建築家との家作りはひとまず終了。このプロセスで思うことやら、住んでからの感想とか、まったく関係ないことまで、色々と連ねてみようかと。過去記事へのコメント/TB、お待ちしてます!
by finzi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
NO MAN'S LAND/旧フランス大使館
13日の土曜日、雪まじりの雨が降る中、広尾にあるフランス大使館に行ってきました。
表題にある、「NO MAN'S LANDー創造と破壊@フランス大使館」というイベントに足を運ぶためです。
フランス大使館は1957年に設計された旧庁舎から、隣に新しく建築された新庁舎へ昨年11月に移転したそうですが、この旧庁舎そのものをキャンバスとしてそのものをアートにしてしまうというのが今回の試みだそうです。日本やフランスを中心に各方面で活躍する名だたるアーティスト、あるいはこれから羽ばたこうという若手などが参加しています。彼らの多種多様な作品が、もとは各部門の執務室であったり、ビザなどの発給を行うような窓口の部屋だったり、大使の部屋だったり、あるいは廊下や階段といったありとあらゆる場所を使って表現されていました。

それらの作品そのものについては、既にやまほどブログなどを通して色々な人が発信しているので、それはそちらにお任せするとして、個人的には大使館という建てものそのものに非常に興味がありました。

日本国内とはいえそこは一歩踏み入れれば法的な意味も含めてその国そのものなわけです。以前、デンマーク大使館スウェーデン大使館などの中には足を踏み入れたことがありますが、やはりそれぞれの国の雰囲気は十分に感じることができました。今回は実際には既に稼働していない場所であり、アート作品の色に染まっている部分はあるゆえに、直接的な空気を感じることは無論難しいものでした。しかしながら、つい先日までは実際に大使館として機能していたということを想像しながら歩き回ってみると、なんとなくですがやはりここは外国だったんだな、と感じさせる雰囲気はありました。それは設備として残る日本とは形の違うコンセントがあったり、ところどころに残るフランス語の表記だったりというぐらいではありましたが。

このイベントは非常に人気が高く、雪も混じる寒い中でも多くのギャラリーが集まっていました。あまりの人気ぶりに当初は1月一杯だった会期を2月18日まで延長したのだそうです。
b0007893_231844100.jpg

b0007893_23191627.jpg

時代を感じさせるウエスティングハウス社製のエアコン。これって最後までずっと使っていたものなんでしょうね。すごい。写真がちょっとぼけているのが残念ですが、実はこれが個人的には一番のアート作品だったんじゃないかと(すみません)印象に残るものでした。
b0007893_23194311.jpg

このイベントが終わった後はマンションになってしまうそうです。なんか無粋な感じですが・・
b0007893_2320640.jpg


[PR]
# by finzi | 2010-02-14 23:46 | アート
明けましておめでとうございます/2010年
新年、明けましておめでとうございます。

昨年は、夏前以降ほとんど更新をさぼっておりました。時々エントリーしようと思うネタもあるにはあったのですが、どうも腰が重くなってしまいました。色々と忙しくなっているのは事実なのですが、ちょっと情熱が薄れて来てしまっているのかもしれません・・

でも、少しでも記録として残しておくと、あとあと年ごとのできごとが比較できたりして面白いんですよね。その意味で引き続きぽつぽつと続けて行きたいと思います。

ということで今年もよろしくお願いいたします。

b0007893_1933232.jpg
ことしの玄関飾りです。
b0007893_19331593.jpg
両世帯の玄関の様子。
b0007893_1945149.jpg
わがやもまる5年をすぎ早いもので6年目です。あっという間ですね。


2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
[PR]
# by finzi | 2010-01-03 19:46 | つれづれなく
わがやの金木犀2009
さっそく第二弾です。

金木犀。
香りで感じる秋、ですね。道を歩くとほんとうに感じます。普段はあまり気がつかないのですが、春の桜と並んで、時期になると結構色々なところに植わっていることに気がつきます。

graikaさんのエントリーで金木犀の様子が紹介されていました。わがやにも鉢植えですが金木犀があります。こぢんまりとしてはいますが、とてもよい香りを楽しませてくれています。玄関をでると、ふわっと。

b0007893_128157.jpg
後ろには隣の家の地植えの金木犀が見えます。
きれいなオレンジ色も映えます。
b0007893_1291471.jpg
2005年秋の金木犀です。下の現在の写真と比べると、4年も前ということもあって、まだすかすかな感じです。
b0007893_1292363.jpg



にほんブログ村 住まいブログへ
[PR]
# by finzi | 2009-10-12 12:18 | 植栽など
スタート/16年目のMINI
お久しぶりです。
なかなか更新することができずに、過去最高の間が空きました。
といっても誰も気に留めることもないでしょうけど・・

さて、復活第一弾(二弾・三弾があるかは今のところ不明)は、MINIの話。

今年はOLD MINIには記念すべき年です。
イギリス・ロングブリッジの工場からはじめて生み出されたのが1959年。そう、今年はMINI生誕50周年なんです。わがやのMINIは35周年記念車ですが、もうそんなに経つんだと、あらためて実感する今日この頃です。

b0007893_036522.jpg
さて、そんなアニバーサリーな年のわがやのMINIですが、今年は2年ぶりに車検の時期を迎えました。
ここしばらくは本当にトラブル知らずで、少しばかりヒヤヒヤすることもありましたが、ほとんどは一過性で特段の問題もなく、元気に今も走ってくれています。
軽井沢に車をおいてきたり、年に何度もJAFのお世話になったりといったトラブルネタはいくらでもありますが、今やすべてが懐かしい思い出です。

ところで、世の中はエコカーばやりということもあるのか、ショップのかたと話をしていると、やはりエコカー減税をきっかけにMINIからプリウスなどに乗り換えをしたオーナーの方も結構いるのだそうです。しかし、減税を受けるためには売りに出すのではなく、廃車にする必要があります。つまり潰してしまわなければなりません。まだ十分乗ることができるとしても、です。

環境対応をはじめとして、車としての性能は新しい方がより良いのは当然です。しかし、モノの価値というのは、数値化したり可視化したりすることができるものばかりではありません。その意味で、今の自分にはできない選択だなと思います。もし、法的にMINIのようなオールドカーが公道上を走ることを禁止されるようなことになれば別かもしれませんが・・・それまでの間は。
ちなみに、エコカーばやりの雰囲気が増すにつれてに、逆にOLD MINIをほしがる人が増えてきていたりもするそうです。面白いものですね。

わがやはもちろん、車検を通して16年目のスタートです。

わがやとわがやのMINIにとってのこれからの1年は、どんな年になるのでしょうか。

15年目のMINI
MINI/14年目を迎えて
[PR]
# by finzi | 2009-10-11 23:59 | MINI
メラレウカに花が咲く '09
今年もまた季節がやってまいりました。
ふわふわの花がぽつぽつと・・
長崎のハウステンボスにはとてもとてもかないませんが・・・
やっぱり変わった感じなので、通りを歩く人の目をひくようです。指をさして笑顔で話をしている、そんな様子を見るのもとても幸せを感じる瞬間です。
今年は、昨年かなり植木屋さんに剪定してもらったので、少し花のつき具合は少なめですが。
b0007893_2321306.jpg
今日は大雨に見舞われましたが、雨にも負けず、ふわふわしてますした。
b0007893_23215684.jpg

昨年以前の様子です。
2008年
2007年-1
2007年-2
2006
[PR]
# by finzi | 2009-05-31 23:30 | 植栽など
スカウター : 家作りその他つれづれなく
ASPアクセス解析