建築家との家作りはひとまず終了。このプロセスで思うことやら、住んでからの感想とか、まったく関係ないことまで、色々と連ねてみようかと。過去記事へのコメント/TB、お待ちしてます!
by finzi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
タグ:柿もぎ ( 7 ) タグの人気記事
2012年/今年も終わりです
早いもので2012年もあとわずかを残すばかりになりました。
怒濤の一年、結局ここまでブログの更新は年始の挨拶にとどまってしまいました。
今となっては存在意義も?ですが、せっかくの記録は残しておきたいので、とりあえずこのまま、本当に気の向く時だけエントリーしたいと思います。

とりあえず、今年のダイジェスト・・・・

■1月 雪が積もり、MINIも埋まりました。
b0007893_23575326.jpg
■2月 仙台のゆるきゃら「むすび丸」に出会いました。
b0007893_012865.jpg
■3月 ミイがやかんに入っていました。
b0007893_055085.jpg
■4月 祐天寺の桜が満開でした。
b0007893_083590.jpg
■5月 家族で手巻きをやりました。
b0007893_0111632.jpg
■6月 やまぼうしに手裏剣がつき、メラレウカが満開となりました。
b0007893_0153662.jpg
b0007893_0155069.jpg
■7月 今年はブルーベリーが豊作でした。
b0007893_01926.jpg
■8月 虹が見えました。
b0007893_0212957.jpg
■9月 はじめて四国高知と倉敷に行きました。
b0007893_0283950.jpg
b0007893_0282477.jpg
■10月 金木犀の香りに満ちました。
b0007893_0303192.jpg
■11月(1) 今年は柿が豊作の年でした。それはそれは甘かったです。
b0007893_05618.jpg
■11月(2) 秋の京都。紅葉がきれいでした。
【永観堂禅林寺】
b0007893_0544654.jpg
【京都国立博物館】
b0007893_0572137.jpg
【東福寺】
b0007893_0574355.jpg
■12月 まだ終わっていませんが・・・近所のイタリアンレストランから大量にいただいた柚子を使った自家製マーマレード。
b0007893_112517.jpg

こんな感じで一年が過ぎました。
実際には色々とあったのですが、まあ楽しい思い出とともに締めくくりたいと思います。
[PR]
by finzi | 2012-12-16 22:00 | つれづれなく
柿もぎ2010
またしても2カ月以上間が空いてしまいましたが、まあ、いつものことということで。

この前は異常に暑い夏のさなかでしたが、今回は秋の恒例行事、柿もぎです。

家の建築中から始めた記録も今年で6回目。本当は昨年もありますが、隔年の法則で量が少ない年で、植木屋さんに全部やってもらってしまったこともあり、記録に残していませんでした。
今考えれば、それはそれでちゃんと残しておけば良かったのですが、まあいまさらですね。
これは過去のイベントの履歴です。
2004年11月8日
2005年11月5日
2006年11月3日
2007年11月3日
2008年11月1日
さて、今年は上述のように隔年の法則により、豊作の年となるわけですが、果たして期待通り、たくさんの実がなりました。
今年は特に夏の異常な猛暑もあったりで、全国的にも柿の出荷量が減っていたりすることもあるようで、(柿に限った話ではなく全般に、ですが)生業としている農家の方には大変な年となってしまいました。
b0007893_18292945.jpg
しかしながら、わがやは当然飯の種ではありませんし、そもそももともとなーんのケアもしてないというものなので、だめならだめでしょうがない、と思ってはいました。でも、結果的にはそんな心配は杞憂に終わり、非常にたくさんの実をつけてくれて、本当に嬉しい限りでした。

そうはいってもいざ収穫作業をしようとすると結構大変で、首は痛くなるし、長い枝キリばさみは重いし、汗だくになってしまいました。
でも、それだけの苦労をする甲斐は、この結果を見れば十分にあるというもので、満足感たっぷりです。
b0007893_18294746.jpg
わが家の柿は、完全オーガニック(笑)そして、甘さにはご近所さんの折り紙付き。実際、甘かった!まあ、種が結構あるのはご愛嬌ということで、これからしばらくたっぷり楽しめそうです!

more:さらに今年は柚子も!
[PR]
by finzi | 2010-11-14 19:01 | 植栽など
柿もぎ2008
ご多分に漏れず、イギリス旅行ネタは遅滞しております。でも終わりにするつもりはありませんので、またあらためて。

さて、毎年恒例11月頭の柿もぎイベントの日がやってまいりました。2004年の建築中のイベントから始まって、今年ではやいもので5回目です。11月1日(土)はイベントにふさわしい天候にも恵まれました。そういえば去年の第4回の際には風邪を引いていたのですが、今年は元気でよかった・・・昨年の「柿もぎ2007」では、隔年の法則に基づき十数個の柿がとれただけで終わりましたが、今年はまた期待に違わぬ成果がでました。
b0007893_20201762.jpg
やまのように実がついています。
b0007893_2021369.jpg
別の角度、中の方から見上げて撮ってみたものですが、そこら中になっています。
b0007893_2029261.jpg
取ったものをさっそく味見。実はそんなに柿が好きなわけではないのですが、自分の家でとれたものなんで味わってみました。見た目はあまりよくないものもありますが、結構甘いしいけてます。楽しみに待っているご近所さんもご満足いただけることでしょう(笑)。
b0007893_2031307.jpg
今回はまだ色づきが薄めで若干早いかなっていうものもありましたので、そういうものはのぞいて、取れる範囲で取る、ということでやりました。なので全部はとっていません。それでもかなりの成果でした。写真はその一部です。まだ他にも袋がありますし、木になったままのものがたくさん残っています。

残りは、他の植栽のメンテナンスもかねて植木屋さんにお願いするつもりです。

来年はまた少ないと思いますが、定期的なイベントとして続けて行きたいと思います。

これは過去のイベントの履歴です。
2004年11月8日
2005年11月5日
2006年11月3日
2007年11月3日
こういう蓄積があるとブログやっててよかったなと思います。(もとはそういう記録のつもりで始めたものなので、所期の目的が達せられているとはいえるので)

おまけのやまぼうし。結局あまり進捗報告してませんでした・・・連合のみなさん、すみません。
b0007893_20414116.jpg
色づき始めた感じです。

[PR]
by finzi | 2008-11-01 20:11 | 植栽など
柿もぎ2007
今日は雨。しかも自分は先週から引いている風邪が引き続きです。寒いですが、皆さんもご自愛くださいませ。

さて、タイトルの柿もぎです。
例年11月の頭頃のイベントな訳ですが、今年も同じタイミングでした。つまりは先週末の話です。遅ればせながらのご報告、ということで。
加えて、その週末から具合が悪かったので、実際には自分はほとんどやっていません。(最後の1個をとったくらい)妻と母でわいわいやっているのを、ベッドで聞いていたという状況でした。

2004年の建築工事中の際から、昨年までの様子は以下のとおりです。
2004年11月8日
2005年11月5日
2006年11月3日

そして、今年はというと・・・
b0007893_23283454.jpg
見事に実のなる木の隔年の法則が成立しています。これがほぼ全て。ブログに記録を残しているこの4年の間で、一番少ないですね。
でも、少ないながらに大きさはそれなりにあって、案外甘かったようです。
例年のごとくお隣さんにもお裾分けをしたのですが、売ってるものでもこれほど甘いのはそうはない、というお言葉もいただいたそうです。
b0007893_23285827.jpg
これも毎年のお約束として、「木守り」として一つ残し、来年の豊作を願います。
きっと来年はすごいことになりますよ(笑)

最後におまけ。
久しぶりのやまぼうしです。
結局今年も実はならず、紅葉が始まりました。たぶん、広くはない中庭ゆえ、風通しの問題とかできっと実がなりにくいのだと思います。でも、相変わらず縦に横に元気です。
b0007893_23291387.jpg
もう少しすれば、綺麗な紅葉を見せてくれることでしょう。


にほんブログ村 住まいブログへ
[PR]
by finzi | 2007-11-10 23:43 | 植栽など
大豊作/柿もぎ2006
穏やかだった3連休の初日、柿もぎをしました。

と、いうのはウソで正確には柿もぎしてもらいました。。
植木屋さんに入ってもらうついでにやってもらってしまったのでした。

一昨年(2004年)の建築工事中は、とにかく前例のないくらいの大豊作で、しかし工事中で足場が非常に悪かったこともあり、上から降ってくる柿の爆撃を何度も受けて全身ぐちゃぐちゃに(大げさ)なりながらもいだものです。

一方、昨年(2005年)は足場もしっかりしていたものの、実のなる木の隔年の法則からか、それほどの数は実らず数を数えられるくらいでした。

b0007893_22161548.jpg
そして、今年は法則通りにすばらしく大量の実がなりました!

b0007893_22192425.jpg
さすがにプロの植木屋さんです。するするっと木に登ると、さくさくと柿をもいでくれました。
とにかく今年は大量でした。ポリバケツの中にっていうのもどうかと思いますが、それぐらいの大きさがないととても収まりきらなかったのです。さすがに植木屋さんも驚いていましたね。もちろん植木屋さんにもお裾分けしたのですが、早速食べて喜んでくれてました。
b0007893_22195151.jpg
これが結構甘いんです。自分はそんなに柿は食べないのですが、今年はすすめられて食べてみて、これは結構甘いなあと素直に思いました。

富有柿なのでけっこうしっかりとしてシャキシャキとした歯ごたえなのですが、案外いけます。

昨年のエントリーにも記したように、ご近所さんなどかなり楽しみにしている方も多いということで、さっそく母親は小分けにして配り歩いたみたいです。なので、翌日いっぱいで全部なくなったみたい。あんなにあったのに。。。

わがやの柿が食べてみたい方、来年はまた数が少ないと思いますが予約承ります(笑)
b0007893_2227488.jpg





にほんブログ村 住まいブログへ
[PR]
by finzi | 2006-11-03 22:07 | 植栽など
柿もぎしました
昨年に引き続き、わがやの柿の木になった柿をとりました。
この柿の木は父親がその昔接ぎ木をしたりして育てたもので、それ故に建て直しの際にも、この木と姪っ子が生まれたときに記念で植えた柚子の木だけは残してもらったのでした。
この柿は、何にも手をかけていない分自然そのままです。そのため、人によっては買うよりも甘くて美味しい、といって毎年楽しみにしてくれている人もいます。
実際、収穫した分をすぐさま母親がご近所にお届けにいった時に「ガサガサやってたから、きっとうちに来てくれると思ってました」なんておっしゃる方もいたとか(笑)
実のところ自分は柿がそんなに好きな方ではないので、取るだけで満足なんですけどね(苦笑)

b0007893_18152795.jpg今年は、昨年の大豊作に比べると量は少なめでした。もともと実のなる木は一年おきということなので、こんなものかな、とは思いましたが、そのかわり数が少ない分栄養が行き届いているのか、ひとつひとつが去年に比べると大きいように感じました。

b0007893_18174756.jpg木の上の方は、ちょうど玄関のひさしにあたる部分にのぼると、ちょうど目の前に柿の木がきます。なので、そこから高枝はさみを伸ばして枝を切っていきました。

b0007893_18495786.jpg先週ちょこっと取った分も含めて、今年の成果は約60個でした。
最後に3個ほど残して、終了。それらは「木守り」として来年の豊作を願って残します。

b0007893_1818126.jpgおまけ。
これは台湾ツバキの花です。
今こちらも花盛りです。

[PR]
by finzi | 2005-11-05 21:47 | 植栽など
柿もぎしました
 今日は現場は日曜日でお休み。ということで、仕事の邪魔にならず柿がとれるだろうということで行ってきました。
 まあ、とにかくものすごい量の柿が実ってまして、大変大変。

b0007893_235851.jpg
結局、ものすごい数になりました。何十個っていうレベルではなく、何十キロという感じでした。10キロ以上(もっと?)かな。写真に写っているのはそのうちの一部だけなんですね。ご近所さんにおすそわけもした後ですし・・・。これで結構わがやの柿を毎年楽しみにしている人も結構いるようで。


b0007893_23582599.jpg
 これだけとってもまだとりきれない柿が30個以上はありました。高枝バサミを使って枝を切って落としていくのですが、ときに自分の頭に落っこちてきたりして。それが熟れた奴だととんでもないことに。もう頭も服もぐしゃぐしゃのべちゃべちゃ。。
とにかく予想以上にハードな仕事でした。


====
 それでほんの少しだけ現場の様子・・

 □子世帯のバスコートができる場所。 
b0007893_23585181.jpg


 □階段ができあがっています。
b0007893_23591063.jpg


 柿欲しい方いらっしゃいますか?(笑)
[PR]
by finzi | 2004-11-08 00:29 | 家作り
スカウター : 家作りその他つれづれなく
ASPアクセス解析