建築家との家作りはひとまず終了。このプロセスで思うことやら、住んでからの感想とか、まったく関係ないことまで、色々と連ねてみようかと。過去記事へのコメント/TB、お待ちしてます!
by finzi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ:デザイン ( 6 ) タグの人気記事
木屋ギャラリーまもなく閉店
本日、衝撃の事実が・・・

アールデコの装飾美術品全般や、サヴィニャックなどのヴィンテージポスターの専門店である代官山の木屋ギャラリーが、この5月25日で閉店することになったそうです。
5月に入る前後くらいから、お店の前に「SALE」のポスターが貼ってあったりしたを見かけていて、この時期にそんなのやるという印象はないなあと思っていたのですが、そういうことだったかと思いました。

本日、お店から「かくかくしかじかなので、お時間あればお散歩がてらにみにきてください」というお電話をいただきました。1週間後に閉店なんて信じられないと思いつつ、足を運ぶことにしました。

根掘り葉掘りというのも何なので、詳しいお話はうかがいませんでしたが、代表の加藤さんも少し前から色々と思案されていたようで、今回このような結論にいたったようです。
閉店まで時間が短く、限られたスタッフのなかでいろいろとやっていて、バタバタとしている関係上、合間を縫って常連のお客さんなどに電話をして案内しているという状況なんだそうです。
そういう中でわがやにご連絡をいただけたのはすごく嬉しかったのですが、話が話だけにショックの方が大きいです。

今回は事実上最後ということにもなるため、頑張って記念にサヴィニャックのポスターを購入しました。それがこれ。
b0007893_0491695.jpg
DOPという石けんの広告ポスターです。子どもがその石けんを使って頭を洗っているのですが、シャワーになっているのが象の鼻というのが秀逸です。子どもの表情とあわせて、全体に愛らしい雰囲気がサヴィニャックらしさを感じさせるものです。1953年の作品ということなので、彼の全盛期で生き生きとした様子が伝わってくるようです。

木屋ギャラリーでは、いままでサヴィニャックをはじめとする本当に様々な作品をたくさん見せていただきました。美術館などと同様に本物に触れるということの大切さを、しかし肩肘をはらずに学ばせてもらった場所といえます。その意味でも、そんな場がなくなってしまうのは、本当に惜しい限りです。
b0007893_0493484.jpg
サヴィニャックは、彼が亡くなる2カ月前にこのギャラリーのためのポスター制作を行っているのですが、それだけ親交が深かったということでもあるのでしょう。それ故に本物の素晴らしさを伝えることができたのだとも思います。

今は、まだお店が閉店するということが信じられないという状況で、わがやでも少し困惑している状況です。

とにかく、今までありがとうございましたと、まずは記しておくことにします。


にほんブログ村 美術ブログへ
[PR]
by finzi | 2008-05-19 01:07 | アート
アントニン&ノエミ・レーモンド/神奈川県立近代美術館鎌倉
b0007893_23171821.jpg過日エントリーをしていた「建築と暮らしの手作りモダン アントニン&ノエミ・レーモンド」展のために、この日曜日に鎌倉にある神奈川県立近代美術館を訪れました。
さわやかな気候で、ちょっと遠出をするのにふさわしい日でしたが、その分鎌倉の街は人であふれかえっていました。

b0007893_23223790.jpg
鎌倉駅から徒歩10分程、鶴岡八幡宮の境内に目指す美術館はあります。坂倉準三さん設計による建物は、平家池のほとりに落ち着いた佇まいを見せていました。

展覧会は、予想にたがわぬ充実した内容でした。

過日のエントリーでも参照した2007年9月24日の日経新聞の記事にもあったように、「人間としてのレーモンド」「国境を越えた人間どうしの触れ合い」といったテーマにかなったものになっていたと思います。アントニンとノエミの二人が二人三脚のように歩み続けた歴史が良く分かりました。
一方、同じ記事の中で「設計図や模型が並ぶ建築展ではなく」という記述もあったので、そういったものがほとんどないのかと思っていたのですが、やはりそんなことはありませんでした。これは予想が外れました。
むしろ、ノエミさんが描いた透視図や吉村順三さんの手による平面図や透視図などの図面類が充実していたことで、単に図面が並んでいるだけのものではない、という意味で普通の建築展とは違っていたのかもしれません。
b0007893_0462681.jpg
画像引用元:港区立図書館「港区ゆかりの人物データベース」

時代を追って色々な作品が並んでいるわけですが、麻布笄町以前にあった霊南坂の自邸には驚きました。内外装ともに打ち放しの鉄筋コンクリート造という建物ですが、これが大正末〜昭和初めに建てられたものであるというのです。全体としてきわめて幾何学的でモダンな印象ですが、3畳と4畳半のたたみ部屋があり、建物が囲む庭は松の木も植えられた日本風でもあり、それらが違和感無く同居していると感じました。

しかしなんといっても、過日のエントリーでも余談として触れた、「聖アンセルモ目黒教会」ですね。本当にかっこいい!いまは亡きわが母校(教会はちゃんとあります!)。誇りです。図録にもカバー裏の折り返し部分にアンセルモの写真が使われていました。ここに小さな子どもが写っているのですが、幼稚園の園児ですね。いつ頃の写真かはわかりませんが、制服姿が懐かしいです。

そういえば、1976年にアントニン・レーモンドが亡くなった際、ここ聖アンセルモ教会で追悼式が営まれたと年表にありました。まさにこのとき、ここの幼稚園に通っておりました。もちろん、そんな大きなイベントがあったなどということは覚えてもいませんが。。

展示の最後は、レーモンドの教え子であった前川國男さん、吉村順三さん、ジョージ・ナカシマさん、そして増沢洵さんの4人の作品が展示されてました。彼らとの結びつきがあってのレーモンドという意味で、最後の締めにふさわしいものだったと思います。

b0007893_2329851.jpg
神奈川県立近代美術館鎌倉館は、設計の坂倉さんがコルビュジエの弟子であり友人であったということも大いに感じさせる建物だと思います。ピロティと大谷石が支える2階建ての建物は、軽快ですが決して軽薄ではなく、モダニズム建築の世界的な代表例というにふさわしい風格を備えています。
残念ながら、第三展示室が耐震上問題があるということで閉鎖されていました。よい解決策が見つかると良いのですが。


にほんブログ村 美術ブログへ
[PR]
by finzi | 2007-10-09 00:23 | アート
アントニン&ノエミ・レーモンド/鎌倉
またまた告知系(もう始まっていますが)です。

先日、「ウェグナーに座ろう」という企画展が、アントニン・レーモンドの旧宅を模した高崎哲学堂で開かれるという記事をエントリーしました。

そのレーモンドですが、現在神奈川県立近代美術館鎌倉館で、「建築と暮らしの手作りモダン アントニン&ノエミ・レーモンド」展が開催されています。

レーモンドは、先日のエントリでも記述した「群馬音楽センター」の他にも「南山大学」他数々の建築を造った他に、前川國男さん吉村順三さんといった名だたる建築家を育てたことでも知られる存在です。

しかしながら、今回の企画展の特徴は、単にレーモンドの建築作品を中心としたものではなく、フランス出身のデザイナーである妻ノエミとともに歩み、欧米と日本の架け橋であり続けた夫妻の足跡をたどる、というものなのだそうです。

9月24日(月)の日本経済新聞36面(文化欄)に、「建築家が東西に架けた橋」と題して、今回の展覧会に携わった研究者である、中原まりさんの文章が掲載されています。
その中では、「設計図や模型が並ぶ建築展ではなく、人間としてのレーモンドを紹介したい」という思いがあることが記されています。弟子である吉村氏らとの交流など、「国境を超えた人間同士の触れ合いと交流から生まれた豊な芸術がレーモンド夫妻の仕事だったのである。」という締めの文章が、この展覧会の意味付けを示しているのだと思います。

そういえば、神奈川県立近代美術館の鎌倉館は坂倉準三さんの設計によるもの。色んな面でも見応えのありそうなこの展覧会は、10月21日(日)まで開催されています。これもまた是非足を運びたいところです。

以下余談です。
[PR]
by finzi | 2007-09-26 23:15 | アート
ウェグナーに座ろう/高崎哲学堂
昨日ぶりの更新です(苦笑)

今年天寿を全うされたデンマークの偉大なデザイナー、ハンス・J・ウェグナーさん。彼を偲び、リスペクトする催しが色々なところで催されています。その一つともいえると思いますが、彼の椅子を集めて実際に座ることを通して、座ることの楽しさを創り出したウェグナーの世界を感じようという企画展が、高崎で開かれます。

b0007893_22442236.gifこの企画展は、昨年のデンマーク家具研修旅行でご一緒した、高崎在住で主にプロダクトデザインを中心に活動されているデザイナーの方から教えていただきました。
それが、「ウェグナーに座ろう」です。

今回の企画展は、高崎デザイナーズアクトというグループが主催しています。
このグループは、群馬県高崎市近辺を中心に活動されている、いろいろなデザイナーの方々有志の集まりだそうで、前述の方も参加されています。その活動の具現化の第一弾が、この「ウェグナーに座ろう」ということだそうです。

出展される椅子の多くは、個人で実際にお持ちになっているものなんだそうです。所有者のそれぞれの思いが詰まった椅子たちに、実際に座らせていただけるというのもいいですね。
また、期間中のイベントとして、デザイナーの長大作さんと建築家の中村好文さんの講演会も予定されているそうです。

長さんは昨年、世田谷美術館で開かれた「クリエイターズ」で実際にお会いしてお話をうかがう幸運に恵まれた(たまたま隣にいただけですが・・・)ということもありました。またお話を伺う機会が持てるとなれば、可能ならばぜひ参加したいところです。(長さんは自らも所有されているウェグナーの名作、「The Chair」を出品されるそうです。)
中村さんも、わがやを設計してくれた事務所の担当スタッフが教えを受けたこともあるそうで、こちらもぜひ伺いたいですね。

さて、ウェグナーの椅子がテーマの今回の企画展ですが、もう一つ見逃せないポイントがあります。それは、この企画展の会場である「高崎哲学堂」です。
ここは高崎の実業家であり群馬交響楽団の創設に関わるなど芸術・文化活動も積極的に行った、井上房一郎氏の旧宅です。そして特筆すべきは、ここが建築家アントニン・レーモンドの麻布笄町にあった自邸を模して建てられたものだということ。井上氏が実際にレーモンド邸を訪れて、その素晴らしさに感激し、彼の許しを得て自邸として建築した、といういわれがあるそうです。
その後、レーモンドは群馬交響楽団の本拠となる群馬音楽センターの設計を行い、それは彼の代表作の一つとして、今も現役です。

麻布笄町の家は現存していないこともあり、レーモンドの建築を知る術としても、非常に重要な位置づけの建てものであるといえるでしょう。

レーモンドの住まい(と同じもの)にウェグナーの椅子とは、なんて素晴らしく、素敵なコラボレーションなんでしょう。

開催期間は2007年10月6日(土)〜28日(日)までです。
決して近いとはいえませんが、わざわざ足を運ぶ価値は多いにありそうです。


にほんブログ村 住まいブログへ
[PR]
by finzi | 2007-09-24 23:31 | インテリア
さよならHans.J.Wegner/デンマークデザインの巨匠
ハンス・J・ウェグナー(Hans.J.Wegner)
言わずと知れた北欧のデザインの巨匠。

去る1月26日、お亡くなりになったそうです。享年92歳。
まさに大往生といえるでしょう。

デンマーク大使館商務部の山中さんが発行されているメルマガ「日本人に役立つデンマーク情報」で知りました。

我が家でもウェグナーの椅子を愛用しています。
いわゆるY-chairとCH-36という二種類。

実は昨年のデンマーク旅行は、デンマーク大使館山中さん主催(!?)の家具研修旅行に参加したのです。(そういえばブログ全然更新せずに放置でしたね〜)
で、その旅の中でY-chairなどを作っているカール・ハンセンの本社工場にも行き、実際の製作工程を目にすることができました。
自分が普段使っている椅子もああやって作られたのだなと思うと、感慨もひとしおだったのですが、そこはウェグナーの思いが詰まった場所でもあるのかなと思いました。

そういったことからも、さらに身近に感じる存在となっていたのですが、加えていえば21世紀の初日に亡くなった自分の祖母と、生まれ年が同じということからも妙な親近感を持っていました。

メルマガの中でも取り上げられていましたが、現地の新聞「The Copenhagen Post」の2月2日の記事で、ウェグナーのことが記事になっていたようです。

その中では、彼の生い立ちから偉大な家具デザイナーになるまでのことが記されています。
しかし、印象的なのは、彼の作品が今や高級品のように扱われていることに対して、それがとても不本意なことであるという話でした。

「That was never the intention. I specifically emphasised that the chairs should be affordable for all types of people.」
〜それは決して意図したことではなく、椅子は誰にでも手頃なものであるべきということ。。。

という感じでしょうか。

芸術作品ではなく日常のシーンにおいて見た目としてのデザインはもちろんのこと、使い勝手にすぐれ扱いやすく、長持ちし、普通に使うことができるもの。
これが彼の目指したものなんだろうと思います。

飛躍的かもしれませんが、柳宗悦らの民藝運動における「用の美」に通じるものがあるような気もします。

「A chair is only finished when someone sits in it.」
〜椅子は最後に誰かが座って完成する。。

良いデザインをありがとう!そして、お休みなさい。


にほんブログ村 住まいブログへ
[PR]
by finzi | 2007-02-20 01:15 | インテリア
サヴィニャック展行ってきました
芸術の秋、あなたは何を楽しむ?

静岡県長泉町にあるビュフェ美術館で、今日から(2005年10月8日)「レイモン・サヴィニャック展」が始まりました。初日マニアということではありませんが、縁があり来年3月28日まである会期の初日に行ってきました。

ビュフェ美術館は、クレマチスの丘という場所にあります。ここは「花・アート・食」をテーマとして、ビュフェ美術館をはじめとた美術館や、広尾の「アクアパッツァ」で知られる日高良実シェフのイタリアン「マンジャペッシェ」などのレストランが富士山麓の自然の中に点在するという、ゆったりとした場所です。
緑が豊かな場所なので、時間があればのんびり散歩するだけでも、とても気持ちが良さそうなところでした。
今日はあまり時間もなくあいにくの天候だったため、ゆっくりと見て回ることができず残念でしたが、滞在中は時折晴れ間もみえたりするぐらいだったのが不幸中の幸いでした。
b0007893_055488.jpg
ビュフェ美術館は1973年にオープンしたそうですが、建築家の菊竹清訓氏の設計によるものだそうです。細かいところで多少の古さは感じるとも「自然と共存する美術館」というコンセプトは色あせず十分に堪能することができます。建物内部の構造も変化に富んで建築素人にも十分楽しめました。この建物だけでもまた一見の価値があるように思います。

b0007893_073760.jpg

b0007893_075222.jpg企画展示室は大きな吹き抜け空間にありました。そのゆったりとした空間の中に約80点の作品が並んでいます。どれも本当に愛すべき作品だと思います。細かい内容は是非現地でご覧いただくとして、ポスターの原画がいくつか展示されていたのには素直に感動してしまいました。

b0007893_0174481.jpg今回の企画展のチラシにも使われているルノーR4のポスターが原画とともに展示されており、それらを見比べることができました。その原画は年季が入って染みや欠けがありましたが、それ故に味がありました。また、今回の企画展に協力している木屋ギャラリーのロゴもサヴィニャックの手によるものですが、彼が亡くなる直前の2002年8月(亡くなったのは10月)に書かれたという原画もありました。

その死の直後にフランス広告業界が彼に敬意を表し、パリ市内や地方、高速道路の脇の看板など多くの場所に掲出したのが、下のポスターだそうです。そこには、「さようなら ありがとう サヴィニャック」と書かれています。その存在の大きさ、そしてどれほどまでに愛されていたかということが、偲ばれるものでした。
b0007893_0222477.jpg
何はともあれ、百聞は一見に如かずということで、是非足をお運び下さい。自分の住む東京からは決して近い距離とは言えませんが、サビニャックが好きな方なら行く価値はあるのかなと思います。


※展示室の写真は関係者含めて結構写している人がいて、不可とも表示がなかったので撮っています。。
[PR]
by finzi | 2005-10-09 00:55 | アート
スカウター : 家作りその他つれづれなく
ASPアクセス解析