建築家との家作りはひとまず終了。このプロセスで思うことやら、住んでからの感想とか、まったく関係ないことまで、色々と連ねてみようかと。過去記事へのコメント/TB、お待ちしてます!
by finzi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
タグ:建築家 ( 3 ) タグの人気記事
「建築の記憶」−写真と建築の近現代/東京都庭園美術館
土曜日、白金の庭園美術館に行ってきました。
現在開催中の展覧会は↓これです。
b0007893_17471855.jpg
「建てられた地から動かすことのできない建築は、実際にそこを訪れない限り見ることはできません。また、様々な理由により形を変えられてしまったり、時代の変化とともに失われてしまうこともあります。したがってわたしたちの建築体験の多くは写真によるものなのです。(中略)本展は、近現代の日本の建築を、同時代の写真家がどのようにとらえたかを辿りながら、建築史と写真史の接点を概観する試みです。(後略)」ちょっと長いですが、展覧会のリーフレットから引用してみました。

そこに指摘されているように、私たちはほとんどの建築を写真やテレビなどのメディアを通して目にしています。
たとえば歴史的な建築物が自分の住む都内にあるといっても、すべてを実際に見に行くことができるわけではありません。国内はもとより世界各地に散らばる名だたる建築物はいわずもがなです。あるいは、既に実物を見たくても絶対にみられないもの、すなわち現存しないものもたくさんあります。
でも、そういったものの多くを私たちは知っています。なぜなら写真で見ることができるものが多いからです。
しかし、その場合にも、あくまでも被写体である建築物そのものへの関心はあっても、ことさらそれが「写真」であることを意識しません。

今回の展覧会は、ある意味では当たり前のようですが、建築の歴史をたどるというのは、すなわち写真の歴史をたどることにも重なるという(少なくとも自分にとっては)新しい視点を提供してくれる非常に興味深いテーマ設定だと感じました。

日本で初めて建築物を対象とする写真を残したのは、薩摩のお殿様だったそうですね。その写真はさすがに見にくいものでしたが、確かに別の角度から見れば、日本における写真の歴史の始まりにも重なるものだといえるのでしょう。
また、明治初期に写された熊本城の様子はとても鮮明で、朽ちている様子など、とても生々しいものでした。1

これらは文字どおり「歴史的」なものですが、それ以外にも成果物としての建築そのものだけではなく、設計途中の模型の写真であったり、建築作業の過程を撮ったものであったりというものも数多くありました。
このように建築にとっても写真にとっても歴史的な意義のある「記録」であり「作品」が多く並べられていて見応えもたっぷりでした。

展覧会は3月末まで開かれています。「リピーター割引」というのがあって、半券を提示すれば2回目以降は団体料金になります。また、ユニークなものとして「ドレスコード割引」ということで、建築物や町並みの模様などが入った服装で来館すると団体料金になるのだそうです。

記念講演会なども予定されているようなので、また行ってみたいと思います。

1)ちなみに今回の展示とは直接関係ありませんが、熊本城は今年が築城400年なのだそうですね。

にほんブログ村 美術ブログへ
[PR]
by finzi | 2008-02-03 18:37 | アート
アントニン&ノエミ・レーモンド/鎌倉
またまた告知系(もう始まっていますが)です。

先日、「ウェグナーに座ろう」という企画展が、アントニン・レーモンドの旧宅を模した高崎哲学堂で開かれるという記事をエントリーしました。

そのレーモンドですが、現在神奈川県立近代美術館鎌倉館で、「建築と暮らしの手作りモダン アントニン&ノエミ・レーモンド」展が開催されています。

レーモンドは、先日のエントリでも記述した「群馬音楽センター」の他にも「南山大学」他数々の建築を造った他に、前川國男さん吉村順三さんといった名だたる建築家を育てたことでも知られる存在です。

しかしながら、今回の企画展の特徴は、単にレーモンドの建築作品を中心としたものではなく、フランス出身のデザイナーである妻ノエミとともに歩み、欧米と日本の架け橋であり続けた夫妻の足跡をたどる、というものなのだそうです。

9月24日(月)の日本経済新聞36面(文化欄)に、「建築家が東西に架けた橋」と題して、今回の展覧会に携わった研究者である、中原まりさんの文章が掲載されています。
その中では、「設計図や模型が並ぶ建築展ではなく、人間としてのレーモンドを紹介したい」という思いがあることが記されています。弟子である吉村氏らとの交流など、「国境を超えた人間同士の触れ合いと交流から生まれた豊な芸術がレーモンド夫妻の仕事だったのである。」という締めの文章が、この展覧会の意味付けを示しているのだと思います。

そういえば、神奈川県立近代美術館の鎌倉館は坂倉準三さんの設計によるもの。色んな面でも見応えのありそうなこの展覧会は、10月21日(日)まで開催されています。これもまた是非足を運びたいところです。

以下余談です。
[PR]
by finzi | 2007-09-26 23:15 | アート
3回目のお正月/中の話と外の話
正月2日の東京は、曇りではあるもののとりあえず穏やかな天気となっています。
風がないこともあり、そう骨身にしみるような寒さではないのが幸いです。

我が家は2004年12月の竣工から丸2年、3度目のお正月を迎えました。
最近とみに感じることは、家そのものが温まってきたのでしょうか、この冬(といっても現時点までのところではありますが)断熱の性能が徐々に発揮されているのかな、ということです。

もともと建築家からは、セルロースファイバーの吹き込み断熱を採用することで、家が魔法瓶に近い状態となって、急激に室温が下がることがない、という話を聞いていました。
竣工当初もすきま風のようなものがない分、それなりに効果はあるのかなとは思っていましたが、その前が鉄筋コンクリート造のマンションに住んでいたこともあり、大きな変化を見いだしにくかったのが実際のところでした。

それが、この冬はちょっと違ってきたかな、という感覚が芽生えてきたという感じになってきました。
2階のリビングはもともと陽がよく入ることもあり、天気が良い日には日中暖房をつけなくても22度から24度くらいまでになります。太陽が沈んで暗くなると徐々に室温も下がって行きますが、夜9時頃でも20度前後を保っているときもあります。また、朝起きた時でも10度台半ば前後を維持しているようで、建築家の言葉がなんとなく実感できるようになってきました。

もっとも1階と2階の温度差は結構あり、以前も記したかもしれませんが、階段を降りる途中で急に温度が変わる感じは変わりません。まあ、これは日の入り方が全然違うということもありますし、しょうがないのかなとは思っています。
なので、寝室は1階ですが、冬はやはり2階のたたみルームに布団を敷いて寝る生活ですね。暖かいです。

b0007893_1602868.jpgところで、我が家の隣は昨年後半から建て替え工事を行っています。
我が家と同様に、二世帯住宅。左右完全分離型です。もともとも相当以前にある建築家のかたが設計した趣のある純和風な建てものだったのですが、今回もハウスメーカーではなく地元の建築家に依頼したようで、なかなかいい感じに仕上がりつつあります。
我が家が竣工した時には、隣の家族にもわがやを見てもらって、建築家との家作りについて語ったものですが、そういったところも依頼先選定に役立ったとすれば嬉しいですね。

b0007893_1604018.jpg多分、設計した建築家も我が家の存在は意識しているでしょうし、我が家を含めた街並みに溶け込む自然なテイストに仕上がりそうな感じがしています。
道に面したところも2軒ともかなり開けるので、前を通った人には結構開放感も感じられるし、ある意味インパクトを与えることになるのでは、と思っています。
既に、隣の現場の様子を覗き込んだり、写真をとっているような人もいるみたいですからね。


今年の3月頃には竣工予定ということなので、出来上がりが本当に楽しみです。


にほんブログ村 住まいブログへ
[PR]
by finzi | 2007-01-02 16:32 | 家作り
スカウター : 家作りその他つれづれなく
ASPアクセス解析