひ教えてください。

さて、わがやのこの時期では、やはりコレです。
b0007893_15411343.jpg

昨年の今頃、しょうもない記事をエントリーしていたわけですが、(「これはなんでしょう」「これはなんでしょう、の答え」)また今年も出番がやってきました。

これいいんですけど、どうしても一人では難しく二人揃って設置する必要があるのと、決して日が完璧に除けられるわけではないので、ある意味気休め的なところもあるのですが、でもこう暑くて対処のしようもないとなると、逆に気休めでも十分な価値が見いだせます。
b0007893_1541123.jpgそれに自画自賛というわけではないですが、道ばたから見上げると、なんとなく涼しげな感じにも見える(と思う)ので、道行く人の気持ちにもなんらかの安らぎになるのではないかと、勝手に考えております。

最初は設置するのも慣れずに時間がかかっていましたが、さすがに慣れて来たのか結構あっという間にはためかせることができるようになったので、今年はまめにつけたいと思います。

にほんブログ村 住まいブログへ
[PR]
by finzi | 2006-08-06 15:46 | エクステリア
わがやにもヤモリ
ひと月ほど前のがらいかさんのエントリーに、ヤモリを見つけたというエントリがありました。

以前の家ではヤモリとはしょっちゅう出会っていたので、新しい家になってもきっとでてきてくれるはず!と待っていたのですが、ここまでずっと出会うことがなく、ちょっと寂しかったのですが、今日、ついに再会を果たせました。

子世帯の寝室の前はちょうど2階のバルコンデッキの下になるのですが、そこを掃除している時に妻が「あ、ヤモリじゃない?」というので見上げてみると、いましたいました。
b0007893_23153663.jpg

身じろぎもせずはりついていました。
写真だとズームでとっていることもあってボケ気味ですが。。

なんだか、ちょっと安心しました。
b0007893_23321894.jpg

守り神が増えたようです!!
[PR]
by finzi | 2006-08-05 23:35 | つれづれなく
スカウター : 家作りその他つれづれなく
ASPアクセス解析