建築家との家作りはひとまず終了。このプロセスで思うことやら、住んでからの感想とか、まったく関係ないことまで、色々と連ねてみようかと。過去記事へのコメント/TB、お待ちしてます!
by finzi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ:家作り ( 11 ) タグの人気記事
明けましておめでとうございます/2012年
明けましておめでとうございます。

昨年は、公私ともにいろんなことがありました。
今年もいろんな意味で休まるときはないように思いますが、しっかりと進みたいと思います。

ブログについては、昨年のお正月に記録の役割に徹すると宣言はしたものの、その役割すら機能していないような気もしますが、まあそれはそれで道なりに行きたいと思います。

過去のお正月エントリー
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年

元旦の日のわがや。はやいもので8回目のお正月でした。
b0007893_11294327.jpg
お正月飾り。
b0007893_11271870.jpg

ということで今年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by finzi | 2012-01-03 11:24 | つれづれなく
明けましておめでとうございます/2011年
新年、明けましておめでとうございます。

もういまさら更新がどうとかというのは意識するのはやめて、毎年の記録としての役割に徹します。
別に宣言するようなことでもないし、もはやそうなってますが・・

少なくとも毎年の繰り返しイベントは、ここまで蓄積がされて来ている以上、途切らせてしまうのはもったいないですからね。
過去のお正月エントリー
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
b0007893_11223539.jpg
玄関のお正月飾りです。毎年恒例のもので、立体感があって賑やかな感じがいいです。
b0007893_11224533.jpg
お正月のわがや。7年目に入りました。
b0007893_11431917.jpg
わがやのミニは17年目です!

今年もぼちぼちとよろしくお願いいたします。
[PR]
by finzi | 2011-01-03 11:45 | つれづれなく
明けましておめでとうございます/2010年
新年、明けましておめでとうございます。

昨年は、夏前以降ほとんど更新をさぼっておりました。時々エントリーしようと思うネタもあるにはあったのですが、どうも腰が重くなってしまいました。色々と忙しくなっているのは事実なのですが、ちょっと情熱が薄れて来てしまっているのかもしれません・・

でも、少しでも記録として残しておくと、あとあと年ごとのできごとが比較できたりして面白いんですよね。その意味で引き続きぽつぽつと続けて行きたいと思います。

ということで今年もよろしくお願いいたします。

b0007893_1933232.jpg
ことしの玄関飾りです。
b0007893_19331593.jpg
両世帯の玄関の様子。
b0007893_1945149.jpg
わがやもまる5年をすぎ早いもので6年目です。あっという間ですね。


2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
[PR]
by finzi | 2010-01-03 19:46 | つれづれなく
明けましておめでとうございます/2009年
新年、あけましておめでとうございます。

気がつくと2008年もあっという間に過ぎ去ってしまったように感じます。
昨年は特に仕事の面で(物理的にも精神的にも)忙しくなったこともあり、なおさらだったような気がします。そのため、ただでさえ少なかったブログの更新が本当に滞ってしまいました。イギリス旅行の続きも続かず・・。何よりコメントをつけていただいたのに放置状態にしてしまったのは本当に申し訳ありませんでした。この場を借りてお詫び申し上げます。

さて、明けて2009年。今年はさらに混沌としそうです。なので、昨年以上にブログの更新は滞ると思います。でも、やめるつもりはありませんので、ほどほどに見放さずにおつきあいいただければ幸いです。

今年の玄関のお正月飾りもまた、いつもと同じお花屋さんでのセレクトです。今年は今まで以上に賑やかな感じです。
b0007893_22134551.jpg
これまた久々やまぼうしは、完全に裸になっています。
b0007893_22135624.jpg

新居に越してから、はやいもので5回目のお正月です。
寒い日も続きますが、晴れ間が続くこの年末年始の家の中は快適です。特に2階は、日中であれば陽が入ることもあって、暖房なしでも20度以上の室温が保たれます。結果として経済的にもいいのだと思います。

もっとも、夏場はその日差しが故にとんでもなく暑くなったりしますので、冬専という感じもあります。吉田兼好の『徒然草』で「家のつくりようは夏をもって旨とすべし」と記述されているとおりとすれば、出来の悪い家になってしまうのかもしれませんが・・・それだけお日さまの恩恵を受けているということで、それはそれで贅沢なんだと思います。むしろ感謝しなければ、ですね。

2005年
2006年
2007年
2008年
毎年の様子をすぐに振り返ることができるのは、ブログの良さですね。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 住まいブログへ
[PR]
by finzi | 2009-01-01 22:47 | つれづれなく
2巡目のキシラデコール塗り'08
わがやのデッキ部分のキシラデコール塗りは、
2006年4月第一回の親世帯バルコニーと子世帯サービスヤード
2006年4月第二回の子世帯バルコンデッキと洗濯干場のデッキに外扉
2007年9月のバスコート
ということで3回に分けて一応一回りしたのですが、最初の塗りからは早いもので2年経過し、またまた時期がやってきてしまいました。

連休最終日の11月3日は、朝からずっと天気は曇りということもあり、塗りにはいまいちではあったのですが、先送りするのもなんなので、とりあえず子世帯バルコンデッキの1カ所だけ塗りを実行しました。

まず朝を食べる前に水洗いして汚れを落としたのですが、曇りで風もないためになかなか乾いてくれませんでした。そのため、本当なら午前中のうちに一度目の塗りを行う目論見だったのですが、結局お昼頃からになってしまいました。
そしてまた乾かしてから2度目の塗りを始めた時は夕方となってしまいました。なんとか、日が落ちる前には塗り終えたのですが、終わった段階で暗闇で仕上がりがよくわかりませんでした。まあとりあえず翌朝見たときには、そこそこな感じにはなっていたので一安心ではありました。
b0007893_2365088.jpg
今回がいままでと大きく違う点は、養生をほとんど、というか全くしなかった点です。前回はかなり念入りに養生シートなどを貼るようにしたため、それだけで相当の時間と体力を使いましたが、前回の経験上ある程度慎重にやればそこまでしなくてもいい、ということが分かっていたので、余計なことはしませんでした。多少は汚れた部分もあったとは思いますが、気になるようなレベルではないと思います。

やはり経験して分かること、そしてそれを生かすことっていうのは大事だなと、あらためて思いました。

とりあえず終わった今でも塗料の臭いが部屋の中にも残っているので、それはちょっとつらいです。とはいえ、やはり塗った後は気持ちがいいですね。

まだあとやらなければならない場所は残っているので、早いうちに片を付けたいとは思います。

にほんブログ村 住まいブログへ
[PR]
by finzi | 2008-11-04 23:33 | エクステリア
障子の張替え '08
本日は、たたみルームにある障子の張替えを行いました。

新築からまる三年以上経過しましたが、いままで一度も張替えはやってきませんでした。下の方は破けてしまっており、かなり恥ずかしい状態だったため、早々にとは思いながら、なかなか時間がとれずにきてしまいました。で、今回ようやく着手したわけです。

用意したものは、
・張替え用の障子紙
・刷毛
・タオル(水を染ませて障子紙をはがす際に使う)
・障子貼り用の糊
・テープ(仮止め用)
・定規
・カッター
っていう感じでしょうか。

まずは、古い障子をはがすわけですが、障子裏側桟ののりのはってある部分を刷毛や水を染ませたタオルなどで濡らして、しばらくした後(数分)にゆっくりはがしました。
b0007893_23255677.jpg
1枚目の障子をはがす際に、はじめは濡らす水の量を抑えめにしていたのですが、それだとしっかりと浸透せず、剥がすときに苦労しました。なので、水の量は結構多めが良いようです。2枚目はかなりあっさりとはがすことができ、かつ紙やのりが残る量も圧倒的に少なくてすみました。これは結構気持ちが良かったです。(※1)
このあと、桟とかに残った紙やのりをすべてきれいに拭き取り、陰干しで乾かしました。

障子紙のなくなった障子からは外がよく見えます(笑)。
b0007893_018562.jpg
その後、新しい障子紙を貼る工程に移ります。
まず障子の一番上に障子紙をテープで仮止めして、そこから全体に広げて曲がったりゆがんだりしていないかを確認し、いったん戻して桟に糊をつけていきました。この際も、はじめは量を加減して少なめにしてしまったのですが、こちらも結構多めで良かったようです(桟から少し糊がはみ出るぐらいでOK)。
しばらく乾かした後に、定規(※2)とカッターで余計な紙をカットして一応完成、という次第でした。

張替えた後は、やはり明るさが変わりました。全然違うものですね。やっぱり毎年ちゃんとやった方がいいのかな。まあ今回で何となくコツはつかめたので、次回はそれなりにスムーズにはできると思います。何事も経験ですね。

b0007893_0202142.jpg
ちなみに、左側は寸足らずのようですが・・買ってきた障子紙のサイズが足りずに間抜けなことになってしまいました。2枚分で3.6mというサイズのものだったのですが、実はわがやの障子は紙を貼る部分が2m以上あったので(窓が大きいため)このような事態になってしまいました。事前に寸法は測ったのですが、すっかり忘れてました。
なので、完成に至らずという状況です・・また来週。
あほだ。。。

(※1)このときとばかりに穴をあけたり破ったりすると、ストレス解消にはもってこいの感じもしますが、はがすときに苦労するようです。結局ストレスがたまることになりそうなので、ここは我慢のしどころです(笑)
(※2)定規のサイズは30cmのものを使いましたが、なるべく長い方がやりやすいと思います。

にほんブログ村 住まいブログへ
[PR]
by finzi | 2008-04-05 23:26 | インテリア
バスコートのキシラデコール塗り
久しぶりの更新・・
どんだけ久しぶりなのか。

夏も終わり秋が・・・と思ったらここのところ東京はまた夏のような暑さ。
今日はちょっと落ち着きましたけど、ここのところ最高気温30度から32度とは、真夏ほどではないにしても暑いですね。

台風が関東を襲った頃は、風邪で寝込んでいたりもして、ここのところ個人的にもよろしくない状態でしたが、とりあえず最近はようやく落ち着いてきました。

さて、ひさしぶりの中味としては、、これまた久しぶりの家ネタです。

昨年4月から5月のあたまに、わがやのデッキのメンテナンスとして、キシラデコール塗りを行いました。その際1カ所だけ後回しにしていた、バスコート部分についてずっとほったらかしにしていたのですが、ようやく手を付けることにして、土曜日に実行しました。

b0007893_229848.jpgまず塗りを実行する前の状況がこんな感じ。
かなり色が薄くというか、生気のない感じ(?)節もあらく目立ってしまっています。

ここでキシラデコール登場。
b0007893_22121100.jpg
昨年使ったものがまだまだたくさん残っていたので、それを使いました。

まず午前中に水を流しながらデッキブラシでゴシゴシとやって、ひととおり汚れを落としておきました。お昼を挟んで水が乾くのをまって再開。一応塗ってはまずいところ(照明など)にマスキングテープの養生をした上で、午後2時ころから一度目の塗りを開始。
決して広いスペースではありませんが、照明があったり壁が近かったりということもあるので、慎重に進めます。なので、結構時間はかかって約30分程で終了。
その後、3時間以上は乾かすのに時間がかかるので、放置。

すっかり暗くなった午後6時過ぎから二度目の塗りを開始。今度は要領もつかんでいるので、前よりは多少早く終了。あとは翌朝の仕上がりを待つということで、再び放置。

b0007893_22133350.jpgで、とりあえずなんとなくできあがりました。でも、細かいところで性格がでておりまして、照明周りがかなりいい加減。あと、全体的にムラも多いし、つくずくアバウトだなあと反省するようなしないような(苦笑)

まあ、やんないよりは圧倒的にましでしょう、と言い訳をしつつ、心の中では満足感。
つくづくテキトーです。

来年にはまたバルコンデッキとかやらなければ、かな。これはまた大仕事になりそうですが、それはまた別の話。

にほんブログ村 住まいブログへ
[PR]
by finzi | 2007-09-23 22:30 | エクステリア
竜のひげの青い実。それからやまぼうしとか
この週末、東京はよい天気に恵まれました。

本当はこの日曜日は京都に行こうと思っていたのですが、結局なんだかんだで東京におりました。
日中は天気が良かったこともあり、駐車場の草むしりを。

わがやの駐車場には竜の髭が植えてありますが、どこからともなく色んな草花がやってきては片隅から、あるいは縫うようにして顔を出しています。タンポポなども花を咲かせていました。
ただ、あまりほったらかしにして肝心の竜の髭の居心地が悪くなるようでは困るので、たまにはということで草むしりをしたわけです。
b0007893_0265923.jpg
竜の髭は緑一色の茂みという感じなのですが、よく見ると茂みの中で綺麗な花が咲いていたりするので侮れません。

b0007893_0273326.jpg
そして、今日は草むしりをする中で茂みをかきわけていると、青色をした実がなっているのを発見しました。時期的にはちょっと違うような気もするのですが、近くで見ると結構綺麗に光っている様子をみて、少し和みました。

2階のバルコンデッキではブルーデイジーも一斉に咲いています。
外向きのシンボルツリーであるメラリウカも、その葉先に黄緑色をした新芽がたくさん出てきています。

やまぼうし連合の皆さん(会長邸理事長邸、それから新会員の総統邸)からは続々と新芽が出てきているという報告がアップされていますが、わがやのやまぼうしもたくさん出てきています。残念ながらまだ写真に収めていないので、文字のみのご報告ということで。


にほんブログ村 住まいブログへ
[PR]
by finzi | 2007-04-15 23:50 | 植栽など
住宅建築占い
garaikaさんのエントリーで、住宅建築占いなるものがあって、試しにやってみました。

http://u-maker.com/176694.html

結果は。。。

「柱」でした。

ほう。
大黒柱とかいうし、しっかりものっていうことでしょうか。。
解説を見てみると・・

====
あなたは「柱」です。

・柱さんは、とても優しく、柔らかなムードの持ち主。柔軟性に富んでいて、どんな人でも受け入れられる、懐の広さを持っています。話上手な上に情報収集にも長けているので、あなたとの会話を楽しみにしている人も多いはず。グループのリーダーではなくても、あなたの周りには常に人が集まっていることでしょう。ただ、持ち前の柔軟性が、時として器用貧乏になってしまうことも。特に仕事面では、どんなものでも一定のレベルまでこなせてしまうからこそ、かえって定職につきにくい傾向があります。そんなときは、最も興味のある分野のスペシャリストを目指してみて。恋愛面でも柔軟性が移り気に変わらなければ、素敵な人と楽しい恋を育んでいけます。
・開運一人称は「わが輩」
・今日の運勢は11位で「前髪をアレンジして」
===
なるほどね〜。柱だけどリーダーじゃないんだ。いやいや、なんとなくわかりますけどね。
話し上手かは別として、(好きなことについての)情報収集は進んでやるし好きです。ただ、常に人が集まっているかというと。。友達少ないしな〜。

仕事面で一定のレベルまでこなせてしまう、というのは何かグサリですね。そこそこやるけど頭打ちみたいなところ。定職には就いていますけど。


ていうか住宅建築の話とか全然でてこないですね。このブログのようです(苦笑)


にほんブログ村 住まいブログへ
[PR]
by finzi | 2007-03-25 22:07 | 家作り
3回目のお正月/中の話と外の話
正月2日の東京は、曇りではあるもののとりあえず穏やかな天気となっています。
風がないこともあり、そう骨身にしみるような寒さではないのが幸いです。

我が家は2004年12月の竣工から丸2年、3度目のお正月を迎えました。
最近とみに感じることは、家そのものが温まってきたのでしょうか、この冬(といっても現時点までのところではありますが)断熱の性能が徐々に発揮されているのかな、ということです。

もともと建築家からは、セルロースファイバーの吹き込み断熱を採用することで、家が魔法瓶に近い状態となって、急激に室温が下がることがない、という話を聞いていました。
竣工当初もすきま風のようなものがない分、それなりに効果はあるのかなとは思っていましたが、その前が鉄筋コンクリート造のマンションに住んでいたこともあり、大きな変化を見いだしにくかったのが実際のところでした。

それが、この冬はちょっと違ってきたかな、という感覚が芽生えてきたという感じになってきました。
2階のリビングはもともと陽がよく入ることもあり、天気が良い日には日中暖房をつけなくても22度から24度くらいまでになります。太陽が沈んで暗くなると徐々に室温も下がって行きますが、夜9時頃でも20度前後を保っているときもあります。また、朝起きた時でも10度台半ば前後を維持しているようで、建築家の言葉がなんとなく実感できるようになってきました。

もっとも1階と2階の温度差は結構あり、以前も記したかもしれませんが、階段を降りる途中で急に温度が変わる感じは変わりません。まあ、これは日の入り方が全然違うということもありますし、しょうがないのかなとは思っています。
なので、寝室は1階ですが、冬はやはり2階のたたみルームに布団を敷いて寝る生活ですね。暖かいです。

b0007893_1602868.jpgところで、我が家の隣は昨年後半から建て替え工事を行っています。
我が家と同様に、二世帯住宅。左右完全分離型です。もともとも相当以前にある建築家のかたが設計した趣のある純和風な建てものだったのですが、今回もハウスメーカーではなく地元の建築家に依頼したようで、なかなかいい感じに仕上がりつつあります。
我が家が竣工した時には、隣の家族にもわがやを見てもらって、建築家との家作りについて語ったものですが、そういったところも依頼先選定に役立ったとすれば嬉しいですね。

b0007893_1604018.jpg多分、設計した建築家も我が家の存在は意識しているでしょうし、我が家を含めた街並みに溶け込む自然なテイストに仕上がりそうな感じがしています。
道に面したところも2軒ともかなり開けるので、前を通った人には結構開放感も感じられるし、ある意味インパクトを与えることになるのでは、と思っています。
既に、隣の現場の様子を覗き込んだり、写真をとっているような人もいるみたいですからね。


今年の3月頃には竣工予定ということなので、出来上がりが本当に楽しみです。


にほんブログ村 住まいブログへ
[PR]
by finzi | 2007-01-02 16:32 | 家作り
スカウター : 家作りその他つれづれなく
ASPアクセス解析