建築家との家作りはひとまず終了。このプロセスで思うことやら、住んでからの感想とか、まったく関係ないことまで、色々と連ねてみようかと。過去記事へのコメント/TB、お待ちしてます!
by finzi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
タグ:紅葉 ( 4 ) タグの人気記事
柿もぎ2010
またしても2カ月以上間が空いてしまいましたが、まあ、いつものことということで。

この前は異常に暑い夏のさなかでしたが、今回は秋の恒例行事、柿もぎです。

家の建築中から始めた記録も今年で6回目。本当は昨年もありますが、隔年の法則で量が少ない年で、植木屋さんに全部やってもらってしまったこともあり、記録に残していませんでした。
今考えれば、それはそれでちゃんと残しておけば良かったのですが、まあいまさらですね。
これは過去のイベントの履歴です。
2004年11月8日
2005年11月5日
2006年11月3日
2007年11月3日
2008年11月1日
さて、今年は上述のように隔年の法則により、豊作の年となるわけですが、果たして期待通り、たくさんの実がなりました。
今年は特に夏の異常な猛暑もあったりで、全国的にも柿の出荷量が減っていたりすることもあるようで、(柿に限った話ではなく全般に、ですが)生業としている農家の方には大変な年となってしまいました。
b0007893_18292945.jpg
しかしながら、わがやは当然飯の種ではありませんし、そもそももともとなーんのケアもしてないというものなので、だめならだめでしょうがない、と思ってはいました。でも、結果的にはそんな心配は杞憂に終わり、非常にたくさんの実をつけてくれて、本当に嬉しい限りでした。

そうはいってもいざ収穫作業をしようとすると結構大変で、首は痛くなるし、長い枝キリばさみは重いし、汗だくになってしまいました。
でも、それだけの苦労をする甲斐は、この結果を見れば十分にあるというもので、満足感たっぷりです。
b0007893_18294746.jpg
わが家の柿は、完全オーガニック(笑)そして、甘さにはご近所さんの折り紙付き。実際、甘かった!まあ、種が結構あるのはご愛嬌ということで、これからしばらくたっぷり楽しめそうです!

more:さらに今年は柚子も!
[PR]
by finzi | 2010-11-14 19:01 | 植栽など
紅葉/東京国立博物館など
ここのところの週末は、比較的落ち着いた感じで、日中は意外に暖かい感じです。
東京都内も、いろいろなところで紅葉が最後の見頃を迎えているようです。

先週末ですが、上野の東京国立博物館に行きました。主たる目的は、日曜日に最終日を迎えた「大徳川展」へ行くことでした。話に聞く通り、非常な混雑ぶりで、開館早々に到着したのですが、既に40分待ちとなり、入ってからの館内もラッシュアワーの電車のようで、さすがに落ち着いて見ることはできませんでした。
ただ、非常に多くの貴重な武具や茶器、工芸品などが集まった展示は、見応えのあるものでした。

しかし、今回の一番の収穫(?)は、本館の裏にある庭園を知ったことでした。
皆さんご存じなのかもしれませんが、これまで何度も足を運んでいたにもかかわらず、僕は知りませんでした。
この庭園は、通常は非公開で、春と秋のみ期間限定で公開されるそうです。その秋の公開の最終日が、ちょうど訪れた12月2日(日)だったのです。

b0007893_23324954.jpgこの庭園は本館と平成館のちょうど裏手に位置しますが、かなりの広さがあります。池を中心に5棟の茶室がありますが、これらはそれぞれに由緒ある建物で、京都や奈良などにもともとあった建物を移築してきたものだそうです。
b0007893_23374994.jpgちなみに、これらの茶室は、庭園が非公開の時期でもお茶会などに実際に利用できるそうです。
写真の建物は「九条館」といい、もともと東京赤坂にあったものだそうです。このファサードの美しさに、しばし足が止まってしまいました。
b0007893_23362636.jpg博物館はもともと上野寛永寺の境内だったそうですが、この庭も寛永寺のお庭だったということでしょうか。『庭園散策マップ』によると、当時の面影を残しているのはごく一部しかないということですが。。
b0007893_23372134.jpg色とりどりの紅葉に包まれたこの庭は、ここが都内であることをしばし忘れさせてくれます。たまたまとはいえ、庭をのんびりと散歩することができたのは本当にラッキーでした。
b0007893_23381086.jpg最後は、恥ずかしながらのわがやの紅葉の一部です。これも結構彩りもあって、母親曰く「ご近所ではここの紅葉が一番綺麗ということになってる」だそうです。
どんな自信だか(苦笑)。
まあ、確かに周囲は比較的常緑樹が多いようですし、道を行く人が足を止めて見ていることもあるようなので、悪くはないですね。
今週にはようやく植木屋さんも入り、一年の終わり、冬に向けての準備も進みます。


にほんブログ村 住まいブログへ
[PR]
by finzi | 2007-12-09 23:55 | 植栽など
柿もぎ2007
今日は雨。しかも自分は先週から引いている風邪が引き続きです。寒いですが、皆さんもご自愛くださいませ。

さて、タイトルの柿もぎです。
例年11月の頭頃のイベントな訳ですが、今年も同じタイミングでした。つまりは先週末の話です。遅ればせながらのご報告、ということで。
加えて、その週末から具合が悪かったので、実際には自分はほとんどやっていません。(最後の1個をとったくらい)妻と母でわいわいやっているのを、ベッドで聞いていたという状況でした。

2004年の建築工事中の際から、昨年までの様子は以下のとおりです。
2004年11月8日
2005年11月5日
2006年11月3日

そして、今年はというと・・・
b0007893_23283454.jpg
見事に実のなる木の隔年の法則が成立しています。これがほぼ全て。ブログに記録を残しているこの4年の間で、一番少ないですね。
でも、少ないながらに大きさはそれなりにあって、案外甘かったようです。
例年のごとくお隣さんにもお裾分けをしたのですが、売ってるものでもこれほど甘いのはそうはない、というお言葉もいただいたそうです。
b0007893_23285827.jpg
これも毎年のお約束として、「木守り」として一つ残し、来年の豊作を願います。
きっと来年はすごいことになりますよ(笑)

最後におまけ。
久しぶりのやまぼうしです。
結局今年も実はならず、紅葉が始まりました。たぶん、広くはない中庭ゆえ、風通しの問題とかできっと実がなりにくいのだと思います。でも、相変わらず縦に横に元気です。
b0007893_23291387.jpg
もう少しすれば、綺麗な紅葉を見せてくれることでしょう。


にほんブログ村 住まいブログへ
[PR]
by finzi | 2007-11-10 23:43 | 植栽など
秋紅色
わがやの植栽も紅葉の盛りはすぎた気配ですが、もみじやその他の木々草花の鮮やかな色づき加減は、いつもながら季節の移り変わりを実感させてくれます。

木々の枝先に色づく葉の見た目の綺麗さはもとより、土の上に敷き詰められて落ち葉と名を替えたものたちの上をゆっくりと歩く時のガサガサという音にも、この季節を感じることができます。

b0007893_0192048.jpg落ち葉を拾い集めて、お菓子を並べるようにして家の中で楽しむというのもまた一興です。まあ、これは母親がこうして持ってきてくれたのですが。
見上げて目で楽しみ、歩き回って音で楽しみ、さらに家の中で愛でる楽しみと、楽しむ形のバリエーションも色々です。


b0007893_0224773.jpgそして昨年知ったこれからの時期ならではの別の角度から見る夕焼けも、変わらず楽しむことができそうです。

秋は好きな季節です。

追記===

やまぼうし連合にまた新しい仲間ができたとの嬉しい知らせが!!
ということで、わがやのやまぼうしの様子をご紹介。
b0007893_1820678.jpg11月頭の柿もぎイベント(正確にはもいでもらったわけですが)の際に、植木屋さんに色々と整えていただいたのですが、その際伸びに伸びやまぼうしにも手を入れてもらい、かなりシェイプアップしました。
とはいえ綺麗な色づきは見せてくれていて、ここでも楽しむことができています。



にほんブログ村 住まいブログへ
[PR]
by finzi | 2006-12-02 23:49 | つれづれなく
スカウター : 家作りその他つれづれなく
ASPアクセス解析