建築家との家作りはひとまず終了。このプロセスで思うことやら、住んでからの感想とか、まったく関係ないことまで、色々と連ねてみようかと。過去記事へのコメント/TB、お待ちしてます!
by finzi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
タグ:MINI ( 9 ) タグの人気記事
18年目のMINI
今月、わが家のMINIは今回8回目の車検を終えて、18年目のスタートを切りました。

本当にここ数年は大きなトラブルもなく、元気に走ってくれてます。
点検整備でも消耗部分は別として、特に問題もないということで、まだまだ大丈夫!という太鼓判も押してもらいました。

ショップのお客さんでも同じくらいの世代のMINIをワンオーナーで持っている人はほとんどいなくなったそうです。貴重な存在なようで、なんだか変な使命感も感じるようになりました(笑)

とはいえ、60年代後半のMINIをワンオーナーで持ち続けているという、日本でのMINIの歴史を知る生き字引のような大先輩もいらっしゃるとのこと。その方に比べればまだまだ若輩です。

とにかく、まだまだ行きます!

b0007893_2334578.jpg


[PR]
by finzi | 2011-10-23 23:22 | MINI
スタート/16年目のMINI
お久しぶりです。
なかなか更新することができずに、過去最高の間が空きました。
といっても誰も気に留めることもないでしょうけど・・

さて、復活第一弾(二弾・三弾があるかは今のところ不明)は、MINIの話。

今年はOLD MINIには記念すべき年です。
イギリス・ロングブリッジの工場からはじめて生み出されたのが1959年。そう、今年はMINI生誕50周年なんです。わがやのMINIは35周年記念車ですが、もうそんなに経つんだと、あらためて実感する今日この頃です。

b0007893_036522.jpg
さて、そんなアニバーサリーな年のわがやのMINIですが、今年は2年ぶりに車検の時期を迎えました。
ここしばらくは本当にトラブル知らずで、少しばかりヒヤヒヤすることもありましたが、ほとんどは一過性で特段の問題もなく、元気に今も走ってくれています。
軽井沢に車をおいてきたり、年に何度もJAFのお世話になったりといったトラブルネタはいくらでもありますが、今やすべてが懐かしい思い出です。

ところで、世の中はエコカーばやりということもあるのか、ショップのかたと話をしていると、やはりエコカー減税をきっかけにMINIからプリウスなどに乗り換えをしたオーナーの方も結構いるのだそうです。しかし、減税を受けるためには売りに出すのではなく、廃車にする必要があります。つまり潰してしまわなければなりません。まだ十分乗ることができるとしても、です。

環境対応をはじめとして、車としての性能は新しい方がより良いのは当然です。しかし、モノの価値というのは、数値化したり可視化したりすることができるものばかりではありません。その意味で、今の自分にはできない選択だなと思います。もし、法的にMINIのようなオールドカーが公道上を走ることを禁止されるようなことになれば別かもしれませんが・・・それまでの間は。
ちなみに、エコカーばやりの雰囲気が増すにつれてに、逆にOLD MINIをほしがる人が増えてきていたりもするそうです。面白いものですね。

わがやはもちろん、車検を通して16年目のスタートです。

わがやとわがやのMINIにとってのこれからの1年は、どんな年になるのでしょうか。

15年目のMINI
MINI/14年目を迎えて
[PR]
by finzi | 2009-10-11 23:59 | MINI
15年目のMINI
気づいたらブログの更新はほぼ4カ月ぶり。あっという間に9月も終わりです。
たった4カ月の間でも、世の中は動きに動いていますね。自分自身はといえば、進んでいるようないないような。まあ、ぼちぼちっていうやつでしょうか。
もともとマメに更新していたわけではありませんが、それでもここまで空くことはありませんでした。でも止めて閉じてしまうつもりもないので、これからも適度に適当に行きたいと思います。

そんなわけで、MINIの点検の季節となりました。
昨年まではとにかく色々なことがあって、何がしかの問題が見つかったものですが、この一年間は本当に何もありませんでした。順調そのもの。
土曜日にショップに出したら、翌日の昼過ぎには電話がかかってきて、終わりましたと。そして今回の点検では、「すこぶる順調ですよ」というお言葉をいただき、ほっとしているところです。
いままでのことがあるので、何もないのが不思議な感じだし、むしろ怖いくらい。
問題が起こって欲しいわけではもちろんないんですけどね。

相変わらず丁寧に乗っているわけでもないのですが、まだまだ大丈夫そうなので本当に良かったと思います。
エコ的にはどうかって?確かにどうなんでしょうね。
でも、「まだ使えるけど新しいのに変えよう」みたいなCMありましたよね。あれにはものすごく違和感があって、かたくなになっちゃうところもあったり。

なんにしても、ここまでくるともう離れられないです。モノだからいつかきっと寿命というか終わりがくるのでしょうけど、その最後のときまでずっと一緒にいたいと思います。
その時は、たぶん、、泣くと思います。

MINIとの15年目はどんな年になるでしょう。
[PR]
by finzi | 2008-09-29 01:15 | MINI
MINI/14年目を迎えて
わがやのMINIも、この10月から14年目のシーズンを迎えます。

1994年9月、新車で購入してから、もうそんな年月がたつんですね。
その間、ほんとうに色々なことがありました。信頼できるショップが横浜時代も今もそばにあるということ。そしてJAFの存在。この二つがなければここまで来ることはなかったでしょう。

MINIオーナーとしては決していい人ではないと思います。むしろ悪い人?
幾多の危機を乗り越える中で(大げさ)少しずつ学んできたことはありますが、本当にMINIが好きで自分でなんでもやってしまおう、なんていう人に比べたらできることなんてほんの少しだし。そんなにやろうという気もなかったりするし。

去年も夏に長野へ行った際には、ブログの中(八ヶ岳軽井沢)ではまったく触れていませんでしたが、実はトラブルが発生したため軽井沢に車を置いて新幹線で帰ってきました。去年は特に色々ありましたが、とにかくそういう瞬間瞬間は、もう限界かな〜って思うこともありました。本当は、自分にはMINIに乗る資格なんてないんじゃないかなあと思ってみたり。
でも、ショップで話をしていたとき、「ワンオーナーで14年とは、長いよね〜。最近は結構そういう長い人が少なくなってきているんだよね〜。」なんて話をされました。そんなにいい乗り手でもないのに、妙な勲章をつけてもらった感じもして、ちょっと不思議な感じはありました。
b0007893_2331993.jpg

やっぱり好きなんですよね。この車が。。

最新の車のような快適さはないし−−この夏はくそ暑かったですが、エアコンはかけず窓全開で走ってました−−、なにしろ車検や整備、修理に出せばその都度相応のお金もかかってしまうという具合ですが。。。
やっぱりそう簡単に手放すことなんて考えられないんですよね。自分の社会人人生(?)とほとんど同じだけの時間を過ごしてきた友達?家族?ですから。
あとは、妻の後押しでしょうか。「エンジン載せ替えてでも乗れるうちは乗ろうよ」、と言ってくれています。そういえば、妻も一人で乗ってて車が止まってしまい、目の前にあった消防署に駆け込んで車を動かすのを手伝ってもらったなんてことも経験してますね。よくつきあってくれています。感謝です。

今、6回目の車検整備にだしている最中です。今日、ショップから見積もり連絡がありました。ブレーキ周りに修理すべき致命的な問題があるということで、乗り続けるからには絶対に直さなければならなりません。そのためには相当なお金がかかりそうです。でも、躊躇することはありません。

だってまだまだ乗るって決めているから。
[PR]
by finzi | 2007-09-30 23:46 | MINI
直った!治った!
最初の「直った」

先日、わがやのMINIが入院したという話題をエントリーしました。そちらに詳しく書かせていただいていたように、ATのミッションがやられてしまって、ずっとショップにて治療してもらっていたわけですが、今日ようやく退院できると連絡がありました。
動かすことができなくなってJAFに運んでもらったのが2月10日。つまりはちょうど1ヶ月。

長かった。。。

お向かいさんからも、「MINIはどうしたの?まさか買い換えとかじゃないですよね〜」といわれたりして。

費用的には正直痛いですけどね。でも、長く乗りたいから。。
ということで土曜日にでも迎えに行ってきます!


そして、もうひとつの「治った」

先々週からずっと風邪をひいていて、それがなおらず、木曜日ごとに休んだりしてました。まあ完全にすっきりしたと言い切れるまでにはなっていませんが、ずーっと続いていた喉の痛みと咳も大分落ち着いてきたので、まあほぼ「治った」っていうことで。
とにかくこちらも長かったです。

気温が20度近くまで上がった翌日はコートにマフラーなんて日が続いていますが、皆様もどうぞお気をつけ下さい。
[PR]
by finzi | 2006-03-09 23:36 | つれづれなく
MINI/療養中〜入院まで
わがやのMINI、現在長期療養のため入院しております。

2週間前の土曜日、妻が午前中仕事だったので、終わる頃に迎えに行ってそのままちょっと走ろうかなと思って家を出ました。

しばらくは何事もなかったのですが、とある交差点で左折しようとハンドルを切ったところ「ガクッ」という衝撃とともにハンドルが戻される感覚が。曲がった先にはBMWが信号待ちをしていて、あやうく脇をこするのではとヒヤリとしましたが、なんとかOK。なんだかわからず、しばらく直進。その間は特に違和感もなかったのですが、また曲がった時に変な感覚が。
ちょっと怖かったので止まって車の下を覗き込むものの、目視できる範囲では異常もなさそう。
といってもやはりこのまま出かけるのは心配なので、家に戻ろうと思い再び発進し、また左折しようとしたところ、こんどは本当につよい衝撃でハンドルが戻されるるる〜。
大回りしながらもなんとか曲がりきって、これは限界と感じて車を止め、行きつけのショップに連絡したのでした。

走っていた道がどこも車の通りがほとんどないことが幸いでしたが、そうでなかったらシャレになっていなかったかもしれません。。

結局、ショップに持ち込むことにしたのですが、当然もう自力では無理なのでJAFにレスキュー。昨年に引き続き都合4回目の搬送です。荷台に完全に載せる形で、自分は助手席にのったので、昨年の時とは違いそう恥ずかしい思いはしませんでしたけど。

はじめはハンドルがとられるっていうことで、そっち方面の問題かなとも思ったのですが、もしやATのミッション系かなともうすうす。JAFの人と一緒に確認してもやはり外から見える範囲で異常は分からなかったのと、ショップについて車をおろす時にはPから何に動かしても反応せず、ああついにミッション来たか〜といやな確信が。

そういえば、昨年ショップで話をしているときに、「次はきっとミッションだよ。そしてそれは突然くるよ」といわれていたのを思い出しました。

ショップでは、とにかく状況説明をしてじっくり見てもらうことにして、とにかくその日はとぼとぼとお店をあとに。

それから、、、
[PR]
by finzi | 2006-02-25 10:56 | MINI
ひやひやMINI
先日、MINIに乗って新横浜にいったのですが、自走式の駐車場の4階にとめて用を済ませ、戻ってきてエンジンをかけようとすると、かからない!!セルはまわるのですが、そこから先に進まなくなってしまったのです。
実はしばらく前にも同様なことがあって、その際はなぜかタンクからエンジンへガソリンを送る途中にあるリミッターが働いていて、ガソリン供給がカットされていたのでした。これは衝突などの大きな衝撃があった際に働くものなのだそうです。それで、この時はそのボタンを押すことで復旧して、エンジンもかかったのです。
なので、きっと同じだろうと思いそこをいじってみてもまったくかわらず・・・。

そこで、いきつけの都筑にあるショップに連絡して状況を説明して、考えられることをいろいとアドバイスを受けつつ、試行錯誤してみました。一番可能性が高いものとして、ヒューズ切れということがあるそうで、いろいろケーブルを引っ張りだして確かめたのですが、切れてはなさそう。ショップのメカニックのかたもその他いろいろと考えてくれたのですが、八方ふさがりとなり、電話で解決は不可能のという結果に。なので、なんとか持ち込まなければ、ということになったわけです。

とりあえずJAFにレスキュー要請。ここは駐車場ビルの4階。天井も低いしひっきりなしに車の出入りもあり、迷惑になること必至、ということで、ブルーになっていたのですが、予定よりも20分ほど早く到着したロードサービスの隊員の方はとても親身になってくれたのが救いでした。
とにかく車を駐車場からださないことには話が始まらないため、駐車場の係員にもお手伝いいただき、ギアをニュートラルにして、押してだすことに。幸いにも1階までずっとゆるやかなスロープ状の駐車場だったため、案外スムーズに出て行くことができたのが不幸中の幸いでした。音もなくするすると動く様子は、はたからみるとさぞ不思議な光景だったことしょう。ハンドルを握っていても、妙に面白かったというのが率直な感想でした。

その後、JAFのレッカーにつながれたのですが、前輪だけのっかって斜めの状態のまま、われわれ夫婦はMINIの運転席と助手席に。う〜ん、これはさすがにさらしものって感じで恥ずかしかったですね〜。

そうこうして行きつけのショップまで運んでもらい、すぐに見てもらったところ、どうやらFUELポンプが破損していて、タンクからガソリンを送り出せない状況だったとのこと。そうそう壊れるものではないそうですが、運が悪かったということですね。

なんやかやと大騒ぎで午後の予定がすべて狂ってしまったのですが、ミニのショップの方々、JAFのロードサービス、そして駐車場の係の皆様のあたたかいご支援のもと、無事になおって家に帰還できました。なにはともあれ、ほっとしました。

この場をかりて、関係の皆様には厚く御礼申し上げる次第です。
[PR]
by finzi | 2005-06-21 21:19 | MINI
MINIと家作りと
 MINIのことを話題にしたからというわけではありませんが、家作りにあたって思ったのはMINIのような家を作りたい、ということでした。
 
 この車は、機構的に極めてシンプルで、窓は手動、ハンドルもパワステでなく、エアコンはあるが自由が利くわけでもなく、暖房は温度の調節はできても風量の調節はできません。誕生時と比べて技術の進歩は大きなものがあり、もはや「実用車」と位置づけるには厳しいことは事実です。これをそのまま住宅に置き換えた場合、窮屈さは否めません。現実的にも、ハンディキャップをもつ者もいる故原始的な生活を望むわけでもありません。
 ここで考えたことは、文字通り小さい家、あるいは機械に極力頼らないような家、ということではなく、各種の文明の利器でも、日々の生活の省力や向上に資するものであれば、積極的に取り込むということを大前提とした上で、MINIのように長く生き続けるような家にしたい、ということでした。
MINIを長く作り続けることができたのにはそれなりの理由があったからであり、これを住宅に置き換えた時、長く住みつづけるという点において、MINIの長生きの理由を同様にあてはめることができるのではないか、と思ったからです。

 MINIは1959年の生産開始から2000年の生産終了まで、実に41年の長きにわたって作り続けられました。その間、技術の進歩を取り込み種々の改良は施されていますが、その基本的な形・構造は誕生時からほとんど変わっていないといっても良いでしょう。MINI生産第1号車の写真とうちのMINIを見比べても、そう大きく変わりはありません。
 もちろん、最終的には最新の排出ガス規制など環境負荷に関わる点や安全性能の確保といった観点では、40年たった旧型ミニではさすがに対応できなくなったことも生産中止の大きな理由であり、その面ではもはや限界だったのでした。
 それでもこれほどまで長く続いたのは、外観デザインも含めて、クルマとしての完成度が高かったからなのだと思いますし、とりもなおさず、基本設計・基本性能の高さを示すものだといえるでしょう。

 今、実際の家作りにおいて、前述のように長く快適に住まうことのできる家を建てたい、と考えています。そのためには外見の良し悪しだけではなく、先を見据えた設計と、土台・基本(目に見えないところこそ)となる部分の手を抜かずにおく、ということが大事なのだと思っています。
 MINIが曲がりなりにも進化する技術を若干でも取り込めたのは、それらを受け入れるだけの潜在能力があったからであり、小さい車とはいえ実は懐が大きかったからなのだと思います。
 長く年を経ていくうちに、自分たちの趣味趣向に変化がでてくるかもしれません。また、否が応でも年をとることになります。積極的な理由であるないに関わらず、ライフステージは変わっていき、それに伴うライフスタイルも変わるでしょう。そういった変化に対応していけるような柔軟性は長く住むには必要なことだと思います。

これら実現のために必要なもの、それは、設計図面そのものであり、基礎工事の良し悪しであり、建て方の良し悪しであり、設備・機器とその施工の良し悪しであり、そして住まうものの保ちつづける努力の有無であると思います。そしてそのすべての源は、良いものを”作り””愛し””保つ”という関わる人すべての思想と意思と実行であると思っています。

===
 一連の自分の家づくりの話は、結構観念的なことが多いな、と思います。でも、実際的な家作り現場レポート的なものは世の中たくさんあるようなので、まあこういうのもあってよいかなー、、、、となんとなく独り言。
[PR]
by finzi | 2004-09-17 08:47 | 家作り
MINI
あなたのお気に入りの愛用品は?

 好きな物。こだわる物。結構ありますが、一番大きな物としては、車ですね。MINI。現在のBMWではなく、旧型Roverのものです。

b0007893_2331993.jpg


 今から10年前の1994年9月に新車で買いました。この年は、MINI誕生35周年という区切り年で、それを記念するCLASSIC 35thという記念モデルでした。あれから10年たちましたが、もちろんまだまだ現役です。その間、大小様々なトラブルはありましたが、なにはともあれ元気に走っています。

 MINIという車は、おそらく一つとして同じ車がないのでは、というくらい持ち主によって変わります。インテリア・エクステリア・エンジン周りなどなど様々なドレスアップパーツが用意され、個性豊かに彩られています。かくいう自分は、メカはあまり詳しくないので、インテリア部分でハンドルやらダッシュボード周りやギア部分をウッドに変えたりしたぐらいですけど。

 なにより楽しいのはとにかく走っているときです。ハンドルは重いし、地面の凹凸はもろに拾うのでがくがくくるし、スピード出せばエンジンうるさくてカーステなんて何にも聞こえないし。。。でも楽しいんです。小さいから取り回しは楽。駐車場でも軽専用でOKだし。都会で走り回るにはとても便利。

 余計な物を取り除いた車の原点という感じです。
[PR]
by finzi | 2004-09-11 23:58 | MINI
スカウター : 家作りその他つれづれなく
ASPアクセス解析