建築家との家作りはひとまず終了。このプロセスで思うことやら、住んでからの感想とか、まったく関係ないことまで、色々と連ねてみようかと。過去記事へのコメント/TB、お待ちしてます!
by finzi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<   2006年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
クリスマスコンサート in サントリー/のだめカンタービレ
フジテレビの月9としてまもなく最終回を迎えるドラマ「のだめカンタービレ」。音大生が主人公の人気マンガをテレビドラマ化したこの番組は、原作マンガへのリスペクトと音楽そのものへのリアリティーが追求されていて、非常に楽しい作品に仕上がっていると思います。
このブログの中では特に触れていませんでしたが、何を隠そうテレビ大好き、ドラマ大好きのワタクシといたしましても、今クールで毎回見逃すことのできない番組のひとつになっています。

個人的な話ではありますが、このドラマにはさらなる思い入れがあります。

フジテレビのドラマとして、前クールで人気を博した「結婚できない男」では、建築家や建築プロデューサーというものが登場人物の仕事として重要な役割を果たしていました。これらの仕事へのリアリティーを高めるために、家作りブロガー仲間でもある朝妻さんが建築指導という形で番組制作に協力されていました。このため、普通以上に楽しく、かつ思い入れたっぷりに見ていたのですが、実はこの「のだめ」でも中学・高校を通しての友達が演奏指導ということで関わっていることから、親近感がより増したものになっています。
初めから関わっている話を知っていたわけではなく、番組のエンドロールに楽器名と名前とを見つけてもしやと思っていろいろと話を聞くうちに、それがまさしくその友達であることが分かったのでした。

友達のような音楽の専門家が多く関わることで、クオリティーの高さにつながっていることを実感するわけで、視聴者としては嬉しい限りですが、話を聞くに相当大変そうです。

サントリーホールでのお話。。。
[PR]
by finzi | 2006-12-17 23:57 | つれづれなく
ポストイットホルダー/garaika工房より
家作りブロガーとして家作りの時期もブログを始めた時期もほぼ同期生という、garaikaさん。

家作りへの情念の深さ、見識の高さなど、あらゆる面で尊敬すべき人生の先達なわけですが、見た目ににあわず(失礼!)手先の器用さにおいても、プロ顔負けという腕をお持ちです。
自ら山小屋を建ててしまうというお父様のDNAを受け継いで、レザークラフトを中心とした創作活動はとどまることを知りません(笑)

b0007893_1942248.jpgそんなgaraikaさんが、かのエルメスにも先んじて形を作ったのが、ポストイットホルダーです。
そして、この文中に登場してくる「やさしいクライアント」というのが、私finziだったのでした。


b0007893_1982446.jpgということで、garaikaさんにはいつ頃か忘れましたがオーダーを入れていて、そのできあがりの連絡を気長に(もしかして放置?とか思ったりすることもせず)お待ち申し上げておりましたが、先頃ついにその品物をこの手にすることができました。
中央下には「F」の文字が。もちろん私finziの頭文字「F」です。心憎い!

細かい仕様の話は、garaikaさんのエントリーをご参考にしていただければと思いますが、実際にご自分でお使いになった上での改良すべきポイントなどを盛り込んだ進化バージョンということで、クライアントとしては嬉しい限りです。

上記のgaraikaさんのエントリーにもあるように、有名なブランドからも同様の商品が出されているわけですが、エルメスなどとの大きな違いとして、ペン付き、台紙つきで簡易にメモをとるための製品として完結している点はポイントです。(伊東屋にもポストイットホルダーがあるそうですが、こちらも台紙やペンは別)

もちろん、いわゆるメモ帳でも小さいサイズのものは存在しており、それでもいいといえばいいのですが、やはりポストイットの便利なところはちょっと貼付けておけるところなわけです。

例えば仕事の場面では、出先で「会社に戻ったら何をしなきゃ」という用件がでたときに、ポストイットにさっとメモをして、オフィスに戻ってPCのディスプレイ脇にペタリと貼って忘れないようにしておくとか、そういった使い方ができます。
実際、街中とかでかばんの中からスケジュール帳をごそっとだして、とか携帯電話のテキストメモ機能を立ち上げてキー操作して打ち込むっていうのは、案外面倒だったりします。その意味で、本当にちょっとしたことをメモするには結構重宝します。

特に大きさがスーツの上着のポケットに軽く収まるので、すぐ使えてすごく便利です。

ちなみに、お代はお酒を飲んでいただいてお支払い(笑)
あとは、実際の使用感をフィードバックすることによる創作活動への貢献という無償の愛で。

何はともあれ素晴らしい一品をありがとうございました。大切にします。
[PR]
by finzi | 2006-12-03 21:01 | 小物
秋紅色
わがやの植栽も紅葉の盛りはすぎた気配ですが、もみじやその他の木々草花の鮮やかな色づき加減は、いつもながら季節の移り変わりを実感させてくれます。

木々の枝先に色づく葉の見た目の綺麗さはもとより、土の上に敷き詰められて落ち葉と名を替えたものたちの上をゆっくりと歩く時のガサガサという音にも、この季節を感じることができます。

b0007893_0192048.jpg落ち葉を拾い集めて、お菓子を並べるようにして家の中で楽しむというのもまた一興です。まあ、これは母親がこうして持ってきてくれたのですが。
見上げて目で楽しみ、歩き回って音で楽しみ、さらに家の中で愛でる楽しみと、楽しむ形のバリエーションも色々です。


b0007893_0224773.jpgそして昨年知ったこれからの時期ならではの別の角度から見る夕焼けも、変わらず楽しむことができそうです。

秋は好きな季節です。

追記===

やまぼうし連合にまた新しい仲間ができたとの嬉しい知らせが!!
ということで、わがやのやまぼうしの様子をご紹介。
b0007893_1820678.jpg11月頭の柿もぎイベント(正確にはもいでもらったわけですが)の際に、植木屋さんに色々と整えていただいたのですが、その際伸びに伸びやまぼうしにも手を入れてもらい、かなりシェイプアップしました。
とはいえ綺麗な色づきは見せてくれていて、ここでも楽しむことができています。



にほんブログ村 住まいブログへ
[PR]
by finzi | 2006-12-02 23:49 | つれづれなく
スカウター : 家作りその他つれづれなく
ASPアクセス解析