建築家との家作りはひとまず終了。このプロセスで思うことやら、住んでからの感想とか、まったく関係ないことまで、色々と連ねてみようかと。過去記事へのコメント/TB、お待ちしてます!
by finzi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
完全分離型二世帯住宅
 新居では、夫である僕の両親と同居することになるのですが、わがやは始めから玄関から別の完全分離型で考えていました。このことを特に主張していたのは母親でした。

 これは母親の長年の経験から自然とでてきたものだそうです。結婚した当初から夫の母親(僕の祖母ですね。わかるって)との同居が始まり40年弱にわたりずっと一緒だったわけです。祖母はとてもやさしい人だったのですが、それでも気苦労や行動の制約も多く、縛られることは多かったそうです。
 そんな経験から、僕の妻である”お嫁さん”には余計な苦労を掛けたくないという思いがとにかく強く、そこから完全分離型二世帯の主張が生まれたようです。
 
 子世帯側としても生活時間やスタイルの違いを考えても、同居型は厳しいと考えていて、ある意味安心したものでした。
 もちろん、すぐ隣にいるという安心感はお互いあるし、玄関は隣り合わせで、すぐに内扉がついていて、そこから行き来はできるようにしています。
 あとは、細かいルール作りですね。上記のような理由もあって分離型にしていることもあり、最低限の決まり事は考えようという話になっています。

 他人行儀にならず、さりとてプライバシーは尊重しつつ、同じ屋根の下に暮らすというのはなかなか難しいことかもしれません。

b0007893_0201525.jpg
 

 明日は上棟式。この週末はその準備にかけずり回っています。これもまた家作りの思い出になることでしょう。
[PR]
# by finzi | 2004-08-08 00:58 | 家作り
旅・デンマーク
 一昨年(2002年)の秋、デンマークのコペンハーゲンに行きました。

 もともと父親の仕事の関係もあり、小さい頃からデンマークには馴染みがあったことやアルネ・ヤコブセンやハンス・ウェグナーといった建築家・デザイナーを始めとするシンプルかつ機能的なデザインの世界も好きだったということから、いつか行きたいと思っていたんですね。

 滞在したのはコペンハーゲンのみで5日間。あっという間でしたが、市内をはじめ
近郊の町まで足をのばしたり、美術館やコンサートなどそれなりに充実していました。

b0007893_23512348.jpg 泊まったホテルが市役所前広場にあるパレスホテルというところで、そこは市内きっての繁華街であるストロイエという歩行者天国の入口に位置するところで、とても便利でした。(左の写真の中央の塔がある建物。)
 インターネットのホームページにはシーズンごとに割安のプランが出されるのですが、その時は本当にタイミングがよかったようで、広場に面した部屋(広めでバルコニーがあり、その分室料も高い)がシングルルームよりも安い(なんだそれは)ような料金で提供されていて、うまく予約できたんですね。もう2年前ですが、それ以降そこまでリーズナブルなプランは出ていないようなので、本当にラッキー!!でした。
 こぢんまりしていますが、古くて趣があり、エレベータも年代物という感じでした。部屋ももちろんシックな雰囲気で落ち着けました。まあ、バスの栓が壊れ気味でしっかり水がたまりにくかった、というのはご愛敬か。設備は古かったですから。
 とにかく、中央駅からも近く、繁華街の入口で、バス乗り場もすぐあり、便利なホテルでした。
 
 えー、なんだかホテルの話だけでとりとめがなくなりました。とりあえずまた思い出しながら書いてみたいと思います。

======

 海外に旅行する際、いつも楽しみにしているのは、もちろんいわゆる名所・旧跡の
類もさることながら、地元の人たちが利用するようなスーパーなどに行くことです。
そこに住む人がどんなモノを食べたり、使ったりしているのか肌で感じられ、また
お土産にいいようなお菓子などが安く手に入ったりもするというのもあります。
[PR]
# by finzi | 2004-08-07 00:14 | 旅行
ことのはじめ
 家作りは、実家を建て直して二世帯住宅にするということで、この事自体はかなり以前から漠然とは決まっていました。ただ、もう少し具体的に考えること、つまりどういう形でどういうところに家作りをお願いするのか、ということについては、一昨年の終わり頃から始まりました。

 家作りには色々な方法があると思いますが、代表的なものとしては

  1. ハウスメーカに依頼する

  2. 工務店に直接依頼する

  3. 建築家に依頼する


といったものが考えられます。

 それぞれにメリット、デメリットがあるわけですが、結論からいうと3番目の建築家との家作りを選択しました。
 その大きな理由としては、まずハウスメーカーの”商品”にあまり魅力を感じなかったということがあります。そもそも、家族構成・ライフスタイルから土地の条件・周囲の環境など千差万別なはずです。そこにある程度パッケージ化されたものを当てはめていくというアプローチがしっくりこなかったということです。
 もちろん、長い年月の経験と研究開発の成果、またマーケティングなどにより多くの人の声を吸い上げた結果としての”商品”は、おそらく満足度の高い仕上がりになるのだと思います。でも、そのような最大公約数的で、あらかじめ決められた枠の中ではなく、色々と自分たち仕様で考えていけるできる限りの幅を持っておきたかったのです。
 加えて、設計・監理と施工の分離による施工不良や手抜き等を防止したいということもあります。
 
 では、これらに対して建築家ならすべて望みどおりことは進むのでしょうか。

 正直なところ、このことに正解はないと思います。なぜなら、建築家(といってもとても幅広く、そもそも建築家という資格があるわけでもありません。ここでは個人住宅を主に手がける人をさします。)にもタイプはいろいろだからです。
 また、総じて時間を必要とします。ハウスメーカーも色々ですが、契約してプランができてから完成引渡しまで数ヶ月で済むケースもあるようです。(知り合いで、今年に入って契約してプラン作成し、わがやとほぼ同じ時期に地鎮祭を行った方の家は9月に完成するそうです。)
 従って、諸々の事情により時間優先で考える必要があるならば、基本的には建築家との家作りは向かないと考えた方がいいと思います。

 このあたり色々とありますが、一度に長々と書いてもなんなので、またおいおい、ということで連ねていこうと思います。

 わがやは来週上棟式です。
 
 
[PR]
# by finzi | 2004-08-05 23:37 | 家作り
家作り
家作りの作業は、実は昨年から始まっていて、今は既に基礎工事の段階なのです。
経過としては半分以上来ていますが、とにかくつれづれなるままに、書き込んでみたいと思います。

もちろん家のことだけでなく。。
[PR]
# by finzi | 2004-08-05 13:20 | 家作り
スカウター : 家作りその他つれづれなく
ASPアクセス解析