建築家との家作りはひとまず終了。このプロセスで思うことやら、住んでからの感想とか、まったく関係ないことまで、色々と連ねてみようかと。過去記事へのコメント/TB、お待ちしてます!
by finzi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
タグ:サヴィニャック ( 6 ) タグの人気記事
木屋ギャラリーまもなく閉店
本日、衝撃の事実が・・・

アールデコの装飾美術品全般や、サヴィニャックなどのヴィンテージポスターの専門店である代官山の木屋ギャラリーが、この5月25日で閉店することになったそうです。
5月に入る前後くらいから、お店の前に「SALE」のポスターが貼ってあったりしたを見かけていて、この時期にそんなのやるという印象はないなあと思っていたのですが、そういうことだったかと思いました。

本日、お店から「かくかくしかじかなので、お時間あればお散歩がてらにみにきてください」というお電話をいただきました。1週間後に閉店なんて信じられないと思いつつ、足を運ぶことにしました。

根掘り葉掘りというのも何なので、詳しいお話はうかがいませんでしたが、代表の加藤さんも少し前から色々と思案されていたようで、今回このような結論にいたったようです。
閉店まで時間が短く、限られたスタッフのなかでいろいろとやっていて、バタバタとしている関係上、合間を縫って常連のお客さんなどに電話をして案内しているという状況なんだそうです。
そういう中でわがやにご連絡をいただけたのはすごく嬉しかったのですが、話が話だけにショックの方が大きいです。

今回は事実上最後ということにもなるため、頑張って記念にサヴィニャックのポスターを購入しました。それがこれ。
b0007893_0491695.jpg
DOPという石けんの広告ポスターです。子どもがその石けんを使って頭を洗っているのですが、シャワーになっているのが象の鼻というのが秀逸です。子どもの表情とあわせて、全体に愛らしい雰囲気がサヴィニャックらしさを感じさせるものです。1953年の作品ということなので、彼の全盛期で生き生きとした様子が伝わってくるようです。

木屋ギャラリーでは、いままでサヴィニャックをはじめとする本当に様々な作品をたくさん見せていただきました。美術館などと同様に本物に触れるということの大切さを、しかし肩肘をはらずに学ばせてもらった場所といえます。その意味でも、そんな場がなくなってしまうのは、本当に惜しい限りです。
b0007893_0493484.jpg
サヴィニャックは、彼が亡くなる2カ月前にこのギャラリーのためのポスター制作を行っているのですが、それだけ親交が深かったということでもあるのでしょう。それ故に本物の素晴らしさを伝えることができたのだとも思います。

今は、まだお店が閉店するということが信じられないという状況で、わがやでも少し困惑している状況です。

とにかく、今までありがとうございましたと、まずは記しておくことにします。


にほんブログ村 美術ブログへ
[PR]
by finzi | 2008-05-19 01:07 | アート
LUとLU/Savignac
わがやのインテリアを飾るサヴィニャック(Raymond Savignac)はいくつかありますが、そのうち二つほどは既にこのブログの中でも紹介しています。

ひとつは《Pont de Normandie》(ノルマンディーの橋の開通式のポスター)です。橋によって両岸がつながることを握手する手で象徴したこのポスターは、虹色が目にも鮮やかな作品です。そういえば、この1月〜3月のクールで放送されていた「佐々木夫妻の仁義なき戦い」というドラマの中で、佐々木夫妻(=SMAPの稲垣吾郎と小雪)の部屋に飾ってありました。

もうひとつが、新築のお祝いとして友人夫妻からいただいた《Voyagez à moitié prix 》(フランス国鉄の半額キャンペーンポスター)です。

さて、タイトルにある「LU」ですが、フランスのビスケット会社です。この宣伝広告ポスターもサヴィニャックは手がけているのですが、そのうちのひとつがわがやにもあります。これは、やはり新築のお祝いとして妻の叔母からプレゼントされたものです。
ローラースケートをはいたサンタクロースが、カートの中にLUの商品を入れて走っている(滑っている?)というユーモラスな描写です。

で、今まで実際にLUのビスケットを手にする機会がなかったのですが、近所のスーパーで扱っているというチラシを見て、これは絶対手に入れなければ!ということで買ってきました。
b0007893_03167.jpg
当たり前ですが、同じ「LU」の文字が並ぶとなんだか嬉しいですね。
b0007893_0111710.jpg
もうとっくに食べてしまって手元には残っていませんが。。

[PR]
by finzi | 2008-04-08 00:19 | アート
「パリの空のポスター描き」レイモン・サヴィニャック展/川崎市市民ミュージアムにて
連休中日の4日、川崎市市民ミュージアムで開かれていた「パリの空のポスター描き」レイモン・サヴィニャック展に行ってきました。

昨年大阪のサントリーミュージアム天保山で行われた同名のサヴィニャック展が、関東で催されるというもので、会期が11月5日までということでギリギリとなってしまいました。
ただ、最終日前日の4日は、学芸員による展示解説が行われる日でもあり、せっかくなのでその時間にあわせて行くようにしたのでした。
b0007893_224412100.jpg

午後2時から始まった展示解説には数十名の人が集まって、なかなか盛況でした。
もともとこの市民ミュージアムでも30点ほどのサヴィニャックの作品を所有しているそうですが、大阪で展覧会を行うという話があった時に、ぜひ一緒にということで昨年の展覧会でも所蔵品を出品したのだそうです。

天保山では自ら所有する作品と、上記のとおり川崎からの出品に加えて、個人が所有する貴重な原画などもあわせて百数十点が展示されていたそうです。それに対して、市民ミュージアムは企画展示室の面積が天保山より少し狭い関係上、同じだけの量を並べることができないこともあって、約90点ほどに絞られていたそうです。

ちなみに天保山で原画を提供した個人というのが、昨年末行われた「I+STYLERSでのイベント」や、今年の4月に恵比寿三越で行われたイベントを企画したギィ・アンティックギャラリーの社長さんなわけです。

展示作品については、今までも目にしている作品が結構多くて、初めて目にするものというのが意外に少なかったのですが、ほぼ一点づつ丁寧な解説を聞きながら見て行くというのは、作品そのものに加えてその背景や当時の状況なども含めて知ることができたという面で非常に新鮮でした。

===

川崎市市民ミュージアムのある等々力緑地は、40万平方メートル超のスペースの中に、Jリーグも開催される等々力競技場や野球場などスポーツ施設なども多数擁する緑豊かな場所です。
当日も天皇杯の試合の真っ最中で、オシム監督も来場されていたそうですが、とても賑わっていました。

市民ミュージアムは1988年のオープン以来の歴史を持つ施設なのですが、当初に比べると利用者の数は減っているそうです。地道な取り組みの中、最悪期よりは持ち直しているそうですが、厳しい状況にあることには変わりはないようですね。
今年から、公募で選ばれた初の民間出身として、小田急百貨店出身の方(小田急美術館の館長などもされた経験のある方だそう)が館長になり、一層の取り組みが期待されるところです。

公立・私立を問わず、美術館・博物館の今後というところは、我が国における芸術文化と社会の関わりを改めて問い直す大きなテーマだと思いますが、新館長のもとでの市民ミュージアムの取り組みというのも、そのひとつの試金石なのかもしれません。
ぜひ注目してみたいところです。


にほんブログ村 美術ブログへ
[PR]
by finzi | 2006-11-05 23:34 | アート
新築のお祝いとして/Savignac
新築のお祝いということで、友人夫妻が素敵なプレゼントを持ってわがやに遊びにきてくれました。
それが、このフランス国鉄の半額キャンペーンポスターです。
b0007893_20571086.jpg


この友人は、以前の記事でも記したように、現在わがやの玄関を飾っているSavignacのポスターを購入したときに、ほぼ同じタイミングで同じものを購入していた、という因縁のある人たちです。
彼ら夫妻からは、ずっと以前から新築のお祝いに何かプレゼントさせて欲しいというオファーをいただいていました。それでいろんな案を提示してもらっていたのですが、ひとつにはそもそもお祝いなんて申し訳ない、という気持ちもあり、またいざ決めようと思ってもなかなか決めかねていて(基本的に優柔不断なので・・・)ずるずると延びていたのでした。

以前の記事でもあるように、同じタイミングで同じものを買っていたという事実が発覚したのも、新築お祝いとしてSavignacはどうでしょう、なんて打診があったところからわかったことなのですが、当時は新しく購入したばかりということもあり、他のものの方がいいかな、と思ってペンディングにしていました。

しかし、最近になってあらためて木屋ギャラリーに行った際、このポスターを見て、ふたたびムラムラ(表現へん?)ときてしまい、そうだやっぱりこれにしてもらおうとお願いした、というのがことの次第なわけです。

でも、やっぱり良かった!!
とりあえず今は寝室のチェストの上に置いています。夜寝る前、朝起きた時、いつも拝んで悦に入ってます。

この場を借りて、あらためてお礼を申し上げます。
素敵なプレゼント、本当にありがとう!!
[PR]
by finzi | 2005-12-06 21:15 | アート
サヴィニャック展行ってきました
芸術の秋、あなたは何を楽しむ?

静岡県長泉町にあるビュフェ美術館で、今日から(2005年10月8日)「レイモン・サヴィニャック展」が始まりました。初日マニアということではありませんが、縁があり来年3月28日まである会期の初日に行ってきました。

ビュフェ美術館は、クレマチスの丘という場所にあります。ここは「花・アート・食」をテーマとして、ビュフェ美術館をはじめとた美術館や、広尾の「アクアパッツァ」で知られる日高良実シェフのイタリアン「マンジャペッシェ」などのレストランが富士山麓の自然の中に点在するという、ゆったりとした場所です。
緑が豊かな場所なので、時間があればのんびり散歩するだけでも、とても気持ちが良さそうなところでした。
今日はあまり時間もなくあいにくの天候だったため、ゆっくりと見て回ることができず残念でしたが、滞在中は時折晴れ間もみえたりするぐらいだったのが不幸中の幸いでした。
b0007893_055488.jpg
ビュフェ美術館は1973年にオープンしたそうですが、建築家の菊竹清訓氏の設計によるものだそうです。細かいところで多少の古さは感じるとも「自然と共存する美術館」というコンセプトは色あせず十分に堪能することができます。建物内部の構造も変化に富んで建築素人にも十分楽しめました。この建物だけでもまた一見の価値があるように思います。

b0007893_073760.jpg

b0007893_075222.jpg企画展示室は大きな吹き抜け空間にありました。そのゆったりとした空間の中に約80点の作品が並んでいます。どれも本当に愛すべき作品だと思います。細かい内容は是非現地でご覧いただくとして、ポスターの原画がいくつか展示されていたのには素直に感動してしまいました。

b0007893_0174481.jpg今回の企画展のチラシにも使われているルノーR4のポスターが原画とともに展示されており、それらを見比べることができました。その原画は年季が入って染みや欠けがありましたが、それ故に味がありました。また、今回の企画展に協力している木屋ギャラリーのロゴもサヴィニャックの手によるものですが、彼が亡くなる直前の2002年8月(亡くなったのは10月)に書かれたという原画もありました。

その死の直後にフランス広告業界が彼に敬意を表し、パリ市内や地方、高速道路の脇の看板など多くの場所に掲出したのが、下のポスターだそうです。そこには、「さようなら ありがとう サヴィニャック」と書かれています。その存在の大きさ、そしてどれほどまでに愛されていたかということが、偲ばれるものでした。
b0007893_0222477.jpg
何はともあれ、百聞は一見に如かずということで、是非足をお運び下さい。自分の住む東京からは決して近い距離とは言えませんが、サビニャックが好きな方なら行く価値はあるのかなと思います。


※展示室の写真は関係者含めて結構写している人がいて、不可とも表示がなかったので撮っています。。
[PR]
by finzi | 2005-10-09 00:55 | アート
Savignacポスター額装
b0007893_032011.jpg玄関です。

もともとここには絵を飾ることを考えていたので、はじめからピクチャーレールをつけておいてくれたのでした。
いままでずっとそのままだったのですが、ようやく飾るにふさわしい自分たちの気に入ったものが手に入りました。

それがレイモン・サヴィニャックのポスターです。日本でも人気のこのフランスのポスター描きは、非常にたくさんの作品を残しています。今回のものは、その中でも比較的新しい(つまり晩年に近い)1995年の作品で、ノルマンディー地方にできた新しい橋の開通式のポスターだそうです。ギャラリーにはたくさんのポスターがあったのですが、その中でも特に色が鮮やかできれいなこの作品を選びました。このポスターの向かい側に親世帯玄関との仕切り扉があるのですが、ここに使っている水色が虹(橋)に使われている水色とほとんど同じ感じで、とてもぴったりでした。

その昔、彼の描いた作品が、駅や工事中のビルの覆いや、その他いたるところに張り出されていたわけですよね。その当時の様子をこの目で見たかったです。うらやましい限り・・・。

サヴィニャックについては、大阪のサントリーミュージアムで現在展覧会が開かれていますね。また、今月号の芸術新潮でも特集されています。

全然関係ありませんが、このポスターを購入したとき、ほぼ同じタイミングで友人夫婦がまったく同じものを購入していたそうです。その友人夫婦が、わがやの新築祝いにサヴィニャックのポスターはいかがでしょう、なんて打診をしてきたので、実はちょうど買ったばかりなんだ、ということでこのポスターの話をしたら、向こうも同じもの買ったなんて話になって・・・ほんとにびっくりでした。ついでに、買ったところが彼らは代官山の木屋ギャラリーで、われわれはその恵比寿三越のショップだったという。。何から何まで偶然づくしで、ほんとこんなことがあるんですね。

残念ながら、木屋ギャラリーの恵比寿三越店は8月閉店してしまいました。のぞきやすかったので良かったんですけどね。

[PR]
by finzi | 2005-06-15 00:29 | アート
スカウター : 家作りその他つれづれなく
ASPアクセス解析